Mind Circus

雑記

2014年07月

e6ae71cd.jpg

4158005c.jpg


 探していた緑の座布団カバーは目ぼしいのがなく、結局、白地にリーフ柄のカバーで妥協した。緑色ではないが、緑つまり木の柄ってことで我慢。ちと苦しいが…(^-^;
これは820円の半額で処分品のワゴンにあったので、誰かにとられる前にとつい買ってしまった。この値段なら色違いのブラウンっぽのも欲しかったけど、部屋の色に合わないから止めた。

 ハロウィーンエピソードの放送がなく、いつだったかはDlifeが放送順を間違えていたのか、わざとなのかは定かではないが、放送順が違ったような?
アメリカ物には珍しく、ダンカン家のスケジュールを書く黒板みたいなのがマメに更新されており、毎回微妙に違う。

 穏やかな父ボブ、4人の子持ちとは思えないほど自己中な母エイミー、優しいが、どこか抜けてる1番上のPJ、しっかりしてる長女のテディ、末っ子のチャーリー、元は末っ子だった所為か、わがままで悪戯が大好きなゲイブ、
そのゲイブと何かあるごとに喧嘩する近所のオバサンのダブニーなど理屈抜きで楽しめる30分ドラマ。
以下はDlifeのつけてる放送回数なので、実際の放送順とは違う可能性も。

 

《38話》

 シェキラとのコラボレーションで、シーシーとロッキー、フリン、タイ、司会者らが出てきた。ヘッセーへファー兄弟などは登場せず。

 

《53話》

 遊園地でバイトを始めたテディだが、黒人の友達にキスする必要があるため、気まずい。テディがその気になったのに、今度は相手が逃げ腰となる。
結局、黒人はバイトを辞めたが、代わりに入ったのが元カレで、元カレとヨリが戻る。

 

《54話》

 メキシコに行くことにしたPJは出生届けが必要になるが、出世時の名前の登録ミスが発覚。実はポットンジャーという名前だった。
が、これは吹き替えなので、本当はどんな名前だったのか気になる。

 

《55話》

 ダンカン家の祖父とダブニーさんがいい感じになるが、長続きせず。「プリティリトルライアーズ」のルーカス(ブレンダン・ロビンソン)がゲスト出演していた。

781fea16.jpg

b02eaee0.jpg


 最初はレンタルしていたが、じっくり見たいからと数年前にヤマダ電機でDVDを買い、コツコツと見ていた作品。Dlife向きの作品っぽいけど、放送しそうもなかったので。Dlife開局当初の段階では、実はこれが最も見たかったんだよね。
この作品の後のドラマ版「ゴースト」(ジェニファー主演)や「アリソン・デュボア」などに影響を与えた作品に見える。日本では北川景子主演の「モップガール」がモロにパクってたなと。

 トゥルーは病院の研修医になるはずが、何故かモルグ(遺体安置所)で働くことに。母は殺され、弟ハリソンはギャンブル好きのフリーター、姉は薬物依存、父はトゥルーの適役として出てくるなど、どうしょうもない一家。
ある日、遺体を見ていると「助けて」と言われ、一日をやり直す能力が開花したものの、他人の人生を必死に何とかしようとする余り、恋人らとの関係がギクシャクしだすというストーリー。

 

《特典》

 DVD特典によると、実はルークを死神の役として考えていたが、ルーク役のマット・ボマーが拒否したため、ジャック登場となったようだ。トゥルーの恋人だったルークの方が展開として面白かったと思うのだが、残念な結果に。
撮影はカナダ。何故か、出演者たちの髪の毛が濡れてるシーンがあるが、それは撮影中に雨が降ってる事が多かったため。しかしカメラには雨が映ってないので、それを知らないと一見、シャワー直後の髪の毛みたいに見えることも。

 

《感想枠》

 初期から後味の悪い話がチラホラあり、中にはトゥルーが何回も同じ日をやり直すのはちと頭が疲れた。2ndシーズンではトゥルーの父とジャックが手を組み、トゥルーの妨害をするって展開がつまらなかった。
最初は助けまくり、視聴者が飽きてきた頃にジャック登場的な展開ならもう少し続いた気がしないでもない。アイデアはいいのに、もったいない作品。

 トゥルーとハリソンきょうだいが「デイビーズ」で監察医のデイビスだけに、そこに何か関係があると思ってたが、一切触れられることはなかった。

 

