Mind Circus

雑記

2009年03月

《0207〜08》

 個人的には戦後の江口洋介パートが短いのが不満だが、人間性はともかく、吉岡秀隆の演技力はさすがだった。
違法捜査に自責の念を感じ、精神に爆弾を抱えた人間をうまく表現していた。
つまらないなら一週間くらいかけてゆっくり見るつもりが、数日で見終えた。

 ただし、20代の役をおっさん達がやるのは無理があるか?まあ、「昔の人は貫禄があるからいいか」と思い直したが、
逆に言えば、若い役者で演技が出来る人が少ない証拠か。

 

大改造!!劇的ビフォーアフター

 何だか違和感があったが、再放送版は所さんらが出ているパートが切られていた。

《0216》

 今回は「日村さんの好感度をあげる」と言いつつ、結局はいつものどたばたのどっきりだった。
いい加減、このパターンにも飽きて来た。

 

《0223》

 取材に来ていた王様のブランチの鈴木あきえさんが飛び入りで参加。
他、日村さんはサッカーを知らなかったが、ウイイレで選手の名前を覚えた。
設楽さんは卒業式の日にほとんどのボタンをとられるほど人気があったなど

 

《0302》

 日村さんの「味噌をつければ何でもうまい」を実践する。仮にマズイ場合は、日村さんが食材調達代金を負担。今回はマッタリした料理番組に。
バナナマンは生放送のときが一番良かった。録音には向いていないわ…。

 

《0309》

 最近の放送にしては良かったのに、所々、電波が悪く聞き取れず。

e27e8e89.JPG


 前々から読みたかったが、ようやく借りて来た。マンガ喫茶って手もあるが、私は家でゆっくり読みたいタイプなので。
06〜07年はたまにレンタルしていたが、すっかり漫画から遠ざかっていた。

 「シバトラ」は、ドラマとは設定が異なり、先に漫画を読まなくて良かった(苦笑)
「クロスゲーム」は、あだち充らしい作品だけに、展開が読めてしまった。
「これは若葉が死ぬな」と思いながら読んでいたら、やっぱりだった。

 他、「ラフ」も借りた。あだち充ばかりなのは、台詞が少なくて読みやすいから。
これからジョジョ、20世紀少年なども読みたい。

 

・ラフ

 大和家は憎き商売敵だと教え込まれて育った二ノ宮亜美と、特に二ノ宮家を敵対心を持たずに育った大和圭介の物語。
序盤は、亜美に誤解されているが、次第にひかれあうようになり、最後はつかず離れずの関係になるのが良かった。

 小柳、仲西などライバルキャラもいい味を出していた。

 

ea24c9e6.JPG


・シバトラ

 続きを借りて来た。が、コミックとは話が違いすぎる。なぜ、ドラマは美月を鬼神にしてしまったのか?他、ドラマほど藤木、白豚、環の出番もないし。

 この作者の作品を見ていたら、またサイコメトラーEIJIを読みたくなった。続きを読む

ホリペイ

 TVガイドの番組表を眺めていたら、BSジャパンでやっているので試しに見た。
深夜ならではの下ネタトークだった。

 

神楽坂署 生活安全課迷刑事

 舘ひろしのファンなのでつい録ってしまったが、二時間ドラマは中盤以降がだれるし、これっきりにしようと思った。
敢えて、舘ひろしを生活安全課の刑事にするのがテレ東らしいなと。

 

ブランド刑事 予備鑑定捜査員・桐原真実 金沢・加賀ニセ友禅殺人事件

 まず、ブランド刑事ってところが、他所とは違う企画で勝負するテレ東らしいなと思った。
東ちづるの化粧の濃さが気になったが、話は良く出来ていた。

 

監察医篠宮葉月 死体は語る#8 《つがる望郷殺人事件》

 林泰文、林美穂が夫婦の役。被害者は実の父親で、犯人が育ての父親というストーリー。途中で飽きるかと思ったが、意外と退屈しなかった。

 そういえば、左足首がおかしくなる前後のことを考えたら、準備運動をしてなかったなと。
これは前に右膝が壊れたときと酷似する。順調なときほど体に負担が来てるってことなのか。
しばらくは歩けそうもないが、再開したら、順調運動をするクセを付けないと…。

--------------
【日曜日】 自転車17分

 朝のサイクリングを決行したが、手足がかじかむほどの寒さ。早く春になって欲しい
薄手の手袋では厳しかった

【月曜日】 自転車15分

 足慣らしに軽目のサイクリングをした

【火曜日】 自転車23分

 まだ、歩くのは無理そうなので、この日も自転車。徐々に走る距離を増やした

【水曜日】 自転車24分

 もっと散歩する予定だったが、あまりの寒さに退散。まだ、朝のサイクリングは厳しい

【木曜日】 自転車45分

 外は雪化粧だったが、路面は凍結してなかったので散歩に出掛けた
さらに夜にも散歩。レンタル屋に行ったが、まだ店内を歩き回るのはきつかった

【金曜日】 自転車28分

 疲れが溜まっていたのか、予定していた時間に起きられず、朝の散歩を断念
そんな訳で、夜の散歩を決行。まだ体力が戻っていないのか、かなり疲れた

【土曜日】 自転車38分

 浦和が惨敗したので、ストレス解消に夜回り

 スコア以上の完敗。鹿島のカウンターが面白いように決まり、攻撃に関しては何も出来ないまま終わった。
前半の序盤だけはパスサッカーの可能性を感じた。しかし、かつてのベルマーレのようにサイドバックが上がりすぎ。
そして、平川の守備力ではDF起用に無理がありすぎ。

