最近の私は【少しづつ、ゆっくり見る】やり方が好きで、
毎日、15分か30分づつ見る方式。数日間で見終えた。
(これなら忙しい時や時間がない時でも見られるから)

 前作は「黒幕っぽくないのが実は組織のボスだった」と言う、
この手の物語の設定ではよくある展開だった。

 今回は昔の知人に騙された次元がルパンと対決するくだりがあったが、
わざと球を外すなど、さすがに二人が本格的に対立する事はなかった。
その分、今回は五右ヱ門がドジな役割を引き受けていたかも。

 いつもはクールな五右ヱ門が不二子に頼まれて携帯を持たされたり、
警備員に追われた時、宝石を盗み出す装置を討たれた拍子に穴が開き、
その穴から宝石が落ちてるのに気付かず、不二子を怒られせたり…。
全体的に五右ヱ門らしくなかった(笑)