Mind Circus

雑記

2014年06月

 数年前に小松彩夏がメインの回だけ見た記憶が。後はチラホラ見た程度。BSジャパンで再放送していたので、全部見ることに。

 セルフパロディ作品だが、AVに落とされた子がいるなど鎌田奈津美の居酒屋での仕事への不満を愚痴る場面といい、川村ゆきえの「グラビアアイドルは身体張ってるんですよ」って必死の演技を始め、
29歳の巨乳童顔グラビアの愚痴など、意外と的を射るような台詞が多かった気がするが、誰かの名を借りて女の子達の本音を描いてるのかなと。

 

《感想枠》

 最初は水着の女の子目当てに見てたら、かなり真面目な作品で逆にやられたね。最近は本当にAVに落とされちゃうし、女のギスギス感がうまく描けていたと思う。女同士は友達でもライバルだからね。ましてや、この業界は誰かを蹴落としてナンボだろうし。
今は女みたいに固まって歩いて来たり、ぐちゃぐちゃと文句つけたり、チクったりする女みたいなゆとりの若者の男の子が増えてきたけど…。

 川村ゆきえのファンの役で川村に暴言吐くオタクの役が早口でいつここの白い方っぽかった。
手島優の演じたキャラはいかにもな昭和のヤンキーだが、女の子だと別にいくつ違っても表面上は「〜ちゃん」で通じるからあんまリアリティない気がした。

 さて、秋月三佳は私が見ていた作品に色々と出てるので、良く目にする子だとは思うが、脇役なのかほとんど覚えてないや。後、尾崎ナナは色んな意味で評判の悪い子だよねw

※カテゴリーを雑貨に入れてしまったので、この場所に記事を統一します

c7b9cc91.jpg

422ee708.jpg


 6月に2,980円の8%で買ったアイリスオーヤマ製の新型の小型サーキュレーター。静音モードがあるため、弱だとかなり静か。強でもYAMAZENのと比べて、音はやや静かな気がする。
小型でも意外とパワーがあるため、これ付けてると寒さを感じるように。真夏はクーラーの補助として重宝しそう。

 この後にK'sデンキの広告にこれが税抜きで1,980円と載ってたのでビックリしたが、首振りなしの価格と知って一安心。

 

2d4b3f13.jpg


 春に掃除した時に落としてしまい、いつも使ってるタップが1ヶ所使えなくなったため、KOMERIで買った節電用のスイッチ付きコード。
この後、Homacに行ったらエレコム製の同じ値段で売っており、しかもエレコムのは2メートルだったので損した。いつもは色々と回ってから買うのに、面倒くさがるとダメだね、やっぱ。

69c6efdc.jpg


 KOMERIで見つけた超吸収タオル。水を含ませるとヒンヤリして気持ちいい。洗うと何度でも使えるのがいいね。秋田県は高温多湿だから、夏場なんかは重宝しそう。

 

f3cc0ef9.jpg


 最後はデオインナー。Tシャツに振りかけると、汗の臭いを分解してくれ、汗臭さを緩和してくれる。試しに色んな物にかけてみて、かけないのと比べたら効果は確かにあった。確実に汗くささが和らぐ。
最近の日本人は洋食で欧米化してるためか、汗の臭いがキツくなったと思う。だからこそ、こういう商品が沢山出てるんだなと。

 シーズン7までの契約だったが、契約を更新するか聞かれた時、ブレンダ役のキーラ・セジウィックが視聴者に飽きられる前に辞めたかったらしく、「クローザー」としてはシーズン7で終了。
ブレンダとガブリエル以外はスピンオフの「Major Crimes」にほぼ登場するようだ。ホープもいないかな?

