http://ktv.jp/triangle/

《1話》

 序盤から大量に伏線を張り巡らせているが、回収出来なくなるパターンは避けて欲しい。
イノセント・ラヴの場合、欲張るから全てが中途半端に終わったし。

 25年前に殺された同級生の死の真相を探る内容。1話から江口洋介があからさまに怪しい。

 

《2、3話》

郷田(江口洋介)の同級生の一人である堀米(マギー)が何者かに襲われ、同僚達に郷田が疑われる。
しかし、それは借金を返済するために堀米が仕組んだ狂言だった。

 狂言だったため、被害届けが取下げられたのもつかの間、今度はサチ(広末涼子)が暴漢に刺されそうになる。
助けに入った郷田が代わりに刺されたが、傷は浅く、郷田は直ぐに退院した。

 物語に引き込まれ、一気に2→3話を見終えた。冬ドラマはこれに期待かな。



《5〜8話》

 今クールのドラマの中ではかなり期待していたが、謎解きのワリには柱となる脚本がいまいちなので飽きてしまった。

 

《9〜10話》

 サチが狙撃され、死亡。25年前の事件の犯人は、葛城均(大杉漣)と黒木信造(北王子欣也)かと推測していたが、
むしろ、信造は亮二(江口洋介)の味方だった。

 それより、落とした野球カードを「中畑のか」と口走った丸山(小日向文世)が怪しいか?

 一緒に事件を調べていた相手=犯人パターンは良くあるが、
このドラマの脚本だと丸山と見せ掛けて、意外な人が犯人でも不思議はない。

 

《11話:最終回》

 これだったら先週のと一緒に二時間スペシャルで終わらせた方が良かった。
序盤は面白かったが、中盤以降は脚本が…。

 もしくはテレ朝みたいに、「二夜連続放送スペシャルドラマ形式」の方が間延びしなくて良かったかも。
最初から最後まで同じ事件を追う展開なら「ゴンゾウ」の方が面白かった。

 

《犯人は丸山》

 「中畑のカードか」と口走った丸さんが犯人だなんてそのまま過ぎる。葛城のマンションをでっちあげた時点で犯人は見えていた。
身近な人が犯人だなんて、アンフェアの瑛太パターンかい。古くは堀井作品のポートピア。

 後は動機がいまいちか。葛城の会社に勤めていた妹が自殺した腹いせに娘の佐智絵(志田友美)を殺すとは…。
仮に私が丸山の立場なら、葛城本人を殺すと思うが…。

 

9d829ddf.JPG


 ちなみに、押し入れを捜したら、87年の野球カードが見付かった。鍵となった原と中畑。
他にも首位打者だった篠塚(改名前)。地味と言われながらも捕手で3割近く打つ山倉、
怪我さえなければ一時期の高橋由伸以上の活躍が出来たかもしれない吉村。

 他、裏面のデータを見たら、野球選手はみんな身長がデカいから、
野球漫画で「小さい」と書かれながらも、実は176〜178センチあったり、
早生まれで名球界に入っている門田はチビデブだったと驚きが沢山あった。

 確かに、野球見てると180センチ以上が当たり前だから、170いくつだと低く見えるのは仕方ないが。
それ考えると、まだまだ日本のサッカー選手は小さいわな…。