Mind Circus

雑記

2009年05月

 1日10分でも1ヶ月で考えればかなりの時間になる。なので、無理はせずに運動を継続。一時期は嫌になったが、体調管理のためにまだまだトレーニング日記は続く。

--------------
【日曜日】:自転車16分

 また雨。週末になると雨が降っている。疲れもあり、ほとんど出歩かずに終わる

【月曜日】:自転車24分

 スーパーの廃品回収日。今度は昔の携帯電話や使わなくなった物をいくつか出して来た

【火曜日】

 いつの間にか寝ていた

【水曜日】:23分 自転車23分

BGM:ライムスター宇多丸

 火曜日は早々と寝てしまったようで、気がつくと明け方だった。仕方ないので朝から散歩。冬以来の早朝散歩か?
夜は買い物。サッカーに備えてつまみを買う。勿論、カロリー計算をしつつ

【木曜日】:15分

BGM:岡村靖幸、Meg

 決勝戦のハーフタイムにジョギング。帰ったらちょうど後半が始まった

【金曜日】:23分 自転車25分

 早朝の散歩。そして、夜の散歩など

【土曜日】:自転車16分

 レンタルコミックを返しに行った

幸せのちから 《0306》
《本編:105分 オ:117分》

 前半はタイトルとは正反対。医療機器は売れない、タクシーの料金を踏み倒す、妻子に逃げられるなど散々。放送時間のほとんどが欝展開。
最後まで退屈だった。

 

宇宙戦争 《0410》
《本編:114分 オ:117分》

 ある日、突然、平和な街が宇宙からの侵略に合うお話。パニックになる演技に引き込まれ、途中までは食いついたが、最後は尻切れトンボ状態。唐突にエイリアンが死滅した。
スピルバーグ作品だが、いまいちだった。蛇のような宇宙人、宇宙船との攻防はさすがだが。

64e3f92b.JPG

d2317f13.JPG


 写メ撮るのが後回しになっていたが、ゴールデンウイーク期間にHomacで買った簡易型のコーヒーサーバーとドリッパー。安いから試しに買ったのだが、これが使いやすくて良かった。
今後、電気屋で本格的なコーヒーサーバーを買いたいなと思った。

 下は珈琲の素。実は普通のと間違えて買ったのだが、これは挽くタイプ。そこで、コーヒーサーバーが必要になったと。
普通のより美味しかったから結果オーライ。

 

・スープの素

 毎回、市販のクノール(味の素)などのスープパン、スープパスタを買うと高いから、スープの素とパン、マカロニを組み合わせて食べている。

 パスタも冷凍やレトルトばかりでは体に悪い上に、自分で作った方が安上がり。
自分で作れば、経済的にも安心だし、しばらくは自分で作り、面倒になったらレトルトに頼ってみようかな。

 春になり暖かくなったので、そろそろ、そばやうどんを食べる生活に戻るかな。

 

・ペットボトル

 久しぶりに安売りのペットボトルを買った。2000mlを3本が重いのなんの。数年前は、しょっちゅうペットボトルを買っていたのが嘘のようだ。慣れというのは恐ろしいなと。

《0422》

 ラーメンズのライブに上野樹里さんが来ていた。楽屋にも来てくれたが、相方のファンかと思い話せず。
しかし、小林さんとも知り合いではなく、よそよそしい会話になっていたらしい。

 今回は「勇者スペシャル」で、ゲストはザブングルの加藤さん。様々な無茶に挑戦したが、勇者になったのは加藤さん。
昭和の時代を思い出して楽しかった。

 

《0429》

 ライブで、兵庫を「大阪」と呼んでしまったことがあるが、一緒にされたくない地域があることを語る。
世田谷と練馬など、浦和と大宮などを例にだすが、これは当たり前だと思った。地域によって違うし。

 

《0506》

 片桐さんがラーメンズの公演のために不在。変わりのゲストはザ・ギース。

 やついさんがのCDを出すことに。DJやついいちろうとしてCD出すなんて凄いよな。
また、東北の音楽祭に参加したやついさんだが、泉谷しげるさん、遠藤憲さんらが暴走し、大変だったらしい。
60過ぎたじいさん同士が対抗意識丸だしとは。さすが、団塊の世代はパワーがある。

 

《0513》

 片桐さんの代わりのゲストはキングオブコメディ。昔から仲がいいらしく、序盤からキツメのツッコミの応酬。
コーナーでは誤認逮捕されたことまで平気でネタにしていた。

 また、今回も片桐さんが録音していった「架空歴史講座」は不発。説明の仕方が下手すぎる!
ドラゴンボールやRPGを語るときはあんなに生き生きしてたが、それは、エレキのいじりがあるから面白いんだなと。