 

《7話》

 自分は使わない、見ないからという理由で家の一般電話は解約、夫が見てるチャンネル解約、新聞止めるなどブレンダの身勝手さ炸裂。おまけにホープと抱き合い、旦那のフリッツが嫌そうだった。

《13話》

 ブレンダの父ちゃんがガンになってしまい、フリンに慰められる。

《16、17話》

 16話では、プロベンザの最初の妻が登場し、フリンらと貴金属屋に指輪を取り戻しに行くが、店員が対応したと思いきや、強盗の一味だったと発覚。気づいた時には、既に車に乗り込んでいた。
17話には、ガブリエルの新しい彼女が登場。ブレンダは仕事に夢中になる余り、家庭で焦げたパンをフリッツに出し、「周りが見えなくなる人が近くにもいないかい?」と言われるも、全く反応なし。

《終盤》

 ブレンダの父ではなく、朝起きたら母が死んでおり、ブレンダは泣き崩れる。その影響で仕事での判断が鈍り、まさかの証拠捏造をやろうとする有り様。
一連のチームの中に裏切り者がいる件は、ガブリエルの彼女が内通者だった。

 

『感想枠』

 仕事ぶりはスゴいけど、時に暴走し、周りに迷惑をかけることも多かったアマえっ子のブレンダ。あれだけ犯人たちを見事に追い詰めていたのに、最愛の母が亡くなり、最後のやらかしには唖然。
でも人間って、自分のことになると判断が鈍る生き物だけにこう言うもんなのかもしれないね。ゲームの「逆転裁判」の4でも、ナルホドー君が証拠の捏造やるからね。あんだけ自分は裁判での矛盾を指摘してたのに…。

 さて、重犯課のリーダーであるブレンダは去ったが、このチームは好きなので、クローザーに続き、スピンオフのメジャークライムの放送されるのは嬉しいね。1話見たら、まんまクローザーだったけど。
レイダーが歓迎されてない辺りが、初期のクローザーを思い出させる。

※Twitterでの呟き+α

 いくら録画してると言っても、1日に3試合も見るのはキツいし、既にグループステージ敗退してるチームもあり、見る試合数を減らした。

 

C組:日本 1-4 コロンビア 

 既に決勝トーナメント進出が決まり、サブメンバーが中心のコロンビア相手にザックジャパンらしさは見せたが、今野の与えたPKといい、4失点食らった守備陣は論外だが、攻撃陣もシュートが入らなかった。
今回のワールドカップはジーコジャパンを思い出したし、日本代表の敗戦はこうなる気がしたので、たいしたショックはないけど、前々から口先だけの選手たちのコメントに呆れていたのもある。
本田のアホが中田ヒデみたいになってたしね。こうなる気がした。ゆとり世代の根拠のない自信には本当に呆れる。

良く身の程を知れ(小畠虎盛の言葉より)

 

 ただまあ、南米の暑さにはヨーロッパの強豪やアメリカ人でも足が止まってたからね。レッズでのフィンケでもそうだったが、高温多湿ととパスサッカーは合わないよ。
それに加え、カウンターを使わずにパスサッカーに拘ったかと思えば、意味不明なポジション配置したり、これまで否定してたパワープレーやりだすアホが監督じゃあね。
トルシエや2006年の岡ちゃんみたいに現実を見据える人の方が結果残すのかもね。理想論のジーコとザックのワールドカップは酷かった。

 

《余談》

 まあさ、相手の絶対に勝ちたい気持ちをうまく往なしつつ、勝たなくてもいい方は守りを固めて、奪ったら相手がいないところにパスを出し、カウンター食らわして大量点取るってのは私もウイイレでやるからね。所謂、省エネサッカー。
ウイイレ2012だと、奪ったボールを素早く、前線のファビオ・コエントロン(コエントラン)に渡し、コエントロンがサイドを切り裂き得点するっていうカウンター勝ちを良くやったからな〜。

 

『G組』

ガーナ 2-2 ドイツ
ポルトガル 1-1 アメリカ

 ヨーロッパ勢が軒並み苦しんでる中、育成システムが優秀なドイツは強いね。それでも食らいつくガーナ。いい試合だった。
このブロックはポルトガルが脱落かと思われた後半ロスタイム、守りを固めるアメリカから夢を繋ぐゴールで同点。数字上は予選突破の可能性を残す意地を見せた。

