Mind Circus

雑記

2009年12月

《1121》

 映画の試写会のマナーを悪さをぶった切る。高名そうな老人に注意されたおばさんの1人が逆ギレし、口喧嘩に発展。老人の言い方もあれだったが、雑誌のライターっぽいおばさんの勝手さに呆れる。
千葉真一率いるジャックの特集だが、「真田広之=高校教師」世代としてはピンと来ない話の連続。しかし、コンバットRECさんの話が面白いので勉強になった。

 

《1128》

 橋本プロデューサーによる「いわもとQ」特集。地方住まいだから興味ない特集だったが、橋本さんのプレゼンがうまいので話に引き込まれた。

 

《1205》

 オープニングはジブラさんのシェリー(尾崎豊)の上手さを絶賛。そして、今回のサタデーナイトラボは文房具特集。実際に大学ノートに色んなことをメモしている私としては、興味深いものだった。
しまおさんのコーナーでは、宇多丸さんが目覚ましテレビに出たことを話題にする。他、イベントでしまおさんを見たリスナーからは「可愛い、可愛い」と絶賛される。

 

《1212》

 少林少女に続き、本広克行監督の「曲がれ!スプーン」を酷評。舞台だから面白い作品を映画化したことに無理があると。
特集コーナーはまたもコンバットREXさんが登場。昔のCMを熱く語る。また、B型に対する決めつけに頭に来てると。
また、日本はA型社会だからねぇ。

 

《1219》

 バカリリックの第2弾。今回、かけられなかった曲がまだあるようだ。次回に期待。
しまおさんのコーナーでは、オナラ話が展開される。小学校低学年の頃はお父さんのオナラを嗅ぐのが楽しかったらしい。

5470667a.JPG


 岩手のチェーンで値引き品を見付けた。トイレ掃除はサボりがちなので、これで頑張らないと(@>ω<)ノ★゛

 

・お茶漬け

 今年の秋は暖かかったためにスープパスタ、お茶漬けなどは食べてなかったが、久しぶりに食べたら美味しかった。朝晩の冷え込みが厳しくなり、暖かい食べ物が美味しい季節に。

 

・カレーブーム

 カレーブームは一段落。色々とレトルトを食べたが、エスビーのが美味しかった。

 

・大掃除

 モタモタしてると年が明けてしまうので、少しずつ掃除してる。

《最終回》

 次々に周りの人間が殺されて行く展開だが、仲間由紀恵の大根ぷりは相変わらず…。そして、田中哲司は色んなドラマに出てくるな。
編集長の史郎(要潤)の行動が怪しく、さらに鷹藤(佐藤智仁)が指名手配されてしまうが、名無しの権兵衛は遼子(仲間)の兄・洸至(小澤征悦)だった。

 無理が出来ない日が続いたが、体重は変わってない。仕事はデスクワーカーだから問題なかったが、家では極力動かないようにした。そのため、溜まっていたドラマを見まくった。

--------------
【日曜日】:自転車20分

 散歩を兼ねた買い物に行ったが、まだ脚が直ってないので欲しい物だけ買って解散

【月曜日】:自転車13分

 朝の散歩。夕方以降に雪が降り、しばらく自転車は無理そう

【火曜日】

 雪が積もり、自転車が使えないために中止

【水曜日】

 足首の様子を見ながら雪よせ。やはり、体を動かすのはいい。久しぶりに散歩したいが

【木曜日】

 同じく、雪よせ

【金曜日】

 まだ足首が怪しいので散歩は取りやめ。部屋の掃除をした

【土曜日】:16分

BGM:アンタッチャブル

 リハビリを兼ね、本屋、スーパーへ歩いてく

 まずは「マンハッタン・レクイエム」をクリア。良くある自分の親友が犯罪に加担しているパターンだったが、3人のサラが殺された話が同時に進行するので頭が混乱した。
1人はライバルに酷いことを言われ自殺、1人は自殺に見せ掛けられて殺され、ピアノ弾きのサラはバーのママに突き落とされたという悲しい物語。

 「殺人倶楽部」、別シリーズの「琥珀色の遺言」もそうだったが、ひたすらコマンドを繰り返す作業に疲れた。
だが、何回も同じことを聞くと、相手がやっと重要なことを思い出す辺りはリアルでいいと思った。まさに聞き込み感じがするし。

 顔見知りのピアノ弾きのために、わざわざマンハッタンまで足を運ぶ人情刑事。雰囲気は良く出ている。

・過去の記事

 昔と比べるとテレビ、ラジオ、トレーニング日記などが長期連載になるなど、大分、飽きっぽい性格は改善されつつある。
2006年のダビスタ日記なんて直ぐに終わってるし…。

 「あれっ?まだ他にもゲームを買った話があったはず」と思い、過去の記事を読み直した。そしたら、「普通の日記」の中に一緒にしたため、発見出来なかったようだ。
見付けた物から記事を独立させる作業中。

 内容が合わない物は日付が近い場所に移動。なので、後から見ると前後の繋がりがおかしい可能性も。
内容を分けた結果、元となる記事がスカスカになる本末転倒ぶり…。なので、いくつか消した。

 SHARP端末は予測変換が良くないのに、予測変換任せで文字を打ってるから日本語がヤバい。blogを読み直したとき、色々と修正するハメになった。
そんな中、blogの管理画面を見ていたら、お気に入りに登録してくれている人がいた。ありがとうございます!

