1st:優勝 勝ち点54 18勝 64の6 +58
2nd:優勝 勝ち点47 16勝2敗 55の10 +45

《1月》
・古川が殿堂入り

《2月》
・本田、森崎がイタリアへ留学

《3月》
・スキラッチが帰国

《4月》
・牧野高志が加入→スペインへ留学

《5月》
・アジアクラブトーナメント:初戦敗退(クウェートFC1-2)

《8月》
・石井を戦力外に

《9月》
・織田典幸が加入

《10月》
・得点王は、ジャメーリで35。ベゼメル25、大木が19

《12月》
・ウインターカップ:準優勝(名古屋0-1)

 

《基本布陣》
3-4-3A カウンター リベロ

_______
___А
_______
______
_─押押沖Α
___ァ押押
_______
_ぁ押押沖_
___◆押押
_______
___ 押押

仝点郛嗣澄平ヅ津宜)
柱谷哲二
l亶ノ蘆
さ峪廓
ケ陛臂執
織田典幸(大城恭二)
養田成明
大木祐
大城恭二(スキラッチ)
ジャメーリ
ベゼメル

 

 チーム事情により、ベテランの永島がボランチ。間違えて本田を留学に出してしまったのがマズかった。それでも、チームは負けなしだったのはサカつく2の良さ。
前半は、織田をMFで修業。後半は掟破りの外国籍3トップ。無計画にFWをとっていたらこうなってしまった。

 そろそろ、冷凍保存を使い、石井、明神らを再び育ててみたい。