Mind Circus

雑記

2018年07月

 寒暖の差と冷房などにより、体調を崩した下旬。

 

7月15日(日) 自転車35分

 朝からホームセンター、DAISO、ドラッグなどを回った。夕方はスーパーへ。何か弁当を買うつもりが、日頃から色々と買ってたのでやめた

7月16日(月) 

7月21日(土) 自転車27分

 仕事は夕方まで。夕方からは学校付近のスーパーへ行き、寿司などを買って帰宅

7月22日(日)

 日頃の疲れが出たのか、夜寝る前に口内炎が出来てしまう。この口内炎は週末まで治らず

7月23、24日(月、火)

 昼飯を食べた後に食べ物が逆流し、ちと危なかった

7月25日(水)

 寒暖の差で体調悪かったのに加え、冷房で身体が弱っていたのか、晩飯を戻してしまう。体調悪いときに朝は低脂肪乳飲んだのと、夜にキノコ使った料理食べたのがいけなかったのかも

J1 優勝 勝ち点94 31勝2敗1分 106の12で+94
WP1 2位 勝ち点56 12勝7敗3分 47の23で+24

 

in 大場比呂、中西永輔、吉岡海人、都倉彰、松田直樹、ブラーメン、谷口博之
out 柿谷、アレックス、平塚浪馬、エリゼウ、ゴウー、坪井慶介、高橋峻希



《1月》
・柿谷がソフィアFCへ1年間の留学

《2月》
・大場比呂がユースから加入。中西永輔がジェフから加入し、アレックスとトレード
・高橋峻希が天狗に
・ロシアへキャンプ

《3月》
・バウアーの人気が急騰
・神戸戦で矢沖田が全治2週間の怪我

《4月》
・ガンバ戦で大場が全治2週間の怪我

《5月》
・高橋の天狗が直る
・平塚が16億2330万円で川崎へ移籍

《6月》
・ロシアへキャンプ

《7月》
・ノースロンドンよりピレスが加入し、エリゼウとトレード
・FCカーンより都倉彰が加入し、ゴウーとトレード
・マリノスから松田直樹が加入し、坪井慶介とトレード
・都倉がU23代表入りし、大場が落選。大場がスランプになり、3週目に立ち直る

《8月》
・高橋峻希が退団

《9月》
・ACミラノからブラーメンが加入

《10月》
・川崎から谷口博之が加入

《12月》
・FCバルセロナ戦で中西永輔が全治2週間の怪我

・J1 得点王はカズ、MVPはランパード、新人王は山岸 ベスト11は、山岸、盛岡、中西永輔、中澤佑二、バウアー、長友、ランパード、カズ
カズが35ゴールの12アシスト、グラーフが22G12A、ランパードが19G10A、矢沖田が8G10A、バウアーが4G5A
・WP1 ベスト11は、バウアー、長友、ランパード。バウアーがMVP
ランパードが14ゴール2アシスト、ピレスが12の4、グラーフが8の7、矢沖田が5の8、カズが4の4、都倉が3アシスト

 

《今季》

 監督が中村憲剛となってから、求心力がなくなったからか、不満の嵐となる。おとなしくニカノールの架空にしておけば良かった。
一方、坪井慶介、今野、ゴウー、平塚らが衰退期となり、交代できるメンバーがいないのが問題だったため、大幅な入れ替えとなる。もっとピークが長ければ遊びやすいのに。

 そして、リーグはスカルがいなくなったことで、得点力が落ちたが、1年間に35ゴールの方がリアルではあるけどね。ワールドプレミアを思えば点の取れるFWが欲しかったが、グラーフはウイングタイプのためか、期待していたほどではなかった。
そのワールドプレミアの終盤は疲れが溜まり、長友は90分出ていなかったのにも関わらず、前半か後半のみの出場でベストイレブンに入れるのはサカつくらしいが。

 2016年の春に廉価版を買い、たまにレッズでやっていたが、久しぶりのプレイ。

 

EURO

 ベルギーで挑戦。初戦はルカクのゴールで楽勝も、2戦目で攻撃的に出たところをチェコに狙われ、カウンターから失点し、敗れる。チェコが3連勝すれば、引き分けでも予選突破が可能な3戦目はスコットランドに危なげなく勝利。
決勝トーナメントでは、フランス相手に劣勢を強いられながらも、少ないチャンスをモノにし、2-2で延長へ。延長開始早々に2点を入れられ戦意喪失したとこへ、さらにゴールされ、2-5で敗れた。

 後半の最後の方で、スーパーカウンターからのアザールのシュートが入っていれば勝っていたのに。

 

