Mind Circus

雑記

2011年03月

 過去を振り返りつつ、カテゴリーの手直し。普通の日記にいろんなことが混じっているため、記事を独立させたり、再構築したり。
「もっと書いたことがあったはずなのに」と不思議に思っていたが、まだカテゴリーがなかったため、ごちゃまぜになっていたからだった。

 店が19、20時で閉店し、コンビニまでも深夜営業はしておらず、まるで昭和の時代に戻ったかのような日々。
パンやカップ麺などは普通に買えるようになったが、紙パックのジュースやヨーグルトなどはまだ売ってない。

 

7516549e.jpg


 今のが汚れが目立って来たので、色違いのウォーキング用のバンドを買って来た。さらにご飯冷凍用の容器。後はフォーク。

 

b61d06d4.jpg


 3月の半ばにコメリで買ったスプーンとナイフ。Homacよりも安かった。

 

a51fdb1b.jpg


 スプーンなどを入れるためにダイソーで買った。

ねぇ、3週間Honeymoonのフリをして旅に出よう
もう劣等感ぶっ飛んじゃくらいに熱い口づけ

 横浜市での従兄弟の結婚式から3週間が経ち、「何で、また3月という忙しい時期に挙式を」なんて思ったが、挙式後に地震に津波、余震、チェルノブイリの再来におびえる日々になってしまい、結果的には良かったなと。

 送られて来たカードで誕生日を見たら、お嫁さんが3月生まれのため、30歳になる前に嫁に行きたかったのかなと思った。
末っ子で気ままなY君だったが、その性格は変わらないようで、姉さん女房をもらったのは納得できる。

 ちなみに従兄弟の家族はすっかり歳とっていて、3x歳のSなどは既におじさん化が激しく、とても今の30代には見えないよ(苦笑)
見た目が、「学年主任から教頭先生」になりそうな50手前の先生みたいでびっくりした…。
サバンナ高橋を老けさせて、オールバックにしたような感じ。

 Y君も今のアラサーにしては老けすぎてるな。その結果、長女の方が末っ子っぽく、弟たちの方がおっちゃんぽいよ(´Д`)
しかし、顔はみんな面影を残しているから妙に懐かしかったな〜。あまりの懐かしさに涙が出て来たよ。

※Marshmallow Honeymoon = 岡村靖幸の曲のタイトル
冒頭のフレーズは岡村靖幸「だいすき」より

《2月2日》

 新潟県の長岡に行ったら、雪が物凄かったという話から、古いアイドルの話からオールナイトニッポンの思い出にスライド。さらに話は大学時代の身勝手な友人への思い出に飛び火。
そして、「大どんでん返し」はとんねるず石橋さんの決め台詞ではなく、「巨人の星」からの引用だと語る。

 巨人の星の頃は生まれてない上にとんねるず全盛期の世代なので、てっきり、石橋貴明のオリジナルかと思ってた(苦笑)

 

《2月9日》

 恒例の巨人キャンプを自費で見に行った田中さん。原監督に食事に誘われたり、高木豊さん、中畑清さんらと楽しく談笑。ハンカチ王子の話題などで盛り上がる。
他にもソフトバンクの秋山監督、すぽると!で取材していた国分太一さんなどと会う。

 SPWはオールナイトニッポンを語る。これはこの番組が関東では聴取率が高いため、裏の宣伝みたいなことをしてやれる余裕からか?

 

《2月16日》

 関東を襲った大雪の日に埼玉の病院にいた太田さんは、喫煙所が外にあり、必死に煙草を吸いに行く。
他、KARAが安月給で働かされていたことにネタにする。作家の高橋さんが雪の日に転んで怪我をした。

 田中さんと原監督が握手してる写真が九州のスポーツ新聞の一面に乗る。学校の先生にウケ狙いで1をつけられたことがあるなど。
葉書職人の藤田さんがネット検索したら、自分のことが書かれた知恵袋を見つけた。
人妻枠で有名になった塩○○さんがtwitterをはじめていた。

 

《2月23日》

 SPWのためか、中国から送られて来たパンダの話もそこそこに切り上げる。ドコモ茸のコーナーでは、miwaさんの小さくて可愛さを絶賛。
ゲストは松村邦広さん。昔のオールナイトニッポンを語る。松村さんがチーマに悪戯された話、爆笑問題が太田プロから独立した話などが飛び出す。

 徳川秀忠は次男じゃなくて三男だろと。

《2月7日》

 投稿で団地住まいの山口君にプレゼントをあげた話は、どこかで話が混同したか、単に年子の兄弟なのでは?と思った。

・楽しんごさんが出過ぎ
・あくまで簡単な言葉で品川、山里騒動を語る
・自転車で転んだが、良く見たら身体に痣があった
・評価ランクの星5つのスポーツジムに入ったが、最近、4つに格下げされた
・ボイラーに続いて、今度は冷蔵庫の室内灯が壊れた
・twitterで商品のことをつぶやくと、金もらってるんだろうと勘繰られる

 