 とは言え、最後のガーナ戦で大量点取れるとは思えないけど。怪我人多いし。

67bc8d50.jpg


 前から欲しかった蓋付きの三角コーナー。前に買った水切り、水切りプレートと同じメーカーの奴。

5595293e.jpg


 ドアに掛けられるフック。暖かくなって来たので、廊下のドアを開けて、これにシャツなど干して置くと良く乾く。

d665ae52.jpg


 マルタイの棒ラーメン。マルチャン正麺など生風の袋ラーメンが流行る前、ヤマダ電機で安く売ってたので、良く食べていた。
最近はさっぱりだったので、某ドラッグストアで安かったので買ってみたが、これは豚臭いのが難点だな。

 

3e918666.jpg


 ウチから一番近いコンビニがSunkusなので、たまに行く。これはSunkusのティラミス。チョコの粉末が美味しかった。まあまあかな。モンブランは友達にあげた。
とろけるプリンなどはたまに食べる。

 

4d77eb5e.jpg


 Sunkusの巻き寿司。玉子とカニかまのサラダ巻きなので、330円でも高い気はするが、まあたまに食べる分にはいいかな。

B組:スペイン 0-2 チリ

 スペインはシャビを外して来たものの、カシジャスはそのまま。絶対に勝ちたいスペインに対して、カウンターで待ち構えていたチリ。
スペインは気負いしすぎていたのか、チリに往なされて勝負あり。前半だけで見るの止めた。

 

H組:ベルギー 2-1 アルジェリア

 まさかのアルジェリア先制だが、ベルギーはウィルモッツ采配が的中し、逆転する。

 

C組:コロンビア 2-1 コートジボワール

 コロンビアが抜け目なく2点を取るが、2点取られた直ぐ後にコートジボワールはジェルビーニョのドリブルからの見事なゴールで1点を返す。
コートジボワールの選手たちって、自分らはきちんとボールを返さず、スローインにしたり、中々、ボールを出さないクセに、コロンビアが大きく蹴り出したら猛抗議するお子様ぷりに呆れた。


 

C組:日本 0-0 ギリシャ

 前半のチャンスを決められなかったのが悔やまれる。ギリシャが1人少なくなったことで、中央を固められてしまい、おまけに交代のカードが大迫に代えての香川なので、左サイドからふんわりしたクロスを上げても競り勝てる選手が居なくなったのが残念。グラウンダーのクロス入れてた右の内田の判断は正しいね。
交代枠を1つ残すなら山口辺りを外し、齋籐を使って、中に切り込ませるのもアリだったと思うが、またもパワープレーで吉田を上げる無策ぶり。

 まだ可能性はあるけど、この日本の状態だとコロンビアに勝つのは難しいね。サイドから崩せど点が取れる気配がないってのは、ナビスコ決勝の柏戦を思い出した。
後は、相手が1人少ないと弱い浦和を見ているようだった。なので、後半はもう諦め気味に見ていた。このブロックで1番弱いギリシャに勝てないんじゃ無理だね。



 つーか、ザックは前から言われてるが、采配が下手すぎる。昔流行った川口浩探検隊風に言うと、
「我々は南米の大地で本物のアホを見た!」

と言いたくなるくらい、勝つ気ないだろと…。

 深夜1時のは仮眠を取って試合を見ているが、さすがに明け方の試合はキツいため、録画で見てるのが大半。

 


B組:オーストラリア 2-3 オランダ

 スピラノビッチがいるためにオージー視点で見ていた。オランダはロッベンの抜け出しで先制したが、直後にケーヒルのスーパーゴールで追い付く。その後もプレッシャアーノ、スピラノビッチの惜しい場面があったものの、ケーヒルが累積イエロー2枚目を貰ってしまう。
追い付き、追い付かれの展開で面白かったものの、そこはさすがオランダ。ファン・ペルシーが豪快に決め、勝負あり。オージーはその前の入れておけば…。何で、ケーヒルとブレッシアーノを代えたのだろうか?