コパ・アメリカ

 コロンビアでチリに挑む。サイド攻撃がハマり、ファルカオ・ガルシアのヘディングでさい先よく先制したものの、ゴールキーパーからのパスミスをしてしまい、あっさり同点にされる。
その後、追加点を許し、1点を追う展開となるが、コンピューターが似たようなパスミスをし、そこをすかさずハメスが引きつけて、ファルカオが同点ゴールを叩き込む。

 だが、延長を意識した後半のラストでやられ、2-3で敗退。

DSC_0006

 軽くて細いのは突っ張り棒に引っ掛かるため、リングタイプのにしてみたら少しはマシになった。これは逆にしっかりした作りのため、重みがある。

DSC_0009

 前から買おうか迷っていたワイヤーネット。これにワイヤーなどを組み合わせれば小物の収納が楽になるなと。

DSC_0004

 DAISOのすだれ吊り。説明の通り、簡単に吊るせて便利だった。

グループE
ブラジル 1-1 スイス

 前半、コウチーニョの豪快なミドルシュートで先制したブラジルだったが、後半にコーナーからのヘディングを決められ同点にされる。この辺で間違って録画したの消してしまった。

 

グループE
ブラジル 2-0 コスタリカ

 後半から中継を見たが、レアルのキーパー・ナバスの好セーブにあい、攻めあぐねたブラジルだったが、後半、ネイマールが倒されてPK獲得かと思われたが、審判を欺くプレーで判定が覆るも、ネイマールにイエローカードはできなかった。
後半ロスタイムにようやく先制。トドメはネイマールのゴールで勝負あり。ネイマールはシミュレーションと挑発などで退場させても良かったと思うが。

 

3位決定戦
ベルギー 2-0 イングランド

 大幅にスタメンを入れ替えてきたイングランドに対して、ベルギーは開始早々に先制。イングランドもチャンスは作るも、シュートを掻き出され、同点ならず。一方、ベルギーは得意の高速カウンターでイングランドを苦しめ、勝利。
やはり、こんなベルギー相手にリードした日本は強かったんだなと。

DSC_0002

 私が小さい頃からの定番として噛んでいたロッテの板ガムとハイチュウ。梅ガムは遠足の定番だった記憶が。80年代のガムは歯につくのが難点かつ、直ぐに味がなくなるのが弱点だったなと。
フィリックス・ガムは駄菓子屋に行くと良く買っていた。チロルチョコや5円チョコは100円あれば沢山買えて良かった。

 後はコーラ、オレンジアップやハイレモンなどもおやつの定番だが、ビックリマンが流行るとシールほしさに良くチョコ食ってたもんだ。

・棚板 45cm×25cm

・転び止め 45cm×25cm

・ポール 47cm

・延長ポール 38cm

・固定部品

・専用キャスター 

 2.808円で窓際に置くためのラックが出来た。アイリスオーヤマとかの方がいいの売っているが、そんなにお金をかけなくても棚を作りたい時は便利だ。

DSC_0003
DSC_0005

 今回は47センチと延長38センチのポールを組み合わせ、キャスターもつければ1メートル近くなるメタルラックを作った。

DSC_0007  

 計算よりもスペースがあいたので、もう1段棚を作ることが出来た。そこに掃除用品などを入れて満足。棚はただ置いてるだけなのに部屋がきれいに見えるのがいいね。

グループD
クロアチア 2-1 アイスランド

 勝ち点6でグループリーグ突破の決まっているクロアチアに対して、アイスランドは勝たなくてはいけない試合であり、激しく攻めたもののクロアチアのゴールを割れず、逆にクロアチアはバデリのランニング・バウンドシュートでクロアチアが先制。
アイスランドもPKで追い付いたものの、ペリシッチに決められ、ジ・エンド。

 

ベスト16
D組1位 クロアチア 1-1(3-2) C組2位 デンマーク

 デンマークは開始早々先制したものの、クリアしたボールが味方に当たり、そこをマンジュキッチが決められ、前半の早い段階で1-1となった。その後は一進一退の攻防が続いたまま、延長へ。延長後半にクロアチアがPKを獲得するが、モドリッチのキックはシュマイケルに読まれていた。
PK合戦ではデンマークのシュマイケル、クロアチアのスバシッチのセーブ合戦となり、クロアチアが勝利。シュマイケルは動くところを狙われた感もあった。

DSC_0002

 小さい頃、おばあちゃん子であり、お寺で出された和菓子を食べて育ったからなのか、和菓子が好きなのでたまに食べてる。中でもどらやきはかなり好きだな。

このページのトップヘ