《2月14日》

 スポーツクラブの男性用に掃除のおばちゃんが入って来ることがあり、全裸のときにサインを求められて困った。とある場所は綺麗なギャル店員が入って来ることもあると。
沖縄キャンプを見に行った時、予約したはずのホテルがさら地だった。泊まったホテルは、やる気のないおじいさんに対応され、モーニングコールも拒否される。

 ホテルには、自分のコカコーラゼロを飲んだんじゃないかと疑う女性、馴れ馴れしい台湾人など一筋縄でいかない客がいた。

 

《2月21日》

 減量と煙草をやめたことにより、頭が活性化するのは私にも経験がある。

・ダイエットしたので、サイズの小さいジャージを買った
・海外のサイトで買い物したら、翻訳ソフトで訳したためにトラブルに
・ダイエットと煙草をやめたことにより、頭が活性化した。途中でやめたことを覚えてる

 

《2月28日》

・3DSが手に入ったが、3Dでおっぱいが見たいと力説する
・映像化出来そうにないような物ばかり企画してしまう
・鈴木蘭々からベッキーが出て来るまでの間にこずえ鈴、瀬戸カトリーヌがいたことを思い出す
・シュールリアリズム展を見に行ったら、シュルレアリスム(フランス語)だった

 これは「おぎやはぎのぶらぶら美術館」で私も見た。

 物が買えなくなったことにより、無駄な買い物が減り、数週間前よりも痩せた。結果的には良かったが、逆に買えないストレスが溜まることも。

--------------
今週のウォーキング時間:30分
26週間のトータル:2622分

自転車:118分

【日曜日】 自転車19分

 レンタル店、ドラッグストアなどを回る。帰り道は小雨に降られた

【月曜日】 自転車12分

 散歩がてら、工務店などを見に行った

【火曜日】 自転車22分

 ドラマの録画を見ながら身体を動かし、さらに夜の散歩を決行

【水曜日】 自転車20分

 途中から雪が降って来て、急いで帰った

【木曜日】 自転車22分

 夜中に散歩。ゆっくりとこいだ

【金曜日】 自転車11分

 夕方に買い物に行ったが、商品がなかった。その後も散歩するはずが、やらずじまい

【土曜日】:30分 自転車12分

 運動する意識をなくしてはマズいので、自転車でHomac、イオン系のスーパー、ダイソー、ドラッグストアを回る
仕上げはウォーキング。数週間ぶりに歩いた

総プレイ時間 15:18

 今回はねね(おね)が使いやすい。△ボタンを押すだけで敵が倒せてしまう。忍者キャラだから足も早いし。
基本的に無双って同じことの繰り返しで飽きやすいが、今回は武将チェンジなどうまく作ったな〜。

 天才軍師・竹中半兵衛重治もコーエーにかかれば小生意気な少年キャラに。女性主人公と同じ声か。
福島正則の昭和のヤンキーキャラ、加藤清正のイケメンキャラ、石田三成のつんけんしたキャラなどいい味だしてる。
信長の魔王キャラ、旦那の命を狙う濃姫(帰蝶)のキャラには磨きがかかり、お市は戦国無双初期のアホな少女キャラから変わっている。

 以下は出たら面白いなという私の勝手な想像。上杉景勝、北条氏康と織田信長の息子らはいまいちだし、女性武将を増やして欲しい。
どうしても、話が織田、豊臣、徳川陣営ばかりなので、武田や伊達もなんとかして欲しい。

 

武田義信 = 武田家伝統の親子の不仲。処刑されたとも自害したとも言われる

武田勝頼 = 信玄のやって来たことが勝頼に跳ね返り、悲劇的な最後を遂げる

仁科盛信 = 一族・重臣までもが他家に降る中、高遠城で織田軍を迎え撃ち、討ち死にした勇将

諏訪御料人 = 勝頼の母。小説でいう湖衣姫、由布姫。根津夫人と同一人物説も

松姫 = 女性が喜びそうなエピソードがある織田信忠の婚約者。生涯独身を通す

織田、浅井陣営なら前田松(利家の妻)、浅井三姉妹(茶々、初、江)

伊達陣営なら愛姫(伊達政宗の妻)、片倉小十郎景綱

毛利陣営なら隆元、吉川、小早川三兄弟(下にも子供は沢山いるが)

 実際には晴信時代の武将ではない真田幸村を絡めて来るため、幸村が霞むから真田関係(幸綱、信綱、昌幸など)の追加はないとして、武田陣営なら山本勘助晴幸、三条夫人(信玄の妻)辺りが欲しい。
高坂昌信(春日虎綱)、馬場信房、山県昌景など四名臣から誰か一人。飯富虎昌、武田信繁などもいたら面白いが。武田、上杉のキャラとして使える6女の菊姫(景勝の妻)なんかもアリだな。

 

※カテゴリーを新設し、ゲームから切り離した

 今回の地震と津波などにより、様々な記憶の扉が開いた。

 

