Mind Circus

雑記

2016年02月

 四国から出てきたお坊っちゃまの中山一太(いちた)が、様々な事件に首を突っ込む昔の定番もの。昭和作品だけに、今ではパワハラとも取れるような発言も多い。
まあ、それだけ本気で怒ってくれた人がいた時代でもあり、気にくわないことあると、誰かに当たり散らす人が多かったっていう腹のたつ時代でもあるw

「おばあちゃん」の語り口で始まることが多い。先輩記者ツルに恋するが、ツルは未亡人で、小さな女の子の子持ちだったり、犯人または不審者と間違われて、トラブルとなり、ボコボコにされることもしばしば。
主題歌は水谷豊の作詞、作曲で、水谷豊は下手くそだけどテンポが良くて、味のある歌い方をするので、後から1,000円以下で買えるアルバムを買い、SONYのオーディオプレーヤーに入れてリピートしている。

 

《後の夫婦》

 水谷と伊藤蘭は、この作品で知り合い、水谷の離婚後に結婚するのだが、後の夫婦だけに息があってる。

 「仕事終わりにおつまみを」なんて繰り返しが甘かった。いつのまにか、ウエストがやばいことに。去年の夏頃までは体型を維持していたのに、油断の積み重ねが巨大化を生んだw
天候が良くて、雪寄せしたり、歩いて買い物するという身体を動かす機会が減ったものまずかったなと。

  

2月21日(日) 自転車40分以上

 出掛けたのはいいが、よりによって風が強い時間帯に当たってしまったものの、運動にはなったなと

2月23日と24日(火、水) 自転車14分と15分

 仕事が終わった後に買い物に行った

2月26日(金) 自転車18分

 仕事終わりに買い物へ

2月27日(土) 自転車?分

 近場のみ

 漫画家志望を集めた研修先のロッジへ殺人犯が迷いこんで来るという王道のミステリー。殺人犯が中島刑事を名乗って来たことから、ロッジ内のメンバーたちは刑事だと疑わない。まんまと殺されてしまうメンバーたち。
ラストで殺人犯の共犯者により、飲み物に毒を入れられ、全滅フラグかと思いきや、そうならないのが赤川次郎作品のいいところ。

 共犯者だとすればあの人だろうっていう推理はあってたけど、赤川次郎だけに殺人犯が生き生きしており、いとも簡単に人を殺してしまうあっさりさは相変わらず。
主人公の岡本聡美が殺人犯とは知らず、恋しそうになり、ピンとがずれた場所でキスしようとした場面は面白かった。全体的に男が情けなく、女が強いのも赤川作品の特徴だね。頭の中で配役を決めてしまえばスラスラ読めるのがいい。

 聡美は主人公だが、探偵役になりきれておらず、年下の15歳に諭される場面もしばしば。
 

『ゲーム』

 マーベラスのノベルチームがいれば、赤川次郎シリーズとしてゲーム化して欲しかった。仲間割れエンド、全滅エンド、殺人犯に殺害されるバッドエンド、犯人側から見たシナリオなど作ったら面白いと思うけど。

 お店紹介をドラマ風にしたような食べるだけの番組増えたな。ラーメン二郎の大盛りチャーシューは食べてみたかったけど、番組ではチキンラーメンにミルク入れてたが、ミルク入りラーメンって普通にあるよね。

 

『キャスト』

 星野真里っぽい子が出ていたから、誰かと思えば美山加恋か。ちょい顎がシャクレてるような。一方の早見あかりは外国人か、もしくはハーフかってくらい顔が濃いな。

 いくら疲れてるからって、何もしないと余計に疲れるなと思い、そろそろジョギングなどを再開したいところだが、まだまだ朝晩は路面が凍っているから、春までお預けかな。

 