 さらにボランチの啓太と阿部にはセンターハーフの役割は無理だろう。パスミスが多過ぎた。
パスを散らせる長谷部や小野を戻した方がいい。

 FWの高原は完全に空気。キレのあるエジミウソンの方がフィンケのサッカーに合っている。放出するなら永井ではなく高原の方だった。
ポンテ、田中達也もミスが多く、後半は鹿島に遊ばれていた。鹿島を「ライバル」と報道するのが恥ずかしかった。

 まあ、第一期オジェック政権のときも中断期間までは何も出来なかったし、フィンケに代わったからといって直ぐに結果が出るものでもない。
しばらくは我慢だろうな〜。最終的に一つでも上の順位にいられることを願いたい。

『3年目:2nd Stage』

2nd:6位 17勝13敗 46の38 +8
ニューイヤーカップ 対横浜F(1-2)

《8月》
・スタジアムの屋根を増築
・小島光顕が広島に移籍
・市原に大勝(7-1)
・3連敗の後、5連勝

《9月》
・首位広島に敗れ、連勝が10で止まる

《10月》
・清水から平岡宏章、鹿島から長谷川祥之が加入
・勝ったり、負けたりで6位転落

《11月》
・広島、川崎、G大阪、横浜Mなど上位に勝てず6位止まり

 

《基本布陣》

-長谷川--田中-
-----中田-----
-棚田----増田-
-----桜井-----
岩本------平岡
--井原--遠藤--
-----楢崎-----

Sub:福永、原田、稲垣

 

 上位との対決に勝っていればもう少し順位を上げられたなと後悔。

《0213》

 前半はリスナーから送られて来たバレンタインのエピソードを読む。
いつも曲ばかりなので、もう少し、トークの部分を長くして欲しいなと思った。

 

《0220》

 現在、ライヴのためのリハーサルの真っ最中。サポートメンバーの間ではカップ焼きそばがブーム。
メンバー内では、夙川アトムさんの昔ながらの業界人の真似がブーム。

 番組初のゲストはアーティストの秦基博さん。聖恵シアターでは読み手にチャレンジ。
どうせなら、2人で「ホトケ」のコーナーをやって欲しかった。

 

《0227》

 2月29日生まれなので、4年に1回しか誕生日が来ないことをネタにする。他、メンバーからのメッセージも。
だが、エンディングではリスナーから、「日本の法律では、1日前に歳をとるから、閏年以外は2月28日が誕生日になる」と指摘される。
だからこそ、4月1日(3月31日)が同級生になるとも。

《0217》

 劇団ひとりさんをゲストに迎え、自己啓発セミナーを開催。ひとりさんはきまじめだから、ネタを書く作家や裏方向きなのかも。
また、録音なので、大沢あかねさんの話題はスルー。こういう時は生放送だといいなと思う。
(後は、相手もタレントだからイメージを考えたのだろう)

 

《0224》

 大沢あかねさんと結婚したことを一切、言わなかった劇団ひとりさんにご立腹。
まあ、気持ちは分かるが、自分の番組で発表したかったんだろうし、
奥さんもタレントだからイメージを大事にしたのだと思う。

 他、リスナーから「まあるは、スペイン語で海だから、名前の由来を聞かれたらごまかせ」と言われるが、
小木さんは外国語にかこつけた名前は嫌いらしい(笑)

 

《0303》

 東京03の角田さんが彼女と別れたことをネタする。
そして、今週は矢作さんの小学3年生のときの作文を読んだが、特長のある文章に母親との会話描写が面白かった。

《0206》

 番組収録に24時間ほど拘束された後、品川さんのおごりで芸人軍団と飲みに。さらに他の先輩の誘いを断りきれず、二次会にも行った。
グダグダになりながら帰宅したら、家の鍵がない。そこで、スペアキーを持つ母親を千葉から呼んだ。

 二時間半もかけて鍵を届けに来た母親。ついでに食べ物をくれる辺りが親だなと。恵方巻を食べてる最中に鍵が見付かったとさ。
毎度のことながら、芸人の上下関係は嫌だなと思う。そんな中、おぎやはぎはいいポジションにいるなと。

 後半は、藤森さんがまた堺正章の家に遊びに行き、可愛がられた話を。豪邸に一人住む堺さんは藤森さんらを帰したがらなかったと。
他、「頑張れのっち」のコーナーが終了。

《0213》

 カレーライスに詳しい訳ではないのに、何故かアメトークにキャスティングされた藤森さんをいじる。リアクションも薄く、コメントの中身のなさを延々とダメだし。
来週は、特番のために休み。

 

《0227》

 オーストラリアに撮影に行ったが、旅慣れしていない藤森さんは、空港で小動物のように中田さんの後を付いて行ったらしい。
他、オーストラリアの風俗でのエピソードを。

このページのトップヘ