Mind Circus

雑記

2003年10月

 大和町付近は昔、私が良く探索に来てた場所だった。方向音痴な為、良く名取付近をうろうろしてた記憶がある。
道を覚えてからは土日になると散歩を兼ね買い物してた。

 さて、女子校から坂道を駆け抜け榴ヶ岡に帰還した。本格的な食事を取る為に榴ヶ岡のミルキーウェイへ入る。
が、店員は忙しそうでロクに席案内をしてくれなかった。仕方ない事とは言えちゃんとやれよと心の中でツッコミ(笑)

 いよいよ帰る時間が近付いて来た。自転車を返し、最後の買い物に出る。
ヨドバシ内を探索してたら欲しかったドラマのDVDを発見。
財布の中を見たらギリギリでそれを買うだけの金があった。

 少し迷ったが、DVD類は定価から10%割引される上、さらにポイントが入るので此処は買うしかないと判断。
クレジットカードも考えたがどの道、金はかかる。そんな時、私の場合は現金で払うようにしている。

 まだ時間があるかと思いダルマ薬局とセブンへ。が、実際には電車の時間までほとんどなかったのだ。
去年までの私なら新幹線に間に合わなかったかもしれない。今年は、ジョギングに励んでいたのが幸いし、
新幹線がホーム到着するギリギリで間に合った(苦笑)

 秋なのに額に汗をかきながら乗車してしまったが、運の悪いことに帰りも席に恵まれなかった事を知る。
後ろは長身で色白、長髪かつ痩せ型の勉強が出来そうな子。彼が敬語を使ってる事から背が低く太ってる方が先輩。

 彼等の会話を聞いてるとどうやら大学生と推測される。が、彼等はマナーが悪く、うろうろしたり、話し声も喧しかった。
私はMDウォークマンをガンガンにかけてたからまだいいが、前後左右の乗客の顔を見るとかなり不機嫌そうだった。

 ならば、注意すればいいだろう。しかし、今は注意出来る人がいない。太ってる方がビールを飲みだし、空いてる席付近を占拠。
売り子の女性を見るとかなり邪魔そうだったが、これまた注意なし。私は「注意しろよ」と思いつつ行動を観察していた。

 

《そんな私は》

 実は、金を使い過ぎて明日からの生活の事を心配してた…。要らない物を売って金になりそうなソフトの処分など、
クレジットカードを使わなかった事をやや後悔してたから。

 後、私は別に彼等に対して悪い感情は持ってなかった。単に頭は良さそうなのに随分と幼稚だなと(笑)
「勉強だけでなく少しは常識を学べよ」と思っていた。

 

追記:【今、思えば】

 朝はお爺さん、帰りは二十歳前後の若い子。行き帰りの席でマナーのない奴が続いた。
昔からそうなんだが、私は席運がないんだなぁと(苦笑)

 でも、帰りは気にしてなかったから結果オーライ(苦笑)

 さて、昼過ぎ。直ぐ下のうどんを食べようと思ったが、飯時で混んでいたので少し飯を食う時間をズラす事に。
時間を潰す為に西口に周りアエル内の本屋に行こうとした。店の前にチャリを止めたら直ぐ様、係員がやって来て、
お決まりのセリフ:「此処に止めないで下さい」と言われた。

 今の仙台市は自転車を止める場所にうるさくなり、数年前からヨドバシの前とかに係員がいるようになった。
仙台だけかと思ってたら、NHKの番組で松山か何処かでも同じ事をやってた。
コツは優しく言う事だとか。

 地域の違いはあれど「マニュアル」は一緒だろうと思い、テレビの通りのリアクションをするかどうか試す為、
わざと「自転車を止める場所は何処ですか?」と聞いた。すると係員は「駐輪所が地下にあるのでそこに行って下さい」と丁寧に答えた。
やはりテレビのおばさんと同じだった。

 実際には他にもその場所に止めてる自転車があったが、たぶん、係員が目を離した間の事かもしれないと考えたので、
「じゃあ、何で他の人は停めてるの?」なんて意地悪な質問は止めた。

 が、駐輪所まで行く気はないので係員がいない場所に停めた。第一、直ぐに店を出るのだから駐輪所なんて冗談じゃない。
本屋では歴史関係のを探したが見つからなかった。

 そして、次は十字屋にあるユニクロに向かった。別にユニクロでなくても良いのだが肌着が欲しくて寄っただけ。
私は特別、高い物を着たがる人ではないのでちょうどイイ。が、若い女の店員の接客態度がやや悪いので不機嫌に(笑)

