《9月1日》

・台風でゴルフの予定が流れ、子供みたいに何十時間も寝た矢作さん
・引っ越しのためにブックオフの買い取りサービスを頼んだが、サイン入り本などの処分に困った
・矢作さんが彼女と結婚もせずに、店屋物を食べてることに激怒。説教モードの小木さんだが、独身者に対するひがみにもとれた

 

《9月8日》

・女子サッカーの引き分けを厳しく批判する小木さん
・秋からおねがいマスカットがパワーアップする
・奈歩夫人の友人からもらった玩具の電話が鳴る心霊現象が(しかし、「玩具は電池が切れると電極が不安定になる」とリスナーから指摘される)
・矢作さんの誕生日サプライズは、細かいネタを沢山仕込む
・カップルが早く別れるのは、「セックス」に原因があると断言する小木さん

 

《9月15日》

・収録後に矢作さんの誕生日をサプライズで祝おうとするが、雰囲気が違うから分かると語る
・外人が靴を履いたまま生活するのが信じられない
・小木さんは家族でディズニーランドへ。ディズニーの魅力を語る
・矢作さんの滑舌が悪く、「クソメン査定会」ではなく、「撮影会」と聴こえる
・飛行機内で寝てるのに、話し掛けられたり、起こされたりすることが嫌だと愚痴る

 

《9月22日》

・この日は夏休みのために録音。久しぶりにブースにはオークラさんが
・小木さんはお祭りでまたしても女性の間に入り込み、神輿を担ぎつつ、胸の揺れ具合を楽しむ
・矢作さんの彼女がいい加減で引っ越しの準備が進まず。お前に査定に来た人が見積もりを間違えるアクシデントも
・日曜日サンデーのイベントでは、小木さんが伊集院さんをいじる
・この日の企画はクソメン査定会

 

《9月29日》

・グアムでは、他人をクソメン呼ばわりする小木夫妻。クソメンは、刈り上げと4〜5年の水着を履いてるのが特長だと語る
・小木さんの悪友が20代前半の若い子に声をかけ、遊ぼうと約束するが、2人は現れず
・一方、矢作さんはハワイへ。またまたA子さん(彼女)が天然ボケを連発