Mind Circus

雑記

2012年10月

 3DS LLを買ったのに、海外ドラマや映画を見るのにハマっており、すっかりゲームをやる時間がなくなってしまった。シリーズの中では比較的早いサターンのサカつくですら、ゲームの1年やるのに数ヶ月もかかる始末だとは前にも書いた。
このゲームも同様。たまに20分〜30分やる程度なので、まだ10年すら行かず。そもそも、薗部氏のこだわりで試合が飛ばせず(「途中で帰る」はあるが)、サカつくみたいにダイジェストがないのが痛いな。
ダビスタもそうだが、薗部さんは遊び方を押し付けるやり方をするのがクリエーターとしての最大の弱点だな〜(-∀-)

 フォーメーションの配置をいじりながら試行錯誤するのが楽しいが、やけに連勝した後に、急に連敗する辺りは理不尽だなぁ〜。連戦すると疲労の蓄積があるのは分かるが、モチベーションみたいな項目があるのだろうか?
ステップリーグまでは簡単なのに、N2リーグは過密日程で大苦戦。怪我人が続出し、引退待ちや解雇予定の選手まで動員するハメになった。こうならないために、ターンオーバーを敷くべきだった。

 ようやく上がったN1(日本でいうJ1)は試合数が少なすぎて逆に困った。今は勝てなくて苦しんでる。手軽なサッカーゲームを唄うワリには難しすぎるし、初心者の難易度があればよかったのに。
薗部さんは融通が効かないから、ダビスタを買わなくなったし、これも次回作があるかは分からないが、仮に次回作があっても買わない。そもそも、彼の場合は次回作が何年後になるのかすら疑問だが((o*>д<)o

 ダビスタでいうブリーダーズカップみたいなのがあれば盛り上がりそうな気もするが、いかんせん売り上げが厳しいな。
今時、カードの組み合わせが記憶されないなど、ユーザーの不満点をバージョンアップで直すような会社でもないしね(苦笑)
やっぱ、毎回のバグはあれどサッカーのシミュレーションならサカつくが一番面白いな(^-^)

 

・Amazon

 Amazonを見てたら、「選手のピークが短い」って意見が多いが、彼等は実際にサッカーを見ないのかな?数年でピーク過ぎるのはざらだし、怪我した後にまた怪我するなどサッカー選手の選手生命は本当に短いよ〜。

a9a1905e.jpg

83bb723e.jpg


 数年前からデオドラント効果がある物とない物を買い、その日によって使い分けている。デオドラント効果ありは量が少ないため、普段はビオレUの方を使う。
前はマンダムのギャッビーだったが、近年は洗顔料もメンズビオレにしていたり、ビオレブランドで統一されつつある。

 

※デオドラント効果ありの方が肌に合わなかったのか、腕に湿疹みたいな物が出た。後はシャワーですすぎ忘れがあったのかも…。

 夜中はTBSとHBC(北海道)も聴けるので、録音はし続けるだろうけど、録画したドラマ見てると、ラジオを聴く暇がなくなっちゃった。文字にすると余計な時間かかることもあり、ここまでかな。
前にも書いたが、そもそもこのラジオを聴き始めた2007年頃はおぎやはぎのことを嫌いだったんだよな。それがここまでハマるとは。この2人はテキトーな感じがいいね。

 

《9月7日》

 いつの間にか、義弟森山直太朗さんのことを「直太朗」と呼び捨てにしてるな。前は君付けしてたのに。

 

・矢作さんとアンタ山崎さんがイチローと仲良く写真に写ってることがネットニュースになる。おまけにいつもは愛想を振りまかないイチローが、2人に対して駆け寄って来たので、現地のアメリカ人らが不思議がる。その時の矢作さんは山崎さんの悪乗りで、ゲイに見えるようなピチピチのTシャツを着ていた
・その後はナイアガラの滝を見たり、2006年辺りに出来たカジノに行く。寝付きが悪かったのか、帰りは変な夢を見る。一方の小木さんはサンフランシスコへ。山々を八ヶ岳に例える

 

《9月14日》

・海外ロケに行った時、小木さんは飛行機の中でひたすら映画を見ていた。矢作さんはアメリカのバラエティーで、社長が身分を隠して、自分の会社に潜り込む奴を見ていた。ヤラセくさいが面白かったという

《9月21日》

・矢作さんがリンカーンで捻挫をしたことをラジオのスタッフが知っていた。収録中には恥ずかしいから、捻挫したことを隠していた。森三中の
・AKBのじゃんけん、上戸彩と安田大サーカスのヒロさんが結婚したと誤報が流れたなど
・小木さんの泣きほくろが目立つようになるが、リスナーらはほくろがあったことも知らないとメールする。椎名林檎さん、さまぁ〜ず三村、よゐこ有野さんらはほくろをとった

 

