《1話》

 少年犯罪の親にスポットを当てた作品。それにしても、稲森いずみ主演は久しぶり?一時期は、藤原紀香より扱いが上だったが。
最近は小さな子供達が狂暴化し、実際に犯罪も多発している。今の世の中における親の役割ってなんなんだろう?
ただ、子供を産めば親だと勘違いしてないだろうか?

 

《2話》

 犯罪者の家族ではなく、被害者の家族のことが週刊誌に書かれたり、家の前にマスコミが押し寄せて嫌な思いをしたり。その辺はリアル。
今後の佐野史郎の息子をなくした演技に期待したい。

 

《3〜9話》

 幼児殺しの犯人の家族ということで嫌がらせをされ、住んでる場所から引っ越すハメになる。

 

《10話=最終回》

 序盤は、稲森いずみが鼻水を垂らしながら謝る展開。逆に、板谷由夏が犯罪者の家族を励ます展開だったが、実際には難しいだろうなと。
その後、智也が自立センターから出て、普通の生活を始めるが、まるで腫れ物に触るような態度に傷付く。最後は弟が生まれ、家族がまとまって終わり。

 続編があるとすれば、智也の就職活動に苦しむ展開が見たいかな。