Mind Circus

雑記

2018年10月

14章外伝 自由を求めて

 比較的簡単なマップと勝手に解釈し、ハルヴァン、マチュア、ヒックス、シヴァ、バーン、トルード、オルエンなどほとんど出番のないキャラで出撃したものの、敵のペガサスやリワープにやられ、意外と苦戦したため、ハルヴァン、マチュア、ヒックスを外し、主力のアスベル、オーシン、フェルグスらを投入。
脱出地点まで来たところで、遠隔攻撃に苦戦し、中々、先に進めず。そこでオーシンを囮にし、その間にアスベルらで倒す方法に切り替えた。その間にヨツガムンドを奪うために、トルードが敵を捕獲する作業は続く。

 武器が少なくなって来たため、こんなことなら序盤から捕獲して敵から奪うを繰り返すべきだったが、ほとんど戦いに余裕がなかったからなと反省。
最後の方は回復だけと考えていたリノアンまでもを戦いに使い、ディーンやオーシンがやられる度に保存したところからやり直しを繰り返し、ようやくクリア。頼みのカリンが疲労で使えなかったのが響いた。その分だけブライトン、リフィス、ナンナ、マリータは休むことが出来たが。

 

 とはいえ、他のシナリオ進めるのに、毎日20〜30分のプレイ時間で、1週間かかっていることを考えれば簡単な方と言えるが。勿論、これはバーチャルコンソールだから出来ることで、アドバンスのだと仲間が死んだら最初からやり直していたため、時間かかるの当たり前だよなと。

DSC_0005

 最近、たまにやっているのが、豆腐に麻婆豆腐の元をからめて作るだけの簡単な昼飯を復活させた。これは甘口。甘口の方が一気に食べられていいかも。しかし、今度は逆に味にパンチがないなと。

・14章 総攻撃

 前の章のデータに戻り、ナンナにSドリンクを飲ませ、ホメロスを仲間にしたものの、狭い防衛マップで、貴重な踊り子であるラーラは疲労で出撃出来ず。敵の進軍に合わせ、フェルグス、フィン、ダグダ、アスベル、オーシンなどを盾役にし、騎馬部隊で攻撃しては退避を繰り返す方法で、敵を迎え撃ったものの、あっさりアスベルが死んでしまうので、やり直したこと数回。
アスベルでは盾役になれないことが分かったので、真ん中の全線はダグダに変更。ロングアーチに気を付けつつ、敵をいなす。その間に敵の合間を縫って、カリンで民家を訪問していたが、余裕が出るとロングアーチの範囲を忘れて、リーフ、オーシン、サフィ、ホメロスなど仲間がやられる始末。

 そこはバーチャルコンソールなので、うまくいったらセーブ、ダメならリロードを繰り返し、ようやくクリアしたかと思いきや、民家を訪問するのを忘れていたため、敵を蹴散らしつつ、騎馬部隊で民家を訪問し、ようやく外伝へ。
うまくいかない時は、動かすキャラを代え、待機する場所を違う場所にしたらうまく切り抜けた。

13章 城塞都市

 グレイドを救出するため、ワープさせようにも頼みのサフィが疲労で出撃出来ず、カリンで無理矢理突破しようものなら、ロングアーチの餌食となる始末。そこでフィンなど騎馬系のユニットで助けに向かう作戦に。
手前のアーチはアスベルに、ターラの踊るでアスベルを2回動かすことで撃破。直ぐ近くにカリンを待機させ、崖の上にいるアーチを倒す。その間に騎馬系やアスベルらは先を急ぐのだが、リフィスやターラがアーチと弓兵に狙われ、死亡。

 そこでナンナに護衛させつつ、フィンを外し、フレッドを使うことに。運良くフレッドが2回動けたり、ターラが2回動けると騎馬系を一気に進めることが出来、途中、グレイドの周りにいる兵士を生贄にしつつ、アスベルとナンナ、フレッドで敵を蹴散らす。カリンはアーチ兵を担当。
しかし、この方法だとリーフ、ターラ、リフィスらが取り残されるため、ターラがやられたことも。そういう時はバーチャルコンソールなので、セーブしたところから直ぐにやり直し。

 ボスのリストをアスベルで倒すと、退却する部隊がいたため、油断したら、そこから何人かやられ、やり直しを繰り返す。アスベルとナンナで敵の増援に蓋をしつつ、他は順番に退却。ようやく、クリア。途中、試しにリーフだけ退却したら、当たり前だけど他のキャラは次の章にいなかった。
ここは比較的簡単なステージかと思いきや、ナイトプルーフ取るの忘れていたようだ…。仕方ないので、直前のデータでやり直し。何回もやり直した後、マップ左下の敵をようやくカリンで捕獲に成功し、民家訪問したのはいいが、退却の時が大変なんだよな。壁を作りながらも徐々に退却しつつ、最後はラーラとリーフを退却させ、やっと終わり。

12章外伝 ダンディライオン  パーンをラーラで説得、ティナをサフィで説得、トルードを捕獲するか、トルードをパーンで説得と忙しいシナリオだが、それほど杖振りをしていなかったため、サフィの杖がAになっておらず、ティナにリーフやマリータの武器を盗まれたり、勢い余ってトルードを殺してしまったりと散々。 たまにうまくいったかと思えば、今度は別のシーフに通路にいる仲間の貴重な武器や杖を盗まれ、リフィスの体格では盗めなくなりやり直しの連続。「嫌になっては、次の日」にと気を取り直し、何回もやり直した。  次なる手はサフィの杖がAになる前に、お気に入りのブライトンをトルードやシーフの足止め役にしたが、武器や傷薬を奪われ、何度もくじけそうになる。そこで、ブライトンやカリオンではなく、ナンナを入れ、杖を振れる人を追加。 シーフに盗まれるアイテムは諦め、杖がAになり次第、まずはワープでマリータを宝箱の近くに行かせ、トルードの退路をふさぎ、ラーラでパーンを説得、パーンでティナの杖を盗み、シーフされるのを阻止。トルードの退路を何人かでふさぎつつ、ようやくパーンでトルードを仲間にし、サフィでティナを説得して終わり。  あまり攻略を見ずにやっていたが、リフィスの体格をあげろ、杖は壊れてるのを空振りしてAにしとけって意味を実感した。このシリーズは相当意地悪な作品で、かなり難しい。それだけにやりがいはあるけども。

このページのトップヘ