《キャスト》

 「ビバヒル」のジェイソン・プリーストリーがジャック役で登場。デイビス役のザック・ガリフィアナキスはお笑い芸人のため、撮影中、カメラに映らない所から悪戯を仕掛けるなど役とは違い、茶目っ気たっぷり。
ハリソン役のショーン・リーブスはイライザよりも年上だが、童顔なので弟役。一方、トゥルーの姉メレディス役のジェシカ・コリンズは途中から全く出てこなくなる。

 ルーク役のマット・ボマー(マシュー)は後にゲイをカミングアウトするのだが、確かに目の輝きが女の子みたいなんだよね。カイルの役のマット・ダラスといい、男でキラキラ目はソッチ系なのかなと。

 

《吹き替え》

 DVDでイライザ(エリザ)・ドゥシュクの地声を聞いてると、吹き替えは甲斐田裕子よりも東條加那子の方が声質が似てるなと思った。それ考えると、後の「ドールハウス」は東條でピッタリなんだね。
と思って調べてみたら、東條はこの時代はまだプロデビューしていなかった^_^;

 後、平川大輔、横山智佐などが出てくる中、ここにもゲストキャラの声で弓場沙織が出てきた。

※Twitterでの呟き+α

 7月前半、久しぶりにセブンイレブン行ったけど、昼前なのとおにぎり100円目当ての子供連れが沢山いて、かなりレジ待たされた。
確か、最後に行ったのは去年のナビスコ決勝の前の日だった気がする。

 久々すぎて、数年前の分のnanacoのポイントの有効期限が切れてたよ^_^;
確か、500ポイントくらいあったから、1回の飯代くらいにはなるはずだったのに。

 私は宮城育ちだからそんなでもないが、秋田県の人にとっては、まだまだセブンが珍しいんだろうね。危機感のあるローソン、Sunkusの店長等がピリピリしてる訳だ。
ひねくれものの私としては、Sunkus発祥の地(1号店は宮城から)である宮城っ子なので、Sunkusに良く行くけど。

 

c1fd4cc5.jpg

56c9e074.jpg


 エビチリは海老がプリプリしており、冷凍食品とは思えない。これがあれば中華料理屋が要らなくなってしまうかもしれない。一方、つけ麺はまあまあかな。
後、画像撮らなかったけど、「金のハンバーグ」は洋食屋並みの味だね。セブンが自信持って宣伝してるの分かるわ。去年のラジオでおぎやはぎが絶賛してた「まるでマンゴー〜」(以下略)は確かにウマイ。
直ぐに買わなかったのはこれまた私がひねくれものだからである。

 

9f668013.jpg

1c930f6a.jpg


 たまにセブンへ行くと飲むのが、これ。カフェラテも飲むが、近くの店はミルクティーの置かなくなってしまったのが残念。醤油げんこつはかなり好きだが、炭水化物が多めの菓子は控えているため、あくまでたまに。

 

df84fa82.jpg


 数週間前に行ったら、おにぎり100円セールやってたけど、あんまやり過ぎると正規の値段で買わなくなる気がするけど。
他の記事にも書いたけど、野菜中心に食べてるとどうしても反動が来るため、稀に油や添加物多めの物を食べたくなるんだよね。コロッケはペッパーが効いていて旨いが、近くのスーパーの方が油がカラッとしていて、仕上がりが上品でいいなと。

6eac19de.jpg

fa374539.jpg


 5月の連休時にデパートでムーミンとピーターラビットのマグカップを買ったが、やっぱその時の判断が正しかった。多少、ネットよりも値段が高くても、誰かがいくつか買うことにより、店が新しいのを仕入れる訳だ。そんな狙い通りに新しい色が入ってたので買って来た。
また2つ買ったので、その空きスペースに新しいデザインのが入ることを祈りつつ、またいつか新しいの買いたいなと。

 

0a0d4a10.jpg

d30076be.jpg


 これはスナフキンのシリコンカバー。スナフキンを押せば密封出来るため、ホコリ防止になる。シリコンなので簡単に洗えるのがいいね。

 数年前にFOX-BSでも無料放送やってたけど、字幕で見たくなり、DVDを買っておいた。
これを見ていた時期は、「ヴェロニカ・マーズ」、「トゥルーコーリング」、「ゴシップガール」なども同時に見ていたので、あっちこちで吹き替えが甲斐田裕子、弓場沙織だったんだよね(^^;
まあ、それを阻止するためのDVDだった訳だが。字幕と吹き替えの違いを楽しむのが目的。

