Mind Circus

雑記

2009年03月

5c4853e4.JPG

fbd2c58f.JPG


 ラジオやポッドキャストを聞きながら、ひたすらボタンを押していたらあっという間に2年もやっていた。
初代に比べ、あまりに快適すぎるのでビックリ。だからこそ、90年以上も遊べたわけだ…。

 

仙台エルトール
本拠地:宮城県仙台市
初期メンバー:加藤、藤沢、植田、間、内盾など

1st:11位 勝ち点21 7勝11敗 14の24 -10
2nd:10位

《2月》
・水木裕史に戦力外通告
・芝張替え

《3月》
・スプリングトーナメント:二回戦敗退(対鹿島)

《7月》
・グッズショップ建設
・収入の少なさを感じていたが、それはただ単にグッズショップなどを作っていなかったためだった…
10年振りのプレイだから忘れていた(苦笑)

《8〜10月》
・下位(京都、神戸、福岡)には大勝。上位には大敗(V川崎、鹿島)

《11月》
・藤沢空の退団を引き止める
・アミューズメント施設が完成

《12月》
・エディットの退団を引き止める
・藤沢、エディットのバーが落ちたため、名古屋に大敗
ウインターカップ:二回戦敗退(対名古屋0-3)

 

『2年目』

1st:7位
2nd:6位 10勝8敗 36の27

《1月》
・杜が引退
・木村一と契約せず
・ユースチーム設立

《2月》
・屋野功、ハイディンガーが加入

《3月》
・スプリングトーナメント:二回戦鹿島に敗れる

《5月》
・バス路線拡大

《9月》
・クラブハウス拡張

《10月》
・連戦連敗。16位転落。全く勝てず
・またもエディットの自主退団を引き止める

《11月》
・マッサージルーム増設
・下位チームに連勝し、一気に6位まで浮上

《12月》
・ウインターカップ初戦敗退:対福岡(2-3)

 

「思い出話」

 ひとまず、序盤はパスワード加入なしでやってみようかと。施設が揃い、金が溜まったら、冷凍保存を始めるか。
ちなみに、前は選手を雇いまくり、1年目でJリーグ制覇したが、今回はのんびりやろうかと。

 まだネット環境がなく、自力で島根の今橋、千葉の田口、静岡の五島などを集めたのはいい思い出。
当時は宮城ではなく、東北の田舎で始めたらから、奥村は簡単に雇えたが。

 アイデアは面白いが、何でわざわざ地域限定選手なんて作ってしまったんだろう?
しかも、バグがあり、初回出荷のディスクでは有力選手が出なくて、
サッカルチョの記事で交換を知り、バグ修正版で桜井らを雇った。

 しかし、ドリキャス版になるとネットするのが楽しくなり、しかもダウンロードがあるもんだから、
楽をして、自分で選手を育てなくなった思い出が(苦笑)

 便利になることは必ずしもいいことではないなと…。まあ、ネット環境が出来てからは攻略が楽になったのは事実。
そういや、攻略本を買わなくなったのもその頃からか。

・歩けない分

 左足首を痛めて以降、しばらく歩いていない。散歩のお供にポッドキャストを聴かなくなったため、聴かないファイルが溜まる一方。
そこでサカつくなどをしながら消化している。義務的に聴くようになると何だかつまらない。

 ラジオは、オリエンタルラジオが終わるし、春になったら聴く番組を減らし、
さらに今のドラマもはごたえがないので春からは録画する番組を絞りたい。

http://ktv.jp/triangle/

《1話》

 序盤から大量に伏線を張り巡らせているが、回収出来なくなるパターンは避けて欲しい。
イノセント・ラヴの場合、欲張るから全てが中途半端に終わったし。

 25年前に殺された同級生の死の真相を探る内容。1話から江口洋介があからさまに怪しい。

 

《2、3話》

郷田(江口洋介)の同級生の一人である堀米(マギー)が何者かに襲われ、同僚達に郷田が疑われる。
しかし、それは借金を返済するために堀米が仕組んだ狂言だった。

 狂言だったため、被害届けが取下げられたのもつかの間、今度はサチ(広末涼子)が暴漢に刺されそうになる。
助けに入った郷田が代わりに刺されたが、傷は浅く、郷田は直ぐに退院した。

 物語に引き込まれ、一気に2→3話を見終えた。冬ドラマはこれに期待かな。



《5〜8話》

 今クールのドラマの中ではかなり期待していたが、謎解きのワリには柱となる脚本がいまいちなので飽きてしまった。

 

《9〜10話》

 サチが狙撃され、死亡。25年前の事件の犯人は、葛城均(大杉漣)と黒木信造(北王子欣也)かと推測していたが、
むしろ、信造は亮二(江口洋介)の味方だった。

 それより、落とした野球カードを「中畑のか」と口走った丸山(小日向文世)が怪しいか?

