Mind Circus

雑記

2001年10月

 ザ・モールでは時間を掛けて、いろいろ見て回った。ついでに、別館にも行った所為でかなり疲れた。別館ではクレジットカード兼会員カードの新規サービスを受付していたので、この機会にカードを作る事にした。
後日、問題なく審査が通ったようで、家にカードが届く。どうやらセゾンカードは審査が緩いようだ。

 さて、「帰ろう」と矢先、交差点で外人に声を掛けられた。何事かと思ったら、キリスト教の信者二人だった。
片言の日本語で、「貴方はキリスト教の教えを信じますか?私達のセミナーに参加しませんか?」と言って来た。

 日本語で、「今日は観光で来たし、仙台に家がないから無理」と断ったけど、いまいちリスニングが出来てないようなので、かつて勉強していた英語を使い、その場を切り抜けた。
と言っても、英米文系列の学校に通ってたのは、昔の話しだし、しかも挫折を味わっているから、今、思うとかなり怪しい英語だったと思う。

 此処でワンポイント。外人を見ても絶対にあせらない事。取り敢えず単語を並べれば会話になるんだから。
しかし、私は彼等からすれば「迷える子羊」に見えたのかも。だから、交差点に大勢・人がいるのに私に声を掛けたんだろう。しかし、その時は深く考えずにそのまま立ち去った。

 その後、一度は行ってみたかった「漫画喫茶」へ。その建物が入っている雑居ビルに入ろうとした時、今度はインド人らしき男2人に声を掛けられたのだ。
「今度は、何かヤバイ事になるのか?」と思ったが、単にインド料理の場所を聞いて来ただけだった。私が知る訳ないのじゃんか。

 そこの漫画喫茶は、漫画の数こそ多かったが、店内は汚ない感じがして、あまり好きになれなかった。本当は、久々にインターネットをしたかったが、パソコンは10台くらいしかない上、全て使われていた。
仮に、空いてたとしても仕切りがないにひとしいし、ページを更新する気にはならなかっただろう。自分のサイトを見られるのは何か恥ずかしいし。

 なので、休憩を兼ねてひたすら漫画を読んでた。読んでたのはキャプテン翼のワールドユース編。ちなみに、此処の店員は鹿島の本山君に似てる子がいた(笑)
その後は、フォーラス内を軽く見てから、別の漫画喫茶へ。しかし、これが失敗だった時にはもう遅かった。雑居ビル内の空いたスペースに借りているだけなので、店内が狭い上に、店員が訳の分からない人だった。

 そんな状態の中で唯一の救いだったのは、狭いのに個室スペースがあったので少しはくつろげたかも。で、やたらと足の指が痛かったので、靴下を脱いでみたら…、何と足の小指やら、何やらが炎症を起こしていた!
しまった!完全に歩きすぎた!!いくら思い出のある土地とは言え、完全にはりきり過ぎた上、今日、履いてた靴が合わなかった事も重なり、足の指に相当な負担がかかっていたのだ!

 となると、ネットどころではなくなっていた!!ただひたすら、足の指をマッサージするしかなかった。そして、「アエル」の前で待ち合わせをしホテルへ。
元気な相方はまた直ぐに外出したのとは対象的に、私は既にグロッキーモードだった。

 結局奴が外出していた、2時間くらいが幸せな時間だった。その間にゆっくりと風呂に入り、足の指をマッサージ。市内を散々・歩き回った上、あの日はかなり熱かったから、かなり汗をかいたので念入りに体を洗った。
長い時間、湯船に浸かり疲れを取る努力はしたので、奴が帰って来た頃にはマシになっていた。

 1日目は、此処まで。後は、一番最初に書いた通り、相方がうるさいかった為に、うるさくて何度か起きた。CDTVが終わった1時半すぎにはやっと眠れた気がする。

 今回の土日は思い出が沢山詰まった土地である仙台市に遊びに行って来ました。
関東に住んでる知人が仙台に遊びに来ると言うので、私もそれに乗っかってみました。本当は、二度と戻らないつもりだった…。

 それは何故かって、仙台市には思い入れが強過ぎて逆に駄目だった。

 分かります?

 うまく説明出来ないし、説明したトコで伝わらないでしょうが、大好きすぎると駄目なんだよね。

 ほら、良く言うじゃないですか!「二番目に好きな人と付き合え」と。

 それと同じで、思い入れが強過ぎる土地は住みにくい…。しかし、思い入れが強い分、今回は思い出がある場所を散々歩き回りましたよ。

 途中から、地元に住んでる友達が自転車を貸してくれた事もあり、アーケード街から大和町まで走り回りました。
本当にあちこちぐるぐる回っていました。だから、仙台に住んでいる人で土、日に街に出てた人は、私に会っている可能性が高いですよ(^o^)/

 特に、アーケード内の「クリスロード」にあるJ-PHONE SHOPにいた人ならば、私に会った可能性大!!
あそこに置いてあるデモ機に、私が来たと言う証を残しておきましたよぉ。

 さぁ、それは何だ?モバイルカメラで撮った写真ではないぞ(笑)

 それを知りたい方は、クリスロードにあるショップへGO!そこにある「SH07」のライブラリーを見ると…、

 

つんく氏の「TOUCH-ME#1」が聴ける(笑)

 ねっ、いかにも私らしいでしょ?

 

 さて、今回は、日帰りではなくホテルに一泊しました。しかし、これが最大の間違いだったのです。
今回、シングルに一人で泊まるより安いから、
と言う理由でツインにしてあったのです。

 此処で、相手が良識がある人間だったら良かったのですが、パートナーは自分の都合しか考えないような奴だった。
だから、うるさくて困っていました。夜中になってもTVのボリュームを下げなかった。こっちがもう寝てるのにだ。

 いつも、あんな調子らしいので、彼の家族はどうしてんだろ?アパート暮らしなのに夜中になってもうるさくしていて、トラブルが起こらないんだろうか?
いや、もう幾つかトラブルが起きてたんだ…。
彼は、自分の都合だけで動く性格だから…。これぞ、まさに長男的ワガママ。

 普段はメールや電話だけだから、あまり気に止めなかったが、実際にあってみるとかなりうざく感じるね。同じ長男同士なのにこうも違うなんて…。
前から書いてるように、優先順位が高く育ちすぎると、一番タチが悪くなるのは一番上なんだよね。典型的なワガママ末っ子が一番タチが悪いのではないのだ。

 奴とは、もう二度と会わないかも…。でも、いきなり態度かえるとまずいから、今まで通りメールは送り続けるけどね(苦笑)
しかし、今までの奴等とは違い何故、完全に縁を切らないのか?その差は何処にあるのか?

 彼の、ワガママな部分はもう手が付けようがないが、一番上なだけに的確なアドバイスを送れる時があるんだよ。
それに、いろんなタメになる事を教えてくれる。

 そこら辺にあるだろうか。これが、私がむかついてる末っ子連中なんかは、まさに自分しか見えてないのだよ。

 普段、偉そうなクセに都合が悪くなると直ぐ人の所為にする。それで、逃げられると思ってる。
だからこそ、こいつらとは付き合いたくない訳だ。分かるかなぁ〜?分かりにくいわなぁ〜。

 だって、大差ないもんなぁ〜。私が頭に来てる、私の周りの末っ子達と本当、差はない。ただ、一番上の方が物事を冷静にみれると言う差から来るのか?
それだけの差だけども、周りが見えるか見えないかの差は、かなり大きいのだよ。

 

※過去ログを発見したため、この日付で更新したが、本来のlivedoorblogはまだないことに注意

このページのトップヘ