将軍家光の乱心

 実際にあった家光と忠長との家督争いを元にしたアクション作品。精神に異常を来した将軍・家光(京本政樹)は、「自分に似てないから」という理由で、嫡子・竹千代(家綱)を殺害を依頼し、次男に後を継がせようとするが、竹千代は凄腕の石河刑部らに守られる。生意気だった竹千代は、旅を続ける内に逞しくなる。
黒沢明の「七人の侍」のオマージュっぽいが、各俳優陣の演技も何をしたかったのか理解に苦しむ安っぽさ…。B級映画って感じがする。いや、それ以下だな。やることは派手なだけに、とにかく呆れた。

 

火天の城

 武田軍を長篠・設楽原で破った織田信長(椎名桔平)から、安土に巨大な城を築くために依頼を受け、木を手に入れるため、わざわざ敵地である木曽へ出向いた宮大工の岡部又右衛門(西田敏行)。その一方で妻・鶴(大竹しのぶ)の死に目に会えず。
映画だけに豪華なCGとセットは見所があったが、吉本勢がいい役貰ってたりして、逆に笑ってしまった。役者を沢山使っている割りには、全体的に話が地味と言うか、盛り上がる部分がほとんどなかったのは論外。