 一緒に事件を調べていた相手=犯人パターンは良くあるが、
このドラマの脚本だと丸山と見せ掛けて、意外な人が犯人でも不思議はない。

 

《11話:最終回》

 これだったら先週のと一緒に二時間スペシャルで終わらせた方が良かった。
序盤は面白かったが、中盤以降は脚本が…。

 もしくはテレ朝みたいに、「二夜連続放送スペシャルドラマ形式」の方が間延びしなくて良かったかも。
最初から最後まで同じ事件を追う展開なら「ゴンゾウ」の方が面白かった。

 

《犯人は丸山》

 「中畑のカードか」と口走った丸さんが犯人だなんてそのまま過ぎる。葛城のマンションをでっちあげた時点で犯人は見えていた。
身近な人が犯人だなんて、アンフェアの瑛太パターンかい。古くは堀井作品のポートピア。

 後は動機がいまいちか。葛城の会社に勤めていた妹が自殺した腹いせに娘の佐智絵(志田友美)を殺すとは…。
仮に私が丸山の立場なら、葛城本人を殺すと思うが…。

 

9d829ddf.JPG


 ちなみに、押し入れを捜したら、87年の野球カードが見付かった。鍵となった原と中畑。
他にも首位打者だった篠塚(改名前)。地味と言われながらも捕手で3割近く打つ山倉、
怪我さえなければ一時期の高橋由伸以上の活躍が出来たかもしれない吉村。

 他、裏面のデータを見たら、野球選手はみんな身長がデカいから、
野球漫画で「小さい」と書かれながらも、実は176〜178センチあったり、
早生まれで名球界に入っている門田はチビデブだったと驚きが沢山あった。

 確かに、野球見てると180センチ以上が当たり前だから、170いくつだと低く見えるのは仕方ないが。
それ考えると、まだまだ日本のサッカー選手は小さいわな…。

『4年目』

1st 9位 14勝16敗 21の35 -14
2nd 11位 12勝18敗
ニューイヤーカップ 初戦敗退(対エルフシュリット0-3)

《1月》
・幸田智監督が退任
・サポーターズクラブ発足

《3月》
・3バックが機能せず、負け星先行

《4月》
・連敗続きで4バックに変える
・PK負けでも勝ち点が入るルールに救われる

《5月》
・9〜15位の差がなく、順位の変動が激しかった

《6月》
・首位マリノスに大敗(0-6)
・勝利プレミアムを上げ、何とか9位に

《8月》
・布陣変更、戦術変更などを駆使し、何とか4勝4敗で終える

《9月》
・2勝6敗と負け越し。PKまで持ち込めなかった試合が悔やまれる

《10月》
・4勝3敗で8位浮上。団子状態を抜け出したい

《11月》
・稲垣、原田を移籍させる。年俸が高い岩本を移籍させる
・井原が怪我

 

 4年目はカズなど有力なJリーガーを雇いたかったが、年俸の支払いを考え、補強なしのシーズンに。
年俸のワリに活躍しない岩本を移籍させ、能力が伸びない原田、稲垣も移籍。

 だが、いちいちニュースを見なきゃいけない仕様にうんざりした上、難しすぎるのでしばらくやめにします。
サカつく2の方が簡単だし、ニュースも飛ばせるのでそっちをやろうかなと。

 そろそろ、ウォーキングを再開したいのだが、まだ左足首の調子が良くない。しばらくは無理しないほうがいいのかも。
また、まだまだ北国は雪が混じることもあるので、完全に春になるのが待ち遠しい。

--------------
【日曜日】 自転車45分

 朝はあまりの寒さに早々に退散。夕方は要らないソフトを処分したついで、買い物して帰宅
さらに夜にも散歩。しばらく歩いてなかった分、こぐことでストレス解消を

【月曜日】

 朝から散歩する気はあったが、疲れを考慮して中止にした

【火曜日】 自転車28分

 しっかり寒さをした上で散歩。早朝だったので、勤め帰りの飲み屋の店員がちらほら

【水曜日】 自転車6分

 やる気はあったが、外は薄く雪化粧。直ったばかりで歩くにはまだ早いので、自転車でコンビニに行った程度にとどまる

【木曜日】 自転車38分

 朝は雪が残る道をサイクリング。雪道はタイヤに負荷がかかるため、余計にこいだのがいい運動になった
夜は夜で雪がなくなった道を軽快に走る

【金曜日】 自転車14分

 小雨が降っていたが、軽く散歩をした程度。朝は寝坊し、断念した
どうやら疲れが溜まっていたようだ

【土曜日】 自転車24分

 小雨が降っていたが、まだ歩くのは無理そうなので、自転車での散歩を決行

L change the world 《0116》
《本編:119分 オリジナル:128分》

 月(藤原竜也)との対決に勝ったL(松山ケンイチ)のスピンオフ映画。今回はバイオテロを阻止するのが目的。
ウィルスに侵された福田麻由子を守るために奮闘するが、ストーリーはいまいち。