 

《0520》

 片桐さんが復帰したが、いきなり思春期の男子のような会話になるのがエレ片らしい。地方公演があると必ずアダルトショップにより、DVDなどを買うという。
しかし、無料サンプルDVDを配っている店もあるとか。

 また、片桐さんは子供と砂場に行っても自分が夢中になり、自分の子がいなくなっても、他所の子らと遊んでいるそう。
平日の昼間に30半ばの男性が砂場にいる光景はちと危ないな。

ee0145c8.JPG


・喰いタン

 連載時は月イチだからいいが、さすがに毎回同じ展開だと飽きる。それをアンケートで指摘されたのか、秘書が下着姿になったり、温泉に行く話を書いたりしていた。
その後、作家の都合なのかページが減ったり、増えたり。掲載された時期も疎ら。なので、同じ巻でも絵柄がちと違ったりする。

 話は後期のはぐれ刑事みたいな感じ。犯罪者も心底の悪ではないかのような仕上がりになっていて読みやすい。
一見、ただの我が儘な大飯ぐらいの高野が犯罪を未然に防ぐのが良かった。

 

・バガボンド

 見苦しいまでに胤舜に敗れた武蔵。そこで、胤舜の師匠である胤栄に稽古をつけてもらうことに。その成果を受け、二度目の胤舜との対決はあっさり武蔵が勝つ。

 一方の又八は、勝手に佐々木小次郎と名乗り生活していた。女のところに転がり込んだり、人の名前を使ったりと世渡り上手。武蔵とは正反対。

 

・ライアーゲーム

 これで「コミックは終わり」と勝手に思っていたが、まだ話は続く様子。西の国に勝ち、見事に仲間達をゲームから抜けさせた直と秋山だったが、途中から作戦に気付いたヨコヤは、自分だけ金を蓄えていた。ヨコヤとの戦いはまだ続く。
次は敗者復活戦。何故かフクナガが女装して参加。またまた直を裏切ったかに見えたが、それは秋山に内緒で仕掛けた作戦だった。

 見事、ゲームに勝ち、次のステージに進めるが、実はフクナガは秋山のことが好きだったと明かされる。

 米倉涼子がまたも強気な女の役を演じる。実際にあった親達の理不尽なクレームを元に作られただけあって、話は面白い。
給食費を払わずにパチンコしたり、ピザの出前をとる親(東幹久、MEGUMI)に腹が立った。

 教育委員会の手伝いに奮闘する反面、本業が疎かになり、その結果、弁護士事務所を辞め、教育委員会の顧問弁護士になって終わり。
話はまだ作れそうだったし、最終回の高橋ひとみら保護者との対決がいまいちだった。

 それにしても、米倉涼子は高飛車な役が似合う。また、この頃は田島令子がまだ凛々しい。数年後に一気に老化してしまったのは残念。

30e2b298.JPG


 ゴム手袋とボトルクリーナー。親譲りの荒れ症なので、直ぐに手が荒れるため、掃除が満足に出来ない上、やたらとカットバンがなくなるので困っていた。
ならば、掃除のときにはゴム手袋をするしかないなと。億劫だから嫌だったが、いざ買ってみたら使いやすい。

 昔のゴム手袋よりも使いやすくなっていることに感動。こんなことなら、もっと早く買うんだった。
これがあれば手荒れを気にすず、掃除できるなと思ったのもつかの間。結局は面倒なことは後回しにされるのだった。1週間に1回が限度。
理想は週に2回やりたいが。

 一方のボトルクリーナーは、やたらとお茶を飲むために容器が汚くなるのも早い。しかし、掃除するのが面倒なので困っていた。
そこでこのクリーナーを買ったら、簡単に汚れがとれるので感心した。

 

・寒い

 ゴールデンウイーク中は、夏の手前の暑さだったが、最近は一気に冷え込み、熱いお茶を飲むようにしていた。先週は、麦茶をがぶ飲みしていたのに…。
北国は、まだまだ暖房器具がいるほどだ

 食べすぎたかと思ったが、ウエスト、体重はそのまま。この調子で維持していかないと。
まだ足首の様子を見ながら少しずつではあれど、1日15〜20分をメドにウォーキングを再開した。前みたいに毎日は無理だが、今日の15分は、明日への150分ってことで…。