2月14日(日) 自転車42分

 運動不足解消と思い、ドラッグやらレンタル屋、ホームセンターなどを見て回る

2月15日(月) 自転車5分程度

 変な天気。荒れ模様から晴れ、また荒れる天候のため、夜に少しだけ雪寄せをした

2月16日(火):17分

 通勤と帰宅時の徒歩に加え、支店の前を雪寄せ

2月17日(水):12分 自転車8分

 職場と自宅の往復に加え、寝る前にコンビニへ

2月18日(木):12分 自転車7分

 通勤と帰宅時の徒歩。それだけでは運動不足になるので、天気のいい内に支店の軒先にある雪を寄せた

2月19日(金) 自転車20分

 配達があり、得意先まで

2月20日(土) 自転車31分

 仕事が終わってから、弁当を買うためにデパートへ。後は中古屋などを回る

bb367c7a.jpg

cd66a421.jpg


 KOMERIで安売りしていた350mlの水筒。夏場にサーモスの1,000ml入るの買ったけど、冬になったらスポーツドリンクがぶ飲みしなくなったし、仕事前に温かい珈琲を入れ、支店へ持っていってる。
このサイズだと春からのチャリンコ生活のお供として重宝しそうだな。350、500、1,000mlと使い分けようと。

 ヤンキー物だが、コミカルな回があったかと思えば、終盤はゴルフリンチ、ナイフで刺す、ビルから突き落とすなど、隼人がやり返せば仲間たちや同じ学校の生徒がリンチされるなど、今の作品にしてはエグかったな。
この枠は全体的に80年代のノリの作品が多いような気がする。

 メガネ猿(有村架純)が普段のメガネだと敵で、カツラ被って変装すると恋愛対象ってネタは定番だけど、普通は見た目で分かると思うがw

 

・検索
 
 賀来賢人は、賀来千香子の親族なのか。この作品以外でも私が見ていた作品に沢山出ているようだが、覚えてないや。

 バラバラにディスクに入れた所為で、最終回が行方不明となり、「これは借りに行った方がいいかな」と思っていたら、レンタル屋で貸し出し中だったため、帰宅。その直後、ふと、録画ディスクの棚見たら、発見w
前はそのドラマの続きなら続きでまとめてダビングしていたが、ちょうどめんどくさくなった時期だったかも。迂闊だった。探さなくなると見つかる法則だが、管理が甘いとこうなる…。

 

 高嶋政宏のおバカな柴田勝家、一癖ある山田孝之の猿(木下藤吉郎)、歯並びの悪い森長可、高橋一生の熱い演技の浅井長政(あざい)など意外と時代劇っぽかった。と思って、当時のTwitterのタイムライン見てたら、原作を読んだ若者たちには、「原作の方が面白い」と不評だった。
後、小栗旬の高校生役にはさすがに無理があるけど、サブローの時と信長の時の演じ分けはちゃんとしてたね。

 ただ、天才軍師・竹中半兵衛は、本当は秀吉の家来だから、織田家の家老を差し置いて、前の方にはいないはず。

 日頃の疲れもあるのか、またはまだ雪が残る道を気を使って自転車で走るからか、いつも以上に疲れが酷くなり、雪寄せのない運動不足も手伝い、怠けた週となる。



2月7日(日) 自転車28分

 スーパーの弁当を買いに行ったり、ドラッグへ行ったり

2月8日、9日(月、火) 自転車5分と15分

 月曜は職場の往復のみ。晩飯後に買い物へ

2月10日、11日(水、木) 自転車?

 10日は記録なし。休みだったので、国道の方のスーパーで買い物をした

2月13日(土) 自転車15分程度

 近場で買い物のみ

d4706c50.jpg


 スマホにさしてたメモカ。新たに買ったSONYのオーディオに入れたままんしてたら、アップしてない画像あるのをすっかり忘れてた。老化もあれど、直ぐにやらなくなったのが原因だな。さすがに初老だしなとw
Homacの5段の引き出し。小物を整理するのに使い、机の周りをスッキリさせた。

 

85fb9b67.jpg


 これはDAISOの収納。私のは型が古いため、外付けハードディスクに逃がせないため、録画したBlu-ray入れに使ってる。レコーダー買ったのは2010年だし、そろそろ新しいの買おうかなとも思うが。

 

27baf7ef.jpg


 予備のハサミ。安売りしていたので、ピンクでも構わずに買った。

このページのトップヘ