 

銀色のシ―ズン 《0214》
『本編:104分 オリジナル:108分』

 前半は、銀(瑛太)、祐治(玉山鉄二)ら悪たれ三人組がやりたい放題する展開。しかし、大砲をぶっ放したことから事態が急変。
雪の結婚式場が壊れてしまい、関係者は大慌て。新郎側の出席者らに電話をするが、「1年前に死んだ」という。

 前半は退屈だったが、後半の展開は面白かった。

《0207〜08》

 個人的には戦後の江口洋介パートが短いのが不満だが、人間性はともかく、吉岡秀隆の演技力はさすがだった。
違法捜査に自責の念を感じ、精神に爆弾を抱えた人間をうまく表現していた。
つまらないなら一週間くらいかけてゆっくり見るつもりが、数日で見終えた。

 ただし、20代の役をおっさん達がやるのは無理があるか?まあ、「昔の人は貫禄があるからいいか」と思い直したが、
逆に言えば、若い役者で演技が出来る人が少ない証拠か。

 

大改造!!劇的ビフォーアフター

 何だか違和感があったが、再放送版は所さんらが出ているパートが切られていた。

e27e8e89.JPG


 前々から読みたかったが、ようやく借りて来た。マンガ喫茶って手もあるが、私は家でゆっくり読みたいタイプなので。
06〜07年はたまにレンタルしていたが、すっかり漫画から遠ざかっていた。

 「シバトラ」は、ドラマとは設定が異なり、先に漫画を読まなくて良かった(苦笑)
「クロスゲーム」は、あだち充らしい作品だけに、展開が読めてしまった。
「これは若葉が死ぬな」と思いながら読んでいたら、やっぱりだった。

 他、「ラフ」も借りた。あだち充ばかりなのは、台詞が少なくて読みやすいから。
これからジョジョ、20世紀少年なども読みたい。

 

・ラフ

 大和家は憎き商売敵だと教え込まれて育った二ノ宮亜美と、特に二ノ宮家を敵対心を持たずに育った大和圭介の物語。
序盤は、亜美に誤解されているが、次第にひかれあうようになり、最後はつかず離れずの関係になるのが良かった。

 小柳、仲西などライバルキャラもいい味を出していた。

 

ea24c9e6.JPG


・シバトラ

 続きを借りて来た。が、コミックとは話が違いすぎる。なぜ、ドラマは美月を鬼神にしてしまったのか?他、ドラマほど藤木、白豚、環の出番もないし。

 この作者の作品を見ていたら、またサイコメトラーEIJIを読みたくなった。続きを読む

ホリペイ

 TVガイドの番組表を眺めていたら、BSジャパンでやっているので試しに見た。
深夜ならではの下ネタトークだった。

 

神楽坂署 生活安全課迷刑事

 舘ひろしのファンなのでつい録ってしまったが、二時間ドラマは中盤以降がだれるし、これっきりにしようと思った。
敢えて、舘ひろしを生活安全課の刑事にするのがテレ東らしいなと。

 

ブランド刑事 予備鑑定捜査員・桐原真実 金沢・加賀ニセ友禅殺人事件

 まず、ブランド刑事ってところが、他所とは違う企画で勝負するテレ東らしいなと思った。
東ちづるの化粧の濃さが気になったが、話は良く出来ていた。

 

監察医篠宮葉月 死体は語る#8 《つがる望郷殺人事件》

 林泰文、林美穂が夫婦の役。被害者は実の父親で、犯人が育ての父親というストーリー。途中で飽きるかと思ったが、意外と退屈しなかった。

 そういえば、左足首がおかしくなる前後のことを考えたら、準備運動をしてなかったなと。
これは前に右膝が壊れたときと酷似する。順調なときほど体に負担が来てるってことなのか。
しばらくは歩けそうもないが、再開したら、順調運動をするクセを付けないと…。

--------------
【日曜日】 自転車17分

 朝のサイクリングを決行したが、手足がかじかむほどの寒さ。早く春になって欲しい
薄手の手袋では厳しかった

【月曜日】 自転車15分

 足慣らしに軽目のサイクリングをした

【火曜日】 自転車23分

 まだ、歩くのは無理そうなので、この日も自転車。徐々に走る距離を増やした

【水曜日】 自転車24分

 もっと散歩する予定だったが、あまりの寒さに退散。まだ、朝のサイクリングは厳しい

【木曜日】 自転車45分

 外は雪化粧だったが、路面は凍結してなかったので散歩に出掛けた
さらに夜にも散歩。レンタル屋に行ったが、まだ店内を歩き回るのはきつかった

【金曜日】 自転車28分

 疲れが溜まっていたのか、予定していた時間に起きられず、朝の散歩を断念
そんな訳で、夜の散歩を決行。まだ体力が戻っていないのか、かなり疲れた

【土曜日】 自転車38分

 浦和が惨敗したので、ストレス解消に夜回り

このページのトップヘ