・必殺仕事人2007 《 07年7月7日》

 殺された恋人(原沙知絵)の子供を育て、料理屋をつぎ、その無念を晴らすために仕事人になった脚本なのに、ドラマ版の2009では、その大倉忠義があっさり降板。水川あさみの設定もどこへやら
今回の松岡昌宏の役は、毒で相手を殺していた。毒だと佐野史郎の殺される芝居がいかされず。

 後、はぐれ刑事の姉役の松岡由美が殺される役で出てきた。

 

・必殺仕事人2010 《10年7月10日》

 ふく(中越典子)に妊娠の兆候があり、こう(野際陽子)は後継ぎが出来たことに喜ぶ。しかし、渡辺(東山紀之)は裏稼業の人間が子持ちになることを危惧する。
しかし、ふくの妊娠は勘違い。原因はただの食べ過ぎだったというオチ。

 藤田まこと死去により、内藤剛志が加入?
かと思ったが、ゲストキャラだった。

 

・必殺仕事人2012 《12年2月19日》

 高橋英樹が長いキャリアの中で初の悪役を演じた作品で、他のゲストキャラで剛力彩芽が出て来たが、剛力の演技がアレ過ぎて、見るのをやめたくなった。
とはいえ、最終的には色々なゲストキャラがいて退屈しなかったけど。

 

・必殺仕事人2013 《13年2月17日》

 忙しかったのか、田中聖は辻斬りにやられる役でほとんど出番なし。藤田まことが死んだので、今回の助っ人の仕事人には中村獅童。現代の辻斬り役は里見浩太朗。手術出来ない医者の役は渡辺大。里見は前作の高橋英樹に引き続き、初の悪役を演じる。
渡辺大は親譲りの目付きの悪さがあるため、やられ役にピッタリだな^_^;

 

・必殺仕事人2014 《14年7月27日》

 田中聖が例の解雇騒動のために出演せず、代わりに知念侑李が新たな仕事人の仲間入り。

 ストーリーは涼次が寺の居候となり、揉め事の仲裁などをしていたが、対立は悪化する一方で、住職(長島敏行)が村の名主の源兵衛(堀部圭亮)に刺されて死んでしまう。
復讐は止めろと釘をさされたにも関わらず、実の子のように育てられた隆生(りゅうせい)は仇討ちをするため、おつう(佐々木希)と一緒に源兵衛を追うというもの。

 ここ数年のと比べて、今回は悪くなかった。仏門に関わる者が復讐のため、闇の仕事人になるという人間臭さが良かった。

 

※カテゴリー細分化する予定なので、記事をここに統一