5月前半に更新するはずが、スマホ故障、パソコンの文字打ちも使えないわで後回しになっていた。ようやく更新。

 

《5話》

ルーク = サム・ハンティントン(ローガンの遊び仲間)

ローレンス・バンデグラフ = ウィル・ロバーツ(トロイの父親)
レベッカ・ジェームズ = ポーラ・マーシャル(スクールカウンセラー)

 ローガン、トロイ、ルークらはメキシコのティファナへ。帰りに寄ったダイナーで車を盗まれてしまい、トロイはヴェロニカを呼び、迎えに来てもらうことに。同時に車はトロイの父の物で、勝手に使った事がバレるとカトリックスクールに入れられてしまうのて、車を捜して欲しいという。さらにルークからは車の中には密輸したステロイドがあるので、これまた捜してと頼まれる。
ヴェロニカは父キースを使い、車に取り付けてあるビーコンを作動させてもらい、場所を特定したものの、何とビーコンは犬に付けられていた。調査は振り出しに。そこでウィーヴィルに頼むと、既に車は解体され、中にあったステロイド入りの人形も売られているという。

 そんな中、車が見付からないとマズイはずのトロイの様子がおかしい。キースが調べると、トロイには薬物で退学歴があったことが分かる。車を意図的に売ったのはローガンやルークではなく、トロイだったのだ。
トロイ役のアーロンはこれで出番が終わりかと思えば、2ndシーズンにも登場する。でも私は誰だか忘れていたがw
後、キースは独身とは言え、娘のカウンセラーと付き合おうとするなど、鬼畜だな。

 

《6話》

ワンダ・ヴァーナー = レイチェル・ロス(元チアリーダーで、生徒会に立候補した。チクリ屋)
マディソン・シンクレア = アマンダ・ノレ(チアリーダー)

ドナルドソン = ジェーン・リンチ(選挙を管理していた先生)
マロリー・デント = シドニー・ターミア・ポワチエ(新任の黒人の先生)

サックス = ブランドン・ヒロック(髭の保安官)


 学園内は生徒会選挙の真っ只中。表向きは学校に貢献した物に配られるパイレーツ・ポイントだが、結局は金持ち連中が金で何とかしていたため、ワンダ・ヴァーナーはそれを止めさせる目的で立候補する。一方、ダンカンはローガンの悪戯により、生徒会長に立候補されてしまう。しかも紹介のVTRにローガンの父まで使う汚さ。
ヴェロニカはかつてチアリーダーだったため、気まぐれな元カレよりもワンダに肩入れするが、生徒会長にはやる気がなかったダンカンが当選し、投票結果を怪しむヴェロニカは投票用紙を調べる。ワンダを嫌うマディソンの仕業により、金持ちが多いクラスとそれ以外のクラスで候補者の名前が逆になっていたのだ。

 その後、ワンダは「チクリ屋」というビラを学園中に貼られ、金持ち連中からの嫌がらせかと思いきや、ウィーヴィルのバイカー仲間がワンダに密告され、社会奉仕をさせられたと知る。そこでヴェロニカがワンダに罠を仕掛けると、案の定、保安官のサックスがやって来た。
改めて決選投票したが、結局はダンカンが生徒会長に。ヴェロニカにとってはどちらが当選しても後味の悪い結果に。

 一方、ローガンはホームレスらを使い、路上でボクシングしている姿をスクープされ、父アーロンが怒る。奉仕活動をし、マスコミにアピールするものの、嫌味なローガンが逆襲。「父がこの施設に50万ドル寄付します」と言ったため、家に帰った後、太いベルトで父からキツイお仕置きをされてしまうが、母リンは見て見ぬふりをする始末。
話は変わり、リリー殺害事件から1年が経ち、リリーの夢を見て魘されるヴェロニカ。ある日、テレビを見ていたら、ヴェロニカか落書きしたリリーの靴をクーンツが持っていたのはおかしいと気付いた。

 6話でヴェロニカの天敵マディソン登場だが、この時点ではそんなナレーションはなかった。改めて見てみると、アーロンの闇の部分は序盤から伏線があったんだなと。他、トロイがいなくなり、ダンカンとローガンの取り巻きがディックに。
後、ワンダ役はレイチェル・ロスって「フレンズ」のアホ2人の名前が組合わさってるじゃん。地方だし、BSもない時期あったから、ヴェロニカもフレンズもDlifeで初めて見たので、この時点では何とも思わなかったよ(^^;