「ごくせん」の場合はパート1の方が面白かった。
2は亀梨、赤西、小池辺りが女の子用のビジュアル担当で、
ヤンクミばかりにスポットを当てていてつまらなかった。

 1のように【生徒の心情を描きつつ、生徒を守る】と言う、
昔の学園物の定番みたいなのが中高年にも受けたのだろう。
いかにも昔の青春物みたいで私も好きでした。

 さて、マイ☆ボス マイ☆ヒーローの最終回から一週間。
冷静にラストを振り返ってみると、あれはあれでアリか?
一週間前も書いたがドラマとは言え、ヤー公肯定はまずいし、
ましてや土曜九時は中学・高校生向けの枠だからねぇ。

 その子等と同年代のひかりとヤクザのマッキーをくっつけたら問題だな。
それなら、ひかりと桜小路、または桜小路と早紀をくっける方がマシ。

 この枠らしくオチがいまいちだったが、三ヶ月、楽しめた。
しばらくは録画した物を見ながら生活する事にします。