一回打っちゃえば楽なため、スマホ打ちにも慣れてきた。長文の試運転も兼ねて、ストーリーと簡単な感想を書きます。ネタバレ注意。




《11話》

マディソン・シンクレア = アマンダ・ノレ(ヴェロニカの高校の同学年で、ディックの元カノ。マックと取り違えられた子)

 

 今回の依頼者はマックス。彼はウォレスがテスト問題を買った時の上級生。娼婦を探して欲しいという変わった依頼。彼女と結婚したいという。調査の結果、娼婦らの狂言と見抜き、元締めと対決。それでも、決心が鈍らないマックスはチェルシー(ウェンディ)と暮らすことにしたが、結局、娼婦だったことで普通の暮らしはできないと悟り、ウェンディは姿を消す。
レイプ事件と娼婦との純愛を解決し、よりが戻ったかに見えたヴェロニカとローガン。ヴェロニカはローガンが娼婦としたことあるかをしきりに気にしていた。が、よりによって、別れた直後にローガンが遊んでいたのは、ヴェロニカが高校時代に最も嫌いだったマディソンだと分かる。

《感想枠》

 てっきり、ディックを訪ねて来たかと思ったらそうことか…。マディソンは2ndシーズンで出番が終わりかと油断してたよ。でも、娼婦を買ったことあるの?なんて、しつこくローガンに聞くヴェロニカだが、「街のごろつきローガンだぜ、聞くだけ野暮だろ」と突っ込みたくなった^_^;
後、童貞君の妄想話に終わらず、物事の裏側を描く辺りは好きだな。

 

《12話》

 別れていた時の話とはいえ、ヴェロニカは自分が大嫌いなマディソンとローガンが寝たことを知り、頭の中にマディソンとローガンがベッドインしている姿を想像してしまい、悔しくて目が覚める有り様。
そこで、ウィーヴィルを使い、マディソンへの報復を決意したヴェロニカ。ボニーを妊娠させた上に、中絶薬を飲ませたのは誰かを探す合間にマディソンのことを調べ、高級車を破壊しようとするが…。

《感想枠》

 ボニーの父が教会の牧師だったこともあるのか、ヴェロニカはマディソンの車を破壊するのはやめてしまった。高校時代のヴェロニカなら躊躇うことなく、報復しただろうに。ウィーヴィルに丸くなったことを皮肉られる始末。
誰彼構わずにやっちゃうローガンとはいえ、相手がマディソンなので、さすがのディックでもあきれ顔。でも、お前みたいな猛獣は元カノに手を出されたからって怒るタイプじゃねーだろ( ̄▽ ̄;)

 後、妊娠を装おった真犯人にあっさり薬を処方してしまう産婦人科ってアホか。と突っ込んだら負けなのはヴェロニカ・マーズの脚本のいい加減さか(;´_ゝ`)
それから、3rdシーズンの序盤で、ウィービルを犯人扱いして怒られたのに、そいつに窃盗と破壊工作を頼むなよ…(^^;