 ケーヒルの削り、デ・ヨングの蟹挟みなど危ないプレーも多かった。デ・ヨングのはレッドカードもの。

 

A組:クロアチア 4-0 カメルーン

 前半、カメルーンのボランチのソングが何を思ったか、後ろからパンチを食らわし、一発レッド。試合を壊してしまう。後半は完全にクロアチアの楽勝ペース。もっと点が入ってもおかしくなかった。
カメルーンは攻撃参加したまま戻らないムカンジョにフィンケが注意するも戻る気配がなく、味方のアスエコトが切れて仲間割れをするが、そこはベテランのウェボが間に入って止めた。

 カメルーンは子供過ぎだし、解説者が言うようにアフリカのチームまで組織的なサッカーをやろうとするため、以前の強さが見られなくなったようだ。

 

G組:ガーナ 1-2 アメリカ

 前回、前々回大会からガーナに勝てないアメリカ。開始早々からデンプシーのゴールで先制するが、アメリカのFWアルティドールが負傷退場するアクシデントも。
試合は激しさを増し、デンプシーが鼻血を出したり、ガーナMFのムンタリが一色触発の雰囲気になったものの、ムンタリは手を出さなかった。

 その後、アメリカは暑さのためか次々に足が釣ってしまう場面が多く、ついにガーナに同点に追い付かれる。しかし粘るアメリカはコーナーキックを取り、そのチャンスを決めて勝負あり。

 天候の変化で体調が悪くなったり、やる気を削がれたりと年齢を感じるように。後はワールドカップ観戦のためにお疲れモード。やっぱ歳の所為なのか、明け方の試合は眠気が…(^-^;
4年前と8年前は時間調整すれば行けたんだけど、もうアラフォーだもんな。哀しき現実。

 

6月8日(日) 自転車66分

 小さい方のHomacで買い物した後、その近くのスーパーで肉などを買う。夕方から雨が降ったが、晴れ間を見て、さらに駅前といつも行くスーパーなどを回った

6月9日(月) 自転車27分

 ジメジメした天気。時折、小雨が降っていた。晩飯後、ドラマのDVDを見た後に最近のお気に入りのコースを散歩した

6月10、11日(火、水) 自転車12分と8分

 火曜は窓の掃除をした。かなり大変だったが、掃除を楽しむイメージでやったため、楽しみながら掃除した。その分、夜は疲れて直ぐに寝てしまった
水曜は本当に少しだけ運動したのみ(運動とは言えないけど)

6月12、13日(木、金) 自転車20分と12分

 木曜は雨のため、晴れ間を見ての散歩。たまには駅前のLAWSONに行ってみた。その後はSunkusへ行き、寿司を買った
金曜も雨。小雨が降る朝の内に散歩を終え、仕事終わりに晩飯を食べ、その後に運動を兼ね、念入りに掃除をした

6月14日(土) 自転車 約60分

 まずはHomacで予備にと、新型のサーキュレーターを買い、一旦、帰った後にGEOでBlu-rayを借り、KOMERIでキッチン用品などを買った
後はスーパーでソバや寿司、野菜などを買った

6月15日(日) 自転車14分

 日本代表の試合を見た後に出掛けたが、温度差の激しさとワールドカップを見るために睡眠時間が削られていたこともあり、この日は珍しくあっさり散歩を切り上げた

6月16日(月) 自転車36分

 小雨のためにやる気なかったが、飲み物を買いだめしとこうと思い、晴れ間を見ての自転車活動。一度、出歩けば後は動きやすいのだが

6月17、18日(火、水) 自転車17分と8分

 最近、ワールドカップを見るために睡眠時間を削っていたからか、疲れから身体が重かった。なので、抑え気味の2日間となる。それでも掃除はしたが

6月19、20日(木、金) 自転車10分

 木曜は軽めの10分のみ。金曜は予め仮眠を取って、深夜の試合をハシゴしたが、イングランドの試合の最中に寝てしまい、起きたら日本とギリシャの試合が始まってた。なので、疲れてしまい、運動は休み

6月20日(土) 自転車 約30分

 GEO、KOMERI、ドラッグストアなどを回り、欲しい物をいくつか買ったり、次に買いたい物をチェックしていた

このページのトップヘ