Mind Circus

雑記

2011年11月

 週の中日まではまだ良かったが、週末はグダグダ。買い物すらしない珍しい日に。

--------------
【日曜日】 自転車約40分

 夕方から何カ所かに分けて買い物へ

【月曜日】 自転車31分

 いよいよ、冬用のトレーニングウェアを着て散歩

【火曜日】 自転車19分

 そろそろ、夜の冷え込みが厳しい。脚のサポーターを忘れ、また足首がおかしくならないか心配した

【水曜日】 自転車14分

 雪が舞う中を散歩。またもや、脚のサポーターを忘れる

【木曜日】 自転車14分

 深夜、軽く散歩

【金曜日】

 なし。寝てしまった

【土曜日】

 身体が重くて外出する気にならず…。日課だった仕事終わりの買い物すらしない日に…

 引き続き、各都道府県の番組表を調べてるけど、関東ですら日中は再放送だらけ。ひどい時は、先週やったドラマの再放送をまたやってたりする。
MXという23区ローカルなど、チャンネル数が多くても意味がないと…。見るもんないって理由で、韓流志向のCXがターゲットになり、デモを起こされるわけだ(苦笑)

 関西は関西で、たかじん、上沼恵美子らの番組が多い。選挙特番はTBSの編成を無視し、MBSが特番やっていたり、阪神戦中継が優先でテレ朝の編成を完全に無視することも。
こうなると独自番組ではなく、「遅れネットでもいいから、関東の番組をネットしてくれ」なんて不満が出るわけだ。

 チャンネルが多くても見る物がない時代ってなんなんだろうね?
ただ、私に言わせれば見なきゃいいのよ。たかじんやナイナイの岡村さんの真似っ子発言じゃなくってね。
わざわざ、いいとも、特ダネ、すぽると!などを見て、韓国びいきの報道姿勢を見る必要なんてないんだから。

 なるほど、これだから主婦ですらもテレビ離れし、グリー、モバゲー、mixiなどネットが趣味になっちゃうわけだ(´Д`)
ましてや、この不況だと通信費のみで遊べるネットワークゲームに流れてしまうのは無理もない。

 しかし、オンラインゲームにも落とし穴が。って話はまた別の機会に。

 神戸発祥のそばめしってのに興味を持ち、関西の食文化を調べてみた。スジコン焼きそばってのはかなりおいしそう。お好み焼きじゃなくて、モダン焼きはお洒落だな。いずれも東日本というか、北国だと聞いたことのない食べ物ばかり。
ちなみに餃子の王将は宮城どまりだが、秋田には大阪の王将(マネーの虎に出ていた方)があるけどね。

 そんな秋田にはついにセブンイレブンが進出するらしい。ついにというか、昔はどこかにあったらしいが。昔はチェーンの時代じゃないからね。
例えば、今でこそ有名なチェーンでも、バブル期にやっと東京一号店、または関西一号店ってニュースになったんだよ。今の若者には想像もつかない時代だよね(苦笑)

 今から少しずつ掃除を開始。そして、要らない物を仕分けしている最中。夏物を洗い、アイロンをかけて押し入れにしまう作業中。
ついに10年前から愛用したジャージの上着を捨てた。下はまだ使えそうだから、来年の秋くらいまで持たせる。

 部屋を片付けるコツはかさ張る物を買わない。すき間収納をうまく使うことなのだが、頭ではわかっていても中々うまくいかないな。

君が大好き あの海辺よりも 大好き 甘いチョコよりも
こんなに大事なことはそうはないよ
(岡村靖幸「だいすき」より)

 

 好きなゲームメーカーと言えばチュンソフトだった。思えばSFCのかまいたちの夜にハマり、弟切草、街とプレイし、元々は活字嫌いだった私が、真面目な本も読むようになったきっかけだとは前にも何回か書いた。
言わば、「文章を読む楽しさを教えてくれた」私お気に入りのメーカーだった。街はサターン、PS、PSP版と全部やったほど。

しかし、

 チュンにも陰りが。かまいたち2は肝心の本編が完全な期待ハズレで、むしろメイン以外が面白かったし、一部のシナリオはグロテスクすぎて嫌になったな〜。その反省を元に使ったかまいたち3は、普通に面白かったが、さすがに初代を越える作品ではなかった。
打越ワールドの極限脱出は結構好きな話だったが、PSPのトリックロジックは難しすぎて投げ出してしまった。

 世間での評価は低い上、チュンソフト好きですらも評価が分かれる「金八先生」は大好きで、通常盤と完全盤をやり込んだ思い出が。ただの教師物に終わらず、ラスボスみたいなキャラ(桐野)が出てくるところが好きだった。
金八には大ハマりし、小説まで買った話は前の日記に書いたかな?書いてなかったかな?

