J-18カップ:グループリーグ敗退(4位)
リーグ4位:勝ち点57 17勝11敗6分 65の45 +9
ニューイヤーカップ:ベスト16(新潟0-2)

《基本布陣:4-4-2》
FW:達也、エジミウソン
OH:梅崎(山岸)、エスクデロ(赤星)
DH:山田直、細貝
SB:小宮山、西澤(高橋)
CB:闘莉王、森重(近藤、堤、濱田)
GK:都築
Sub:加藤、槙野、野田など

 

《3月》
・グッズショップを設置

《4月》
・川崎から山岸をレンタル移籍で獲得
・原口、水戸へレンタル移籍

《5月》
・横浜FMから小宮山をレンタル移籍で獲得

《6月》
・大分から完全移籍で森重を獲得
・永田を富山へレンタル移籍に出す
・前期は5位

《7月》
・東京でキャンプ
・イベント会場、ミーティングルーム完成

《8月》
・広島から槙野智章がレンタルで加入
・高橋峻希が覚醒

《10月》
・原口、チームへ復帰
・エディットを加入させるが、ポリシーが組織寄りで使えず

《11月》
・スタンドLv1が完成
・鹿島に大逆転勝利したはいいが、磐田に勝てず4位どまり。後一歩で優勝を逃す。優勝はガンバ。
・得点王はエジミウソンで37ゴール。2位以下を大きく離す
・闘莉王が2週間の怪我

《12月》
・永田、レンタルから戻る
・細貝、高橋がスランプに
・都築、エジミウソンがベスト11。さらにエジミウソンはMVPに輝く
・レンタルの選手らとは完全移籍交渉はせず

 

 レンタル移籍だからいいやと鷹をくくり、ポリシーを見ずに選手を獲得していた…。山岸、小宮山、槙野は組織よりのポリシーだった。
過去のファミ通の記事を参考にし、同じ歳コンボを使い、選手を強化。

 鹿島、川崎、ガンバ辺りには勝ったが、大分、名古屋などには勝てず。90分前後に追い付かれたり、引き分けに持ち込まれたのが痛かった。
それがなければ初年度から優勝できたのに…。

 

《インストール》

 また、インストールする容量がなく、シーズン途中まではロードの長さに耐えていた。ワンセグを見てしまい、インストールしたらサクサク進むので驚いた。13〜15分くらいかかった。

df4ccda2.JPG

ba681a5e.JPG


 試しに撮ってみた山田直と高橋の能力。山田直は一気に主力に。高橋はまだまだ。