 

・Adventure Game

 「Game Life」の中にごちゃまぜに入っていた刑事、探偵ゲームの感想を独立。カテゴリーを作り、後から見たときに読みやすいようにした。

最近の書き方に習い、

《○月×日》

 ○○まで進めた

 という感じにした。

同じく、シュミレーションゲームを独立させた。ただ、あまりに分けすぎると内容が薄くなるのが問題だな…。時間があるときに肉付けするかな。

a4d39ebc.JPG


 買ったばかりの頃はあれもこれもやりたくて、無駄な路線を作っていた。水辺の路線、田舎町にまで道路や路線を作るなど無駄の極み。民主党に総攻撃をくらいそうなことばかり。
しかし、金山を発掘し、素材を売ることを覚えてからは黒字経営が簡単になった。が、調子に乗って子会社を建設してると法人税の支払いで黒字倒産なんてことに…。
これがあるから、リアルでは脱税やら帳面のごまかしなどが問題になるんだなと。

 クリアしたらデータを上書きして次の町、次の町なんてことをしていたが、良く考えたらやり残したことがあったなと。人がいない方を発展させるとか、採算を度外視して好きなように線路をひいてみるとか。

 

 私の場合はある程度まで街作りをしたら放置。その間に録画したドラマを見る、ラジオを聴くなどし、区切りがついたらゲームに戻るの繰り返し。
ちょっとだけ様子を見るつもりが、気がつくと「ゲームに夢中になっていた」なんてこともしばしば。なんて危険なソフトだ(笑)

 

337b759c.JPG


 この号で特集が組まれていた。売り上げは11月の時点で5万本に届かず。まあ、人を選ぶジャンルだし、アクションみたいに大衆受けしないからね〜。

《1208》

・宇多丸(ライムスター)、しまおまほ(漫画家、コラムニスト)、林丹丹(女優)を作る
・太田光が雪村蛍子にフラれるが、その直後に吉岡聖恵が太田光に告白し、カップルに
・安倍なつみが今立進に告白。カップル成立

《1209》

・日村勇気の大好物は明太子
・山下智久と眞鍋かをりが喧嘩をし、山下が仲直りを拒否

《1210》

・ウッチャンが沢尻エリカに告白し、カップルに
・矢作兼の嫌いな物はフレンチトースト
・安倍なつみと眞鍋かをりが喧嘩をし、眞鍋が許さず
・北川景子と太田光が喧嘩をし、太田が許さなかった

《1211》

・ショップにおせちが出た
・ダルビッシュ紗栄子を作った
・広末涼子と今立進が喧嘩をし、今立が仲直りを拒否

《1213》

・長澤まさみの苦手なものはトンカツ
・相武紗季と日村勇気が喧嘩をし、日村が許さなかった。直後に破局(相性は66%)
・山下智久の苦手なものはおせち

《1214》

・しまおまほが田中裕二と喧嘩をし、田中が許さなかった

92f827ae.JPG

b72f48f5.JPG


 サカつく6を買うつもりはなかったが、とある懸賞で当たった。いつ以来か覚えてないほど久しぶりの当選だ。
前はゲームソフト、DVD、ぬいぐるみ、シャツ、uniformなど様々な物を懸賞で手に入れていたが…。

 試しに浦和でプレイ。今回は実際の選手のように早熟タイプが多いという情報を受け、都築、闘莉王、田中達也以外のベテランとは契約せず。エジミウソンがエース。
西澤、堤、細貝、近藤、エスクデロ、梅崎、山田直、高橋、原口、永田、野田ら若手中心のメンバー構成。

 補強はマリノスから小宮山、川崎から山岸を期限つきで取ったが、山岸の評価の低さにビックリ。
現在はリーグ中位だが、他に消化したいゲームがあるので後回しだな〜。

 ワンセグに占領され、インストールする容量がない。さっさと見てしまわないと…。

 冷え込みのためか、古傷が痛みだした。太らないようにカロリーコントロール、痛み止めが効いてるときに拭き掃除をしたり、上半身を動かしたり。

--------------
【日曜日】:自転車7分

 晴れ間を見て牛乳を買いに行った

【月曜日】:自転車14分

 散歩だけのつもりが、つい投げ売りされている寿司とから揚げを買ってしまう

【火曜日】

 寒さの所為か足首が痛くなり、トレーニングは中止。かわりに上半身の屈伸、拭き掃除などで運動をした

【水曜日】:自転車8分

 雑誌を買いに行ったのみ

【木曜日】

 足首が痛く無理はせず

【金曜日】:自転車6分

 雑誌を買いに行った(1部を除き、北国では雑誌の流通が1日遅れだから)

【土曜日】

 なし。無理はせず

このページのトップヘ