・チェルノブイリ

 86年に旧ソ連(今のウクライナ?)のチェルノブイリ原発が爆発した時、みんな口々に「雨に濡れるとハゲるぞ」と茶化していた。

「学校じゃ持ち切りだよ、そのことで」

学校でも「雨を浴びるな」と口うるさく言われたが、騒動がおさまった頃には誰も何も言わなくなっていた。

 今回は、東日本が大変なことになっている。既に野菜などは風評被害で売れなくなっている地域もあるらしい。

 

・この場所にとどまれずに選んだ道が〜

 宮城県を離れて早xx年。思い出の名取市壊滅はショックだった。海外付近で津波を撮影していた若者らが海の藻屑となったと聞く。
大店法が成立する前、敢えて仙台市内ではなく、散歩がてら名取市や宮城野区の外れっ子まで行っていた。
郊外に店がそれほどないから不便な時代だったが、仙台市内ほどゴミゴミしていないから好きだった。
ザ・モール仙台長町が出来たのはその後だったかな。

 落ち着いたら、いずれ様子を見に行きたい。その前に原発がどうなるか分からないが。
ちなみに私が住んでいたのは宮城野区と若林区だが、いずれも仙台駅からそう遠くない。
壊滅的な被害を受けた利府、若林区沿岸部からは距離がある。

 

※君がロシアで、僕がたぶんアメリカ = 岡村靖幸「打ち合わせ」より

※学校じゃ持ち切りだよ、そのことで = 岡村靖幸「聖書」より

※この場所にとどまれずに選んだ道が = 福山雅治「ただ僕がかわった」より

SP 警視庁警備部警護課第四係 《2007年11月〜08年1月》

 土曜ドラマ枠だったためか、本編が短い。その分、映画の宣伝やクイズがついて来る。これはライアーゲームと同じやり方。
井上薫(岡田准一)の危険察知する特殊能力は、SPEC(TBS系ドラマ)に出て来る犯人たちの能力のようだった。
残念なのは時系列がめちゃくちゃなところ。

 真木よう子の男まさりのキャラ、松尾諭の愛すべきおデブちゃんキャラ、ハンサムな神尾佑、裏が有りそうな堤真一のボスキャラなど退屈しない作品だった。
太ってるからもっと上の世代かと思ったが、松尾諭は当時30過ぎか。逆に神尾佑は当時30後半だが、妙に若いな〜。

 ラーメンズの片桐仁が嫌みなIT企業の社長を演じるが、こちらがイラっと来るくらいの演技力はさすが。
でも、エレ片を聴いてるとこの嫌みな感じが地に近そうだけど(苦笑)

 

任侠ヘルパー 《1月9日》

 ヤクザを引退した草なぎ剛はしがないゲームセンターの店長になっていた。しかし、隣のラーメン屋の地上げを阻止するために北村有起哉と戦う。
北村に暴行された夏川結衣が死ぬなど後味が悪かった。

 草なぎ剛のチンピラの演技がうますぎる。目付きのヤバさといい本職のようだ(苦笑)

 TBSの名作映画のテレ朝版。子役出身の志田未来もかなりの演技力だが、佐々木蔵之介の演技力が舞台チックな演技なのでちと浮く。
妻を亡くした父親の心の支えになっていたが、次第に大学受験や恋愛問題などで父から離れて行くもなみ。
最後はバス事故を起こした運転手の息子と結婚する。

 母親の魂が乗り移ったフリをする設定のため、時には志田未来が際どい台詞を言う場面も。
本仮屋ユイカの担任役は初々しいが、林丹丹の女子高生役はそろそろ無理があるな(苦笑)

 後、志田未来の恋人の役の竜星涼は昔の内海光司に似ているな。

《1月22日》

・37歳の片桐さんは、嫁や息子から「最近、加齢臭がする」と言われた
・片桐さんが電車でPSPをしていた時、あまりの異様さに両サイドが席を離れた
・やついさんが枡席で相撲を見た。エレ片の宣伝を出そうと盛り上がる
・「らしいよ」さんとやついさんは別人コント

 

《1月29日》

・サッカーの試合と被ってしまい、誰も聴いてない日ほど面白くなると強がる
・やついさんがついに歯の矯正を始め、前歯を抜いた。矯正のきつさにお疲れモード

 

《2月5日》

 やついさんは沖縄ツアーへ。即売したため、キャンセル待ちをしていなかったが、インフルエンザのために1人が欠席。飛行機内では、うるさくしすぎてCAから注意される。
しかし、ツアー中は天気が悪く、沖縄らしさを満喫できず。食事は自費のためにスーパーに行ったり、安いソーキそば屋に入る。
みんなでカレーを作った時は、一人だけ弁当を食べてる石井マネージャー(笑)

 

《2月12日》

・JUNKサタデーだから、JUNKファミリーではないのにすみませんと卑屈モードから始まる
・歯列矯正しているやついさんはチョコレートは食べられないため、今回は受付してない
・おまけに食べたい物が食べられないため、最近は自炊している
・「ふくしん」を紹介する。いつもここからの菊地さんも常連

このページのトップヘ