--------------
【日曜日】:自転車42分

 晴れ間を見ながらサイクリングを決行したが、途中、小雨が降り、帰りたくなった
また、土曜の疲れが出たのか、久しぶりに筋肉痛になる

【月曜日】

 やる気はあったが、また脚を痛くするのは嫌なので、拭き掃除でお茶を濁した

【火曜日】

 「火曜市」狙いだったが、また無駄な物を買い込むことを避け、外出せず

【水曜日】:30分 自転車12分

BGM:エレ片

 最近、カロリーを取りすぎているので、日付(実際には21日)が変わる頃に散歩をした

【木曜日】:30分

BGM:バナナマン

 ラジオの録音を忘れたことに気付き、慌てて家に戻る。最近は肝心なことを忘れてしまう…

【金曜日】:自転車14分

 雑貨を買いに行ったのみ。しかし、帰りに自転車がパンクするアクシデントが

【土曜日】:10分 自転車25分

 まずは自転車屋で修理。そこまでの距離を歩く。夕方にはレンタル屋へ

 この頃になると、ひかる一平が成長し、大人になってしまったなと。そして、キャストが多いのと、お約束にとらわれすぎ、それぞれの出番が少なくなっている。

 最終回。旗本が相手と知り、主水が逃げ腰に。それでも仕事を決行するが、順之助がヘマをし、政が顔を見られてしまう。顔を見られたことで仕事人チームは解散。主水と順之助以外は江戸を離れる。
医者の試験に合格し、仕事人からは抜けたはずの順之助。後味の悪い最終回だった。

 

《感想枠》

謎は全て解けた(金田一少年の事件簿風に)

 子供の頃に見たはずなのに、鮎川とひかるのことを覚えてなかったのは、殺しパートのときだけ「必殺」にチャンネルを合わせるため、がめつい加代のキャラを知らなかった訳だ。
まだ子供だったこともあり、ドラマパートには興味がなかったのだと思う。

 そういや、西部警察の再放送のときもこんな感じだった。見たはずなのに、内容を覚えていない。それは単に後半のドンパチ部分に合わせて見るから。
大門が銃をぶっ放したり、仲間達がカーアクションするのを見るのが好きだった。

 

 話は変わり、何回かに一回は裸のシーンや町娘が教われる話があり、脱ぎ要員が出て来る。こないだ見たのには、壱(柴)が沢田和美と抱き合うシーンなどがあった。
この辺の裸に対する緩さは80年代ならではだなと。

《0420》

 野球をした後に携帯を無くし大騒ぎ。サイゼリヤに問い合わせたり、野球場などを探しても見つからない。
駄目元で電話してみたら・・・何と自分の鞄の中に入っていた話。あまりのアホっぷりにア然としてしまった。

 

《0427》

 ダイエットをする必要があるが、ひねくれ者の伊集院さんは敢えて古いダイエット方法にチャレンジする?
ただ、太ってる人が短期間で痩せても、長い期間をかけて食生活を変えないと体型を維持できる訳ないしね…。

 また、各コメンテーターが草なぎ剛さんを擁護しすぎだと毒づく。確かに、ジャニーズへの点数稼ぎみたいでひいた。

 他、カメラ注文を巡りトラブルが。届いたか問い合わせたら、25分も待たされた。頭に来てもう一つの電話から、問い合わせ。
誰が電話応対したかも分からないようないい加減な会社。受け取りに行った時も、クレームが来たことを現場に伝える訳でもなく。
頭に来た伊集院さんは、この店に行くのは最後にしたと。

 ようは横の連絡が全くなっていない家電屋のようだ。たまにそういう店あるよな…。

 

《0503》

 新コーナーはよく分かる。思い込んだり、思い出補正がかかり、漫画などの実際にはない台詞が記憶にあったりする。
他、置いたものを先入観から「そこにはないだろう」とか、最近、そんなことばっかりだから共感してしまった。

 また、ゴールデンウイークは旅行に行く予定だが、予約した旅館のおばあちゃんは、「篠岡建→市の関係者」などリスニングが怪しい。

 

《0511》

 この不況でTBSラジオもかなりヤバいのか、スポンサーである小学館の月刊誌を露骨に宣伝した上、雑誌の名前を連呼。
若い頃は、番組を使った宣伝みたいなのを嫌っていた伊集院さんだが、さすがに大人になってしまったなと感じた。

 ゴールデンウイークは、奥さんや渡辺くんらと自転車で因島などを回った。
自転車旅行の話を聞いていると、私もまた自転車で何10キロも走りたくなった。

 

《0518》

 お嫁さんの実家・和歌山へ。そこで、おばあちゃんの初体験の話を引き出してしまう。家族が来ても話をやめたがらず、婿養子としては困ったとか。
やはり、歳をとってもエロい話は尽きないのか。

このページのトップヘ