近年、「今月、もう少し買い物をしたいな」というときに、金が足りないなってことが増えた。前と比べて何が違うか考えたら、最近はゲームソフトを売らなくなったからだと気づいた。
長引く不況と少子化にリーマンショックがトドメをさし、さらに東日本大震災が追い打ちをかけた今、ゲーム業界は風前の灯状態。
当然、ゲーム屋の高価買い取りのチラシが入って来る回数が減った。

 私自身も廉価版、もしくは値崩れ品、またはレトロゲーム中心に買いあさるようになり、ソフトを売ることもなくなっていたが、
春なので棚の整理も含めて、もうやらないソフトやクリア済みを6本ほど売った。まとめ売りプラス査定を使っても1万円行かない有様。

 4〜5年前は買った金額とほとんど変わらない額で売れたのになと、何だか意味もなくセンチになってしまった(苦笑)