 イービーズ内のトイレで着替えたが着心地は良かった。何か本を買おうかと思ったが今はネットで簡単に注文出来るし、
荷物になる本類をわざわざ旅先で買う事もないなと思い止めた。

 一時半頃、再び東口のうどん屋の前にやって来た。まだ多少、混んでいたがさすがに飯食いたいので店に入る。
前に並んでた二十歳前後の男の子と目があったのだが、スーツ姿の彼はやや挑発的な目付きをして来た。
こういう奴が本当に多い。馬鹿らしいので無視した。

 で、東口と言えばネットでの評判がかなり悪い店、ロマンドロール仙台店の接客態度をベンチから眺めてた。
様々な書き込みの通り飲食業なのにバンダナも巻かず、長く金髪の髪の毛をなびかせたままクレープを作っていた。

 どうも長谷部氏は急速にFC展開したのはいいが、「FCの教育」がおろそかになっているような気がした。
まさか、FC料金だけ取れればそれでいいと思ってないだろうか?

 さて、LaOXの横にあるコインロッカーに行った時、「LaOX・仙台店閉店のお知らせ」の貼紙を発見。
何か、変だと思ったらヨドバシに閉店に追い込まれた様子。やはり、ヨドバシの集客力には勝てなかったのだろうか?

 知人にメールを打ちマネーの虎の吉田栄作風に、「駅前家電戦争はヨドバシの一人勝ち状態でフイッシュです」と送った。
さくらやに続き、ついにLaOXも逝ったか(笑)

 さて、荷物を押し込んだのはいいが疲労の色が濃くなる。なので、ダルマ薬局で手頃な価格の栄養剤を買う事に。
で、隣のサンクスの前にある椅子に座り帰ろうか迷った。

 が、リポDとアミノカルピスを飲んだら元気になり、もう少しくらい市内を探索してみようと言う気持ちになった。
まずは榴ヶ岡のブックマーケット(元TSUTAYA)で古本を探し、榴ヶ岡を一気に駆け抜け志波町、大和町までやって来た。

 大和町には従兄弟が住んでるので休ませてもらおうかと。が、私が仙台に来てる事をバラされても困るので止めた(笑)
とは言え、実際には彼のアパートの近くをさ迷ってたようだ。前に一度だけ来たのでちゃんとした場所を覚えてなかっただけ。
それに気付いたのは翌年の一月に彼の家に行った時だった。

 ついでだから、大和町のシーガルを覗いてみた。中古なのに値段が高いのでめぼしい物はないかと思いきや、
ファミコン用の展示ケース内に面白い物を見付けた。

 それは聖闘士星矢 黄金伝説 完結編のパスワードで、これがあればコスモが最強の状態から始められる!
と言う訳で、直ぐさまパスワードを携帯にメモって帰った。

※何もメモすることはなく、検索すればすぐに出たのだろうけど、
このときの私は「仙台で何かすること」が嬉しかったのだと思う。

 六月の旅行から早くも四ヶ月が経過。平日休みを選んで出掛けたのにも関わらず、新幹線は朝から満席状態。辛うじて席を確保。
前のジイさんが後ろに私が来たのを見て椅子を直していたが、その態度に関心。

 通路を挟んで隣はサラリーマン軍団が陣取っており、朝からぺちゃくちゃやかましかった。何でこうなんだろ?
一言注意したかったがMDを取り出し、歌で会話を遮断。

 売店で買ったマガジンとお菓子を食いながらMD。すると前の老人が後ろを伺いながら何かしそうな雰囲気。
予想通り私が足を延ばすのに邪魔なくらい椅子を倒して来た。

 オイオイ、結局、自分が眠くなったら椅子を倒すのかい!自分勝手だなぁ…。
弱そうな奴だったので蹴りを入れようかと思ったが、眠ってる人をびびらすのは私のポリシーに反する。

 ただでさえ、リーマン達の喧しさに頭に来てたので、出来る限り気にしないようにしてひたすら本に集中。
しばらくして、さすがに狭さに我慢出来なくなり、ゴミを捨てるついでに空いてる席がないか探しに行く。

