マキタスポーツが変態童貞かつホモの気がある喫茶店のオヤジ役をうまく演じており、夏帆が処女ヤンキーのオナニストというトンでもない役で序盤はパンチラしまくる。真野恵里菜は東京から来たカマトト娘で、本心はどす黒ことを考えてる役。元祖本番女優の愛染恭子パンツ出すオバサンとして、オチに使われるのには笑った。
オナニーって単語が飛び交い、「絶対にアタシでオナニーしてるよな」って台詞はエグいね。他、裸でワープする先輩がいたり、テンガがちりばめてたりするおバカドラマ。でも、後半は宇宙人侵略を止めるという真面目な話にスライド。
「ヴァンパイア」といい、ノリが古いけど逆にその方がアホらしくていいかもね。あだち充の打ち切り漫画で超能力のあったの思い出した。直ぐに終わったけど。

 真野恵里菜が可愛いなと思ったが、元ハロプロの子か。ハロプロは昔好きだったな。さらに検索してみたら、関連ワードに「在日」の文字が。そういや、韓国人疑惑の子だったのね。数年前のTwitterでの騒動を思い出したよ。
藤本美貴(元祖ミキティ)がそうだし、ハロプロ系はそっち系の噂ある人いるよね。他にも「何でこの面子に?」なんて子がゲストに出てる時あるけど、検索すると韓国系だったりするんだよね。

 まあ、韓流ブーム以前から芸能界はそういうところなんだろうけど。それだけにブームの頃は韓国系である事が誇らしかっただろうね。帰化した人もいたし。逆に朝鮮系を隠さなくなり、調子乗り発言が度を越していた人もいたし…。
今は日本人のモラル崩壊も酷くなってるとはいえ、まだまだ朝鮮系の厚かましさには負けるよねヽ( ̄▽ ̄)ノ

 後、染谷将太の役は私の同学年の奴の若い頃に見た目が似てる。色白でオタクで。ただし、そいつ自身は社交的だったけど(^^)

 

《4話》

 憧れの子の処女なのか?、乳首はピンクか?と気になっていたら、「ヤリマンは黒い」と吹聴され、大騒ぎ。透視能力を持つエスパーがピンクだと透視し、ばか騒ぎする話はウケた(実際には透視出来てなかったが)。