 

ザック・スティーブンス(マイケル・キャシディ)
D.J.(ニコラス・ゴンザレス)

リンジー・ガードナー(シャノン・ルチオ)
アレックス・ケリー(オリヴィア・ワイルド)
レネー・ウィーラー(キャサリン・ヨーク)

レベッカ・ブルーム(キム・ディレイニー)
トレイ・アトウッド(ローガン・マーシャル=グリーン)

 ライアンは元カノであるテレサを妊娠させてしまい、チノに戻り、工事現場で働いていた。ライアンが去ったコーエン家。セスは置き手紙を残し、家出。
ライアンがいなくなったショックから、ただでさえ不安定なマリッサは酒に溺れる日々。そんな中、母への当て付けなのか、庭師のD.J.と付き合っていた。一方のサマーはセスを忘れようと、ザックと付き合い始める。

 ポートランドのルークの家でアルバイトをしながら暮らしていた。息子が帰ってこない事を心配したサンディが連れ戻しに来る。ライアンもテレサの「子供は流産した」という嘘に騙され、コーエン家に戻り、復学を決意。
新学期が始まり、再開したいつもの4人だったのに、夏休みの間、3ヶ月も放っておかれたサマーはセスにカンカン。新しい彼氏がいることを打ち明ける。ライアンとマリッサもD.J.がいることで昔みたいに仲良くとは行かないようで、関係はギクシャクしていた。

 そこへ生意気な感じの転校生リンジーがやって来て、ライアンと恋仲になるのだが、実はリンジーはセスの祖父ケイレブの子供だった。つまり、セスの叔母。2人姉妹だと思っていたのに、娘くらい違う姉妹がいると分かり、扱いに困るキルスティン(キキ)。
そんなコーエン家には、サンディの昔の恋人レベッカが現れ、サンディとキキの仲に亀裂が入った結果、キキはアルコールに溺れるようになり、施設に入るハメになる。

 ジュリーの前の夫ジミーはキキの妹ヘイリーと付き合っていたが、ヘイリーが仕事で日本へ行くこととなり、ヘイリーと別れた後、何故かジュリーと密会するように。
ジミーとジュリーの関係は長続きせず、ジミーはハワイへ。

 そんな中、マリッサはレズのアレックスと暮らすようになるが、結局はライアンとよりを戻したところへ、ライアンの兄トレイが現れ、マリッサを襲う。
マリッサの様子がおかしい事に気づいたライアンは事実を知り、トレイに殴りかかるが、逆にやられてしまい、何とか止めようとしたマリッサが銃でトレイを撃ってしまう。

 他、ジュリーは若気の至りで撮ったポルノビデオが出回ってしまい、呆れたケイレブが離婚を言い渡す。結婚してから1年経たないと慰謝料が出ないため、ジュリーはケイレブを毒殺しようとする。
が、さすがのジュリーでも殺しを躊躇う。その瞬間、偶然にもケイレブが心臓発作を起こし、プールで亡くなる。

 

《感想枠》

 ショックで酒に溺れてるのに、その間に庭師をたらしこむ辺り、やっぱマリッサはマリッサだなと。「kill me」という雑誌を読んでたり、急にレズに走ったりと忙しいキャラだった。
後、生意気な転校生リンジーがライアンの新しい彼女かと思いきや、何と彼女はセスの叔母さん。リンジーは2月生まれなので、ライアンとセスよりも誕生日が若いって何だよ!
ライアンとテレサの子供は、仮に話が続けば何処かで出てきたかもしれないね。

 

『役を越えた関係』

 この当時、付き合っていたセス役のアダム・ブロディとサマー役のレイチェル・ビルソンは仲違いする役なのに、完全に恋する女の目付きでアダムを見つめるレイチェル。
物語上は、セスとザックとの間で揺れる展開なのに演技プランはこれで良かったのだろうか?

