Mind Circus

雑記

2009年03月

《1〜4話》

 バンドメンバーから追い出された健太(大野智)は、自分を外したバンドがメジャーデビューしてしまい、落ち込む。
ひょんなことから歌番組のお兄さんになるが、氷室王子(戸次重幸)に嫌みを言われるなど見ていて不愉快。そして、木村佳乃のおばさん化が激しい。

 

《5話》

 氷室が番組を去り、すっかり毒気がなくなってしまった。内容的にも親子のいい話に仕上がっていたし。

 

《6話》

 不真面目な健太の方が人気が出て、真面目に番組に取り組んでいる守(丸山隆平)にはファンレターが来ない。
これは学生時代に経験したことがある。真面目な方が評価されず、不良っぽい方が憧れの的になるみたいな(苦笑)

 

《7〜8話》

 番組終了が決まったあと、子供達のためのライブを放送したが、結局、番組存続が決定。まだまだ話は作れそうな終わり方だった。

《0306》

 最新のDVDが出たが、だんだん垢抜けていったことを指摘される。気まぐれロマンティックの髪型は30代後半の人から支持された。

 

《0313》

 廃止になるブルートレインに乗っているリスナー数名と電話を繋ぐ。

 

《0320》

 ツアーの最中だが、久しぶりに自宅に帰ったらかび臭かったので、大掃除を決行。
普段、夜中までギターを弾き、両隣に迷惑をかけているので、両隣の玄関も掃除した。

 

《0327》

 オープニングは、ナイナイの岡村さんっぽいアナログネタ、プロポーズ大作戦っぽいネタが読まれる。
今回は、サブ作家が外から桜の中継をする。花見で酔っ払っている人達にインタビューを。

 始まった頃はトークが面白かったが、企画がつまらない。ブルートレイン、花見のレポートをしても退屈なだけ。

 すっかり、運動する回数は減ったが、食生活の改善もあり、体重は変わらず。むしろ、ウエストが減った。
そして、このトレーニング記録も100回目。最近は、脚の調子が悪く、毎日とはいかないまでも歩いたり、自転車トレーニングは続けられそう。

--------------
【日曜日】 自転車44分

 朝から色んな場所を回り、トレーニングとショッピングを同時に楽しんだ

【月曜日】

 疲れが溜まっているので、この日は取りやめに

【火曜日】:12分

 久しぶりに歩いた

【水曜日】 自転車7分

 本当は歩く予定だったが、寒さの所為か、足首がいたんだのでやめた
もう、何回も足をおかしくしてるので、さすがに3年目は無理をしないことに

【木曜日】

 やる気はあったが、雪が降ったので無理はせず

【金曜日】:14分

 リハビリ程度。無理のない距離を歩いた

【土曜日】:17分 自転車16分

 買い物がてら、足慣らしに歩いてみた。まだ、無理はしない方が良さそう
帰宅後、自転車に切り替えた

0405bdbc.JPG

22dad7f1.JPG


 体質改善を行った2007年以降は、少しでも体にいいものを食べるようにしている。
以前は、レトルト、ジャンクフード、冷凍食品など不健康な食べ物を買い込む生活をしていたが、
最近は冷蔵庫にヨーグルト、チーズ、牛乳と「三種の神器」がないと不安になる(苦笑)

 電子レンジでマカロニを作り、スープの素を入れて食べる生活にはすっかり飽き、2月くらいからお茶漬けに目覚めた。
お茶漬けは、食欲ない日でも食べられるし、一気に食べてしまっても200カロリー程度だから有り難い。

 そんな生活を続けることにより、ウエストがさらに減った。体重も安定。これからも継続しなければ…。

 