《9月28日》

・矢作さんの渡部篤郎ネタはリスナーから不評
・とんねるず木梨さん、佐藤浩市さんらとゴルフをする予定だったが、矢作さんが寝坊。チョンボした変わりに昼食代は矢作さん持ちでとお願いしたが、そこは木梨さんが全部払っていた
・またまた矢作さんのカードが使われ、作り直すハメに

 元々はながら作業が得意だったのに、最近は次の作業しようと考えると、前の動作を忘れてしまうようで、ストップウォッチの止め忘れが増えた(苦笑)
何回も書いているように老化が激しくなって来たよ(^-^;

 

10月14日(日) 自転車 約40分

 天気が良かったので、散歩を兼ねた買い物。いつもは行かない場所を走ってみた

10月15、16日(月、火)

 月曜は自転車休みの代わり、部屋の掃除を熱心にやった。火曜はやる気があったのに、近所を軽く歩いたのみ。サッカー見た後に寝てしまう

10月17日(水) 自転車26分

 雨降りが風邪が振り返す。それでも晴れ間を見て買い物に

10月18日(木) 自転車2分?

 体調が悪い中、体調中心。自転車は近所を軽く走ったのみ

10月19日(金) 自転車15分?

 サボってばかりはいられないと、冬用のウェアを着て散歩に出かけるが、手袋がないと寒かった

10月20日(土) 自転車 約90分

 夕方と夜に分けて色んな場所に行く

10月21日(日) 自転車44分

 昼過ぎ、牛乳を買うついでに散歩。本当はもう少しやるはずが、土曜に頑張りすぎたからいいかなと…

10月22日(月) 自転車10分

 本来なら自転車活動は休みを取る日だが、あくまで軽く近所を散歩

10月23日(火)

 自転車は休み。その分、体操と部屋の掃除などをした

10月24日(水) 自転車 約20分

 夜、そんなに冷え込んでる訳でもなかったので、Yシャツのみで買い物に行ったが、さすがに肌寒さを感じた

10月25日(木) 自転車15分

 あくまで軽めの散歩のみ。体操してたら腕を痛めた

10月26日(金):30分

 晩飯後にドラマを見た後、学校の周りなどを中心に早足混じりの散歩。さらに寝る前に歩こうかと思ったが、土曜に回すことに

10月27日(土):16分 自転車 約67分

 まずは自転車で何回かに分けて買い物したり、価格調査をしに行く。足が痛くなったものの、仕上げに近所を歩いた

《2008年1〜3月》

 前々から興味があった作品。いつかは借りて見ようかと思っていたが、BSに回って来て良かった。
原作ありきとはいえ、2008年のフジテレビは良い作品を作ってたんだなと。ホリエモン騒動で韓国資本が入り、さらにリーマンショックなども影響し、アレでアレな放送局に成り下がってしまったのが残念。

 どういう訳か、小川(玉木宏)と堀田イト(多部未華子)が鹿の運び番に選ばれ、鼠の運び番がリチャード(児玉清)、狐の運び番はマドンナ(柴本幸)など、夜にも奇妙な物語をドラマにしたような世界観。
最初、堀田が反抗的で生意気な女子生徒かに見えた上、黒板に「鹿せんべいそんなにうまいか」、「かりんとうとラブラブ」などと書かれ、事あるごとに行動パターンをバカにされるが、実は堀田も鹿の使い番に選ばれており、そこに彼女の葛藤があるなど見応えがあった。

 いまどき、奈良に邪馬台国があるという設定には呆れたが、話はとても面白かった。話が10回しかないのがもったいないくらい。

 

 さて、

 前にネット見てたら、この作品もそうだし、科捜研の女、京都地検の女などは関西が舞台のドラマなのに、関西弁を話さないのは違和感があるみたいに書いてる人がいたが、
序盤で玉木(愛知出身)と佐々木蔵之介(京都出身)がやや関西弁のイントネーションが出ていたような気がしたのは、私の気のせいかな。

 本当は初回が拡大版らしいので、機会があればレンタルで見てみた。

 わがままなモデル、デビーは事故に遭い死んでしまう。しかしどういう訳か、肥満の弁護士ジェーンの身体を与えられ、別の人生を送ることになるコメディー。
別人の肉体になってるのに、いきなり親友の家に押しかけ、中身がデビーだとわかってもらうという描写は強引だが、まあコメディーだからいいのかな(苦笑)

 ジェーンがデビー時代のモデルの知識と、今のデブ体型の差を生かし、弁護に勝つなど手軽に楽しめる作品。それだけにDlifeでも2ndシーズンやって欲しかったな。
肉体は死んだのに、他人としてこの世に残る系の作品だと、個人的には吉田栄作と石田ゆり子の「君のためにできること」が思い浮かんだ。

d8943d4e.jpg

e11aed3e.jpg


 10年くらい前に仙台に行った時、ヨドバシカメラで買ったPS2のリモコン。まだPS2の本体しかDVDを再生できるプレーヤーがなかった少しだけ使っていたが、この2003年にSONYのビデオ一体型のDVDプレーヤーを買い、そのあとは使うう機会がなくなった。
近年、たまにPSやPS2のノベルやアドベンチャーゲームをやる時に使っていた。