 日本のドラマでこの作品を参考にしたようなのいくつかあったので、どんなもんか楽しみにしており、数年前からコツコツ見ていた。
Dlifeだと4thシーズンまでしか放送してくれないのが残念。まっ、レンタルすればいいんだろうけど。

 Wikipediaによると、この作品のチームはFBIの管轄としてはかなり下のようだ。「クローザー」の重大犯罪課の方が格上なのか。
ギデオン親子、かなり若いのに切れ者だが、友達がいないリード、オタクのガルシアなどメンバーは個性豊か。

 1stシーズンの電車に精神病患者が立て籠る回では、こっちまでドキドキした。12話では、ところでを「TKRD」と言ってたが、これ字幕版だと何て言ってたのか気になる。
15話では脅迫神経症、軍隊経験あり、着ている物をきちんと整頓する、独りを好むため、人が大勢いる場所が苦手というプロファイリングが冴え渡る。

 22話では休暇を楽しむはずのメンバーだったのに、オンラインゲームしていたガルシアがハッキングされ、エルが逮捕され、ギデオン宅には生首、リードには鍵が届くなど、それぞれバラバラに事件のヒントとなる物などが届いた。
結局、休暇どころでなくなったメンバーらは犯人の挑戦を受けてたつことにする。そんな中、エルが何者かに撃たれ、重症を負う。

 

《感想枠》

 15話のキチンと物を整頓するのは厳しい家庭に育ち、軍隊経験ありっての自分に当てはまるから笑った。決まりが多く、誰かが何かやらかすと学年全体が怒られるという軍隊みたいな中学校だったからね。
マイノリティだから、自分のペース乱されると頭に来るタイプだし(^-^;

 

《吹き替え》

 どのドラマ見ても深見梨加、山像かおり辺りは良く出てくる。こうならないためには、本当は字幕で見ればいいんだろうけどね…。

 

《またグラハム問題》

 1stシーズンの何話だか忘れたけど、これもグラハムって吹き替えしてるね。最近の作品だとちゃんとグレアムって読んでるのもあるんだけどな…。
と思ってたら、2ndシーズンの序盤では「グレアム」って吹き替えてた。その時の翻訳担当にもよるのかなと?ちゃんと直した方がいいと思うけどね。

f333923f.jpg

90f944c8.jpg


 KOMERIで見つけた調理台保護ボード。最近、お気に入りのアスベル製品だったので、迷わず買った。さらに今は緑色の物を集めている最中ってのもあるし。

ce1126f9.jpg


 こんな風に調理台と言わずに、こたつの上でキャベツをスライサーで切るときに使ってる。

 

5bcff1eb.jpg

efc126f0.jpg


 一方、来客用にKOMERIでスプーンを2つ買い、さらにこれからの季節は蒸れるので、ブロックタイプの氷容器を買った。積み重ねられるのが便利。

4f9196cc.jpg


 さらにミエルの水色の半袖シャツ。何回も通ってたら、倉庫から出したのかこれを見つけたので買った。私が好きな水色。

 

f71ee77b.jpg


 タケダスポーツ(北日本にあるチェーン)で買った夏用の黄色がかった青緑の色の短パンだが、帰ってから良く見るとTシャツの生地で作られているため、下手すると直ぐに切れそうだな。
たまにはお遊びの色として、部屋着ならいいかなと思って選んだのに、これなら黒の短パンの方が良かったな。

地が出ると痔の話
緑を紫と言う
美容院を病院と間違える
写真を撮るときに「ハイ、チーズ」ならぬハイ、バター

岸恵子がcampusノートを「カンパス」と読んだ
寅さんをカバさんと呼び、喧嘩になる

人非人(にんぴにん)という言い方が逆に新鮮だった
看護婦をきゃんごふと言う

寅さんの部屋を他人に貸そうとしたのに、事もあろうに寅さん本人が不動産会社から紹介されてやって来る
木曜が待ち遠しい寅さんに対して、忙しいタコ社長は「もう木曜か」と言い、喧嘩になる

 

 などなど、今でも定番のコント番組の基本ネタとして使えそうなネタが満載だが、今の発展した社会しか知らない若者には理解出来ないだろう。まあ、貧しさという意味では伝わるかもしれないけど。
何話だか忘れたが、ペプシがスポンサーの回があり、寅屋にペプシが売ってたり、何の脈略もなしに寅さんとペプシの配達車がぶつかりそうになるなど、宣伝って昔から露骨なんだなと。

 また、おいちゃんが松村達雄から下條正巳にチェンジしたものの、厳しさはあれど初代のような優しさが感じられないのが残念。
それから、寅さんはタコ社長や従業員らを小馬鹿にするが、タコ社長は印刷会社の社長だからね。労働者諸君って、ヤクザ紛いのルンペンに言われたくないわw

このページのトップヘ