 428は悪くないが、まんま海外ドラマの「24」だし、忌火起草、真かまいたちの夜にも興味はあるが、本体がないんだよ。本体を買おうと何回もblogに書いたが、結局は3DSを買ってたもんな(苦笑)

 

『その他』

 夜光虫は駄作、サミーの彼岸花は長坂秀佳脚本だから、弟切草の続編っぽいが、選択肢を代える楽しさはない上に、ただ長い文章を読まされるだけで飽きた。結局、彼岸花はブックオフで小説を買って読んだ思い出が…。
ヴィジットの最終電車はやったが、話を覚えていない。初代の流行り神はまあまあだった記憶が。

 マーベラスが作った夜想曲、月の光、魔女たちの眠りは大好きで、いくつかはDSに移植されてるから、今でもたまにやる。
結局、サウンドノベルってジャンルでは、なんだかんだ言ってもチュンの文章に勝てるメーカーはなく、私の中ではマーベラスが2番手くらいの評価かな。

 マーベラスはもうサウンドノベル作らないのだろうか?赤川次郎シリーズ好きだったのに。

※編集の都合により、この場所に記事を統一

 いつも人気の人形焼を買うために並ぶが、ことごとく自分の手前で売り切れてしまう刑事が主人公。
愛人(マイコ)を秘書にしたのかと思いきや、実は社長(三浦友和)の娘だったって話は面白かった。

 殺人犯が自首して来たかと思わせて、実は真犯人をかばっていたなど最後まで飽きさせない展開が良かった。続編希望。

 

赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!

 イジメにあっていた子供が近所の少女を殺してしまった。それを隠すための両親(杉本哲太、西田尚美)の必死な工作。あげくの果てには認知症の祖母(佐々木すみえ)に罪をなすりつけようとするが、加賀には全て解っていたっていう展開。

 2年前の設定なので、連ドラ版みたいなお遊びはなかった。

 佐々木蔵之介がハンチョウ。個性豊かな仲間たちが犯人を追い詰める物語は面白かった。既に現代では普通のドラマはダメでも、刑事物ならまだ安定して見られるな。
第2シリーズも見ようとしたのもつかの間、容量の都合でごっそりと消しちゃった。いつか再放送があれば見てみたい。

 ゆっくりこぐようになってからは膝の痛みは和らいだが、腰の痛みもあり、まずまずの運動量となる。これでは足りないが、少しずつ運動する感覚を取り戻さないと。
また、飯の直後に寝てしまったことが何回もあり、体力不足は深刻だな。後、老化との戦いが厳しい。

--------------
【日曜日】 自転車約22分

 じめじめとした嫌な天気だったが、幸いにも雨は降らず

【月曜日】 自転車28分

 久しぶりにやる気になったので、町内をパトロール

【火曜日】 自転車13分

 やらないよりはマシとなんとか散歩へ

【水曜日】 自転車15分

 雑誌を買うついでの散歩だが、15分でやめてしまう

【木曜日】

 なし

【金曜日】 自転車21分

 木曜日の分までと思い、外に出た

【土曜日】 自転車28分

 秋晴れどころか室内でも汗ばむ陽気。仕事が終わった後に買い物へ

 96年アトランタ五輪のブラジル戦で見事な守備を見せた田中誠。脚は遅いが、元FWのセンスを生かし、パスコースを読む素晴らしい選手だった。
私のお気に入りの選手だったが、いかんせん、この手の選手って評価されないんだよね(苦笑)

 だが、ブラジル戦後のナイジェリア戦で田中が負傷退場した後に展開ががらりと代わり、「ほら、見ろ」状態になったことを忘れない。
みんな川口とか、「目立つ方ばっかり見てるんじゃねーよ」と思った瞬間だった。

 浦和がいつまでも優勝できなかった頃、ジュビロの黄金期を支えた選手だけに、いつも羨ましい気持ちで見ていた。
さすがに晩年は衰えが激しかったけど、長年お疲れ様でした。やはり、同世代の選手はもう厳しいな(´Д`)

 それ考えたら、ヤマ(暢久)は頑丈だよな〜。いつまで経っても、一瞬、フッと気が抜けるのも相変わらずだが…。

 結局、私が切り込んだことにより、恋人ごっこをしていた2人の仲をより強めただけだったのかもしれない(苦笑)
前にも書いたが、急に私をライバル視し、守備固めをしたってことは危機感があった証拠だろうし、かなりいい線いってたはずなんだが、彼女はやっぱり昔の私にそっくりだった。
一定のラインまでは簡単に越えさせてくれるが、それ以上、踏み込もうとすると急激にシャッターが閉まる感じ。

 一時期、盛り上がったメール交換も熱が冷めてしまい、義務的に返したような文章が増えて来た。年末が近いから、忙しさもあるのだろう。
私も最近は疲れからか、相手をうまくくすぐるような言葉が見つからなくなり、自分が送信したメールを見直したら反省することばかり。

 そりゃ、相手が興味なさそうな話題になってたらトーンダウンするわなと…。
女性は自分が興味ない話題には厳しいからね。後、女が質問して来たことに変に長い説明つけても「ふ〜ん」で終わっちゃうしね(´Д`)

 これは男女間の違いで、女の人は別に説明が欲しいわけじゃなくて、ただ同意してほしいとか、話題の共有が目的だろうしな〜。
送信した後から「しまった」と思うことが何回かあった結果、味気ないメールになっていたんだろうな…。

 ここはいっそ引いてみるのも手だが、彼女のような構ってちゃんの場合、
「自分のことを構ってくれなくなった途端、話す機会がなくなりそう」でこわいな(^-^;

このページのトップヘ