 PS3のリモコンを買った時にこれのことを思い出したので公開してみた(^-^)

 

・ホリ製品のPS2のコントローラー

b055b886.jpg


 たまにPS2のウイイレをやっているが、コントローラーの調子が悪い。最近はほとんどPS2を使っていなかったため、なぜ×ボタンが効かなくなったかを忘れていた(苦笑)
多分、無双シリーズのやり過ぎで×が逝ったはず。2007年辺りに今の自分のためにメモしとけば良かったな。もしくはケチらず、調子悪くなった時に捨てるべきだったよ。

 てなわけで、このコントローラーは捨てた。実質、数年しか使っていなかったいなかったが、無双やりまくっていた時期の物だけに、壊れるの早かったな。
今使ってるのは2008年くらいにWonder gooで買ったホリの連写機能付きの赤。これと色違いだ。

 

※記事を統一

 すっかり日本の夏ドラマの感想が後回しになっていた。10月になってやっと更新した(^-^;

 

9係 シーズン7

 シリーズが進むごとに倫子と倫太郎の親子関係がおかしくなったり、改善されるのは回ごとに脚本家が違うからなんだろうし、何年も続けるためには進展しては、仲たがいさせるのは仕方ないんだろうな。
ただ、実年齢では36歳のいのっちが「青年役」だし、地デジ化でシワまで見えるのも残酷ではあれど、メインキャストが全体的に老けて来たな〜(;へ;)

 1話では小宮山の友人のさやか(加藤貴子)が殺されるなど、過去のレギュラーが死ぬのは珍しいな。まあ、犯人役が小林健に緒形幹太など二世俳優がちらほら。
押尾学事件や森議員(元総理)の息子がらみの六本木界隈の話をモデルにした回もあったが、いつもながらネタが古いんだよな〜。
まあ、わざとやってるんだろうけど。

 

・遺留捜査2

 糸村(上川隆也)が左遷され、新たな部署では新キャストの斎藤由貴、八嶋智人などが頑張り、主役のはずの上川の出番が少ないと思っていたら、同時期にNHKの大河(平清盛)にも出てたのか。
話は悪くなかったけど、警察内部の不正(イジメ)ネタ、殉職ネタなど他の刑事物と変わらなくなっただけに、残念なパート2となる。次回作があればそれに期待したい。

 1話に出ていた吉田栄作。老けたな〜。中にはスギちゃんネタもあったり…。

1stシーズン 1〜12話

《4月17、19日》

 今更ながら「SATC」を見た。「あたしはヤりたいの」的なアメリカ人らしい明るいエロというか、セックスに貪欲な女性の内面をうまく描いてるし、開放的なセックスシーンを見てるとこの作品が人気あるのが分かった。
20分前後しか話がないので、試しに吹き替えとオリジナルの両方見た回もあるが、ホントに笑えた。映画版だけを見ても面白さが理解できなかったわけだ(苦笑)

 

 終盤では、窓際から隣人のセックスがまる見えで、4人がそれを見て発情したり、サマンサがヨガの最中に発情し、あからさまに「wanna be a fuck」と言ったりして、そのまんま過ぎて笑えたよ(o^∀^o)
いわゆる、「女」じゃなくて「♀(メス)」って感じだね。

 そういや、日本のドラマにも「SATC」や「デスパレートな妻たち」を真似したようなのあったな。


 

《10月》

 BSのFOXが有料化したとはいえ、この番組は無料で放送する時もある。それを録って見ることに。あからさまに「SEX」ってタイトルついてるから、敬遠していたが、見て良かった。まあ、女性のエロはあからさまだからね(苦笑)
色気と食い気は別物というのに、ランチの最中にえぐいエロ話する辺りはアホとしか言いようがない。

 ただ、レンタル屋でも目立つ場所に推薦されてるし、今の子供たちは知識だけではく、若い内から経験豊富な子も多いのかもしれないが、子連れも多い棚に一緒に並べるのは教育には良くないなと思った( ̄▽ ̄〃)

 

※4月の記事と統一

ee3c500f.jpg


 Homacで買ったレンジ容器を使い、簡単なヒレステーキの出来上がり。まずは、あらかじめ冷凍のミックスベジタブルをチンしておく。
ヒレ肉は塩とコショウをふっただけのシンプルな味付け。うっかりしていて、肉のスジ筋を切ることすらしなかったが、美味しく仕上がった。これに焼肉のタレをかけて食べた。

※10月の始めの話

このページのトップヘ