08db3eb5.JPG


・続いていること

 野菜ジュース、またはフルーツジュースを飲む生活はまだ続いてる。
野菜、フルーツを摂取する習慣がついてからは風邪をひかなくなった。

 試しに野菜生活の新商品を買って飲んでみた。確かに飲みやすい。しかし、ようはコストダウンなんだよな。
これからも普通のを買うことになりそう。

67f58902.JPG


・シバトラ

 レンタルコミックで借りて読んでいるが、その中に覚醒剤の話があった。
覚醒剤をやると、しばらく食べなくても平気になり、異様にテンションが上がり、寝なくても平気になる。
しかし、副作用が強く、体をむしばみ、精神がおかしくなり、幻覚をみたり、異常なまでに汗をかくようになる。

 「おやっ?」と思った。これって、まんま岡村靖幸だ…。逮捕されたのは2000年以降だが、昔からこの手の噂はあったからな。

 

・DEATH NOTE

 ブームが過ぎてから読むつもりが、既に2009年になってしまった(´Д`)
今更ながら借りてみたが、月とLの攻防が面白く、一気に読んでしまった。

 DEATH NOTEを使い、レイ・ベンパーとのやり取り、間木照子(南空ナオミ)の本名を探る攻防は見応えがあった。
後、小畑健って誰のことかと思ったら、サイボーグGちゃんの作者(土方茂)のことか。
確か、にわのまことのアシスタントだったような。

 そして、ガモウひろし作品は、臨機応変マン、スーパーぼうやケンちゃんを読んでいた。
DEATH NOTEの理屈っぽさは、まさにガモウひろしだな(笑)

 PSPで改編期のバラエティーをBGMにしながら、テレビ画面はサカつく。さらに携帯では、スペシャルドラマを録画する日も。
ひたすらボタンを押していたら、あっという間に6年目。サカつく2は、年数が進むのが早いからいい。

 

1st:8位 勝ち点30 10勝8敗 33の28 +5
2nd:6位 勝ち点32 11勝7敗 39の23 +16

《2月》
・ナイジェリアキャンプ

《3月》
・大石宗祐が帰国
・永嶋高弘、ナイジェリアに留学

《4月》
・平塚から岩元洋成が加入
・石井正康、ナイジェリアに留学

《6月》
・内盾健太郎が移籍
・加藤文夫が退団

《10月》
・石井正康が帰国
・養田成明が加入

《12月》
・ウインターカップ:ベスト4(G大阪0-1)

 

『6年目』

1st:8位 勝ち点30 11勝7敗 37の19 +18
2nd:4位 勝ち点35 13勝5敗 30の14 +16

《1月》
・鷹田兼行、宮崎裕太と契約せず

《2月》
・本田昴が加入
・ナイジェリアキャンプ

《3月》
・ブラジルのカルロス監督と五年契約
・スプリングトーナメント:ベスト4(1-2横浜M)

《4月》
・名古屋からバウド、神戸から永島昭浩が加入

《10月》
・広島を崩しきれず、結局はVゴール勝ち
・下位の市原にまさかの逆転負け
・失った勝ち点が響き、優勝ならず

《11月》
・アフリカチャレンジカップ:最下位

《12月》
・ウインターカップ:ベスト8(0-2V川崎)

 

『感想』

 さすがに初期メンバーのバーが伸びなくなり、途中加入の選手に能力が追いつかれて来たので移籍させる。
いよいよ、初期メンバーをスタメンから外し、外様ばかりの布陣になって来た。

 また、今回はゆっくりのんびりやっているため、未だにタイトルはなし。
そろそろ、タイトルが欲しいところ。タイトルをとり、マンネリした頃にパスワード選手を入れる予定。

スーパーマン・リターンズ 《11月》

 「スーパーマン」を見ていないからいまいちストーリーが分からず。
普段は冴えない新聞記者の男がスーパーマンに変身する。眼鏡があるかないかで別人扱いになるのは世界共通なのか(苦笑)

 

M:I:3 《0301》

 世間の評価は良くなかったようだが、これぞミッションインポッシブルっぽくて私は好きだった。
序盤はいきなり絶体絶命のピンチから始まる。

 実は内部に裏切り者がいて、教え子を殺された上、フィアンセを誘拐され、イーサン(トムクルーズ)自身もピンチに。

 