 残念ながら平日の朝なのにほとんど空きはなかった。仕方ないので奴等の事は考えないようにして本を読む。
だが、仙台も近くなって来た頃、老人がピクピク動くので、ついに我慢出来なくなった私は軽く椅子を蹴った。

 軽くにも関わらず老人はかなり「ビクッ」となっていた。こんなんでビビるくらいなら最初から止めてくれよ。
いくら倒せば後ろに迷惑かくらい分かるだろうに…。

 これだから、新幹線に乗るの嫌なんだよな〜。五月蝿い奴は多いしマナーのない中高年が多いし…。
次は、多少、時間がかかるけど高速バスで行こうかな。

 新幹線から降りるついでに蹴りでもいれようかと考え、老人の様子を見ていたが馬鹿らしいので止めておいた。
しかし、昨今のマナーのなさは深刻だな(苦笑)

 

【冷静に…】

 「四ヶ月振りの仙台なのだから」と気を取り直す。
そんな中、駅東口は未だ工事中で工事用の仕切りが邪魔…。やや迷路気味。これにより歩く場所に制限がかかる為、
直ぐ傍の店(ゲーセンやうどん屋など)に行くのすら面倒。

 で、毎回の事ながら東口に降り、知人からチャリを借りた。そのまま、散歩と朝食を兼ねて愛宕橋の半田屋に行く事にした。
此処までは完全にいつもの行動パターンと一緒。仙台に来たとは言え別に特別な事をする訳じゃない。

 飯の後、「河原町→鍛治町→原町→五橋」を経由し、開店直後のヨドバシへ。相変わらずレイアウトが違う。
この店は定期的に商品の配置を変えるのが好きなので、毎回、来る度に微妙に店の雰囲気に変化があるので戸惑う。

 一先ず、この時点で買いたい物を一通り買ってしまい、残りは帰りの電車の前にじっくり吟味する事に決めた。

 そのまま迷路のような仕切りを抜けネットカフェに向かう。いつもの感覚ならば本当に直ぐ傍にある店なのだが、
工事中と言う事もあり、ややイライラしながら歩いてた(笑)

 さて、ファンキータイムでは二時間くらいサイト閲覧。途中、漫画を読んだりして過ごした。
飲み物も沢山、種類があるし五月蝿い奴もいないし、実に快適だったとさ。

 タイトルはかつて竹村健一氏が言っていた言葉から。タイトルのインパクトに対して、内容はあくまで普通です。今回のテーマは地域による習慣の違いについて。

 

▼お盆の儀式は場所によって異なる

 ただ墓参りをするだけの地域 (これが一般的)、それに対して先祖を迎える為の儀式がちゃんとある地域がある。

 

▼地域よって休みの長さが異なる

 一般的には8月一杯が休みと言う学校が多いですが、場所によっては7月25日から一ヶ月間が夏休みで、休みが短い分は冬に回されるパターンになります。
特に東北などは冬が厳しいので、冬に回すパターンが多い。皆さんの地域はどっちにあたりました?

 

▼テレビ番組の違い

 何処でも放送されてると思い話題にしてみると、実は東北限定だったり関東ローカルだったとか、もしくは関西地区は全く異なると言う話を良く聞きます。なのでむやみにテレビの話題をふると恥をかく事もある。

 

▼言葉の違い

 地方出身者で標準語を喋れない人が東京または、決まった方言をもたない地域に引っ越すととまどう言葉。自分の地域の言葉が必ずしも通用する訳ではないので注意。
むしろ、都会人が田舎に引っ越した時の方が辛いだろう。近所付き合いがあったり、いちいち干渉されたりするから。しかし、最近は田舎も住みにくくなっているのも事実です。

 

▼CDの売れ筋の違い

 当たり前の事ですが世間で流行る曲だからと言って、何処の地域でも同じように売れる訳ではありません。だから良くテレビでやってる売り上げランキングが、そのまま地方での売り上げには繋がらない。
その土地出身やゆかりのあるアーティストが売れたりする。例えば仙台の場合は店による売り上げはまさに様々。99年のラオックスでは太陽とシスコムーンが人気があった。

 

 いかがでしたか?今回は本当に盲点になりやすい事柄を集めてみました。皆さんの住む地域の常識とはどんな事ですか?比べてみると意外と面白いですよ!では。

このページのトップヘ