トリプルX ネクスト・レベル 《0308》
『本編94分 オリジナル:101分』

 精密に作られた巨大セットで戦う爽快感が良かった。
主演のアイス・キューブが巨体を揺らしながらのアクションには迫力があった。

 

インビジブル 

 透明人間ものと言えば、悪戯、エロ要素が必ず含まれている。後半は、殺しあいに。
「インビジブル」で検索してみたら、かなりカットされているようだ。

 最後の最後にしてツメの甘さが。あの自殺偽装は有り得ないよ…。そして、只野が人前で正体を明かすのは有り得ない。
小室哲哉関連に話題を持っていきたくて、トリックや展開が疎かになったのかなと。

 で、少し前にネットで記事を見て、「あれっ」と思ったが、金子さやかと浅見れいなは良く似てる。
そういや、浅見れいなだと思ってみてたら、金子さやかが出ていたドラマがあったなと…。逆もしかり。

 はぐれ刑事の頃よりはマシになったが、ケインコスギの日本語はまだ酷いな(笑)
このシリーズだと、野久保直樹が出て来たネカフェ難民の話が好きだった。
次はあるのだろうか?あるなら、ナイトドラマ枠で終わりにして欲しい。

 そもそも、真面目な話の歌のおにいさんの方が木曜向け、只野はどう考えてもナイトドラマ枠だろう。

1st:10位
2nd:8位 10勝8敗 37の26 11

《1月》
・ユースから石井正康が加入

《2月》
・スポーツジム増設
・照明設置
・アジアチャレンジリーグ:最下位

《3月》
・柏から明神智和が加入
・スプリングトーナメント:二回戦敗退(対名古屋0-1)

《7月》
・不満ばかりの仁志沢利之を移籍させる

《8月》
・宮本恒靖が加入
・吉村丈治を移籍させる

《9月》
・長田左京が退団

《10月》
・9月は16位だったが、またまた下位チームに大勝し、最後は8位となる
取りこぼしがなければ上位を狙えたのに

《11月》
・第二練習場を作る
・アフリカチャレンジカップ:全敗で最下位

《12月》
・ウインターカップ:ベスト8(対平塚0-1)

 

『4年目』

1st:8位 勝ち点30 10勝8敗 28の17 +11
2nd:10位 勝ち点24 9勝9敗 26の30 -4

《2月》
・第二練習場の芝張替え、照明設置
・スプリングトーナメント:二回戦敗退(対鹿島2-4)

《6月》
・勝利プレミアムを1億にし、V川崎、鹿島に勝つ

《7月》
・上位も見えたが、京都や横浜Fに勝てなかったのが後に響く


《8月》
・永嶋高弘が加入
・窪広滋が移籍

《9月》
・大石宗祐が加入
・大石をナイジェリアに留学させる

《10〜11月》
・いつものパターン。上位に勝てず、下位を叩く

《12月》
・ウインターカップ:三回戦敗退(鹿島0-2)

《0226》

 聴取率がどうなったかを気にする一方で、やらなくなったコーナーがあることを話題に。

 

《0305》

 オールナイトニッポンに番組を持つオリラジの中田さんが、ケンコバさんのラジオに出たがっている。
「ユダになるなら出してもいい」と断りつつ、当の本人は裏の文化放送に呼ばれていた。

 

《0312》

 マジックミラー号の宣伝をしたということで、御礼にサンプルDVDが贈られて来たと語る。

 

《0319》

 前回のスペシャルウイークの数字が出た。ガールズエディションながら、10代女子の数字は取れず。
しかし、何故か50代女性の数字が良かったらしい。まあ、これもある意味では「女子」だからいいのか(苦笑)

 また、オリエンタルラジオの中田さんがこの番組に出してくれと言ってたのは、ニッポン放送の番組が終わるからだったのかな?

このページのトップヘ