2日、サイラス・アブリコリフが29歳で亡くなる(144年の酒場の主)
5日、セリーヌ・コルサが21歳で亡くなる(学校の先生で、ミラベルの母)
8日、イグナシオに第1子が誕生(パオリーナの弟)
9日、ドミニカ・カイダルとニックス・デ・ルシアが結婚(ニックスはユアンとブルネラの子)
10日、ミラベル・コルサが出産(セリーヌ先生の娘で、旦那はステファニーの子)。ケイト・ビシオゾが結婚(ポールの妹)
11日、デイジーが18歳で3女を出産。デイジーの子ジュニアータがルシオ(元アスター神官)と結婚
17日、エーヴリル・プライズが亡くなる
27日、ガブリエル・エーミスが23歳で亡くなる


酒場の主 イグナシオ・ヴォークス
シズニ神官 パトリッツィオ・ガイダル
アスター神官 ホゼア・テュラム
カルナの乙女 オーガスタ・キング
イスカの乙女 リンダ・カトルーフォ

 

34d3edc5.jpg-s

9db1b665.jpg-s


 次女も長女と似たような顔になってしまった。今回は顔の遺伝ってあるんだね。子供が帰って来ないと、一緒に帰れるのも良く出来てる。
でも、夜中なのに「まだ(帰らない)」と何回か拒否されたのは困る。不審者を気にせず、深夜まで遊べるのはゲームだからいいけど。

 私もそうだし、ルイーサも朝型まで家に帰らないタイプではあるが、あんまり帰宅しないと探しに来るのがいいね。これがあることで帰宅する気持ちになれる。
本当は引っ越す予定だったのに、世帯主がルイーサのために引っ越せず。エナ地区は活気がないし、遠いから嫌なのに。

 そのルイーサ。私よりも1つ上の14日で14歳なので、顔が老けてしまった。眼鏡を掛けて、おばさんパーマみたいな髪型にすると、数年前に亡くなったセラさんと同じ顔…。
同じ顔でも髪型で誤魔化せるんだなと。ルイーサは老けても余り顔変わらなくて良かった。

535c6ea3.jpg

e0adf117.jpg


 円卓会議と奥義。奥義はエーヴリルの旦那に似た顔のロング(リンダの父)に習った。

4ac6c4d0.jpg


 いつもエントリー忘れる大食い大会に初参加してみたが、エステラに敗れる。ディエゴが来てないから、4人での戦いだったのに残念。

 

・プルトからの移民

ab9f1681.jpg


 今年は移民として、プルトでやってたデータを移住させてみた。名前はローガン・エコールス(ヴェロニカ・マーズのローガン)で、性格はマザコン部分をクローズアップした所為か、優柔不断に。
何年もイスカの乙女のままのオーガスタを口説くことを期待したが、恋人いないまま年を追えた。

 

《知人たち》

 何年も話し掛けても知人どまりで「良く会いますね」 → 「そうだっけ?」と首をかしげられるのに腹が立ち、4〜5年以上前から話してた記憶がある数名を会話攻撃の刑に処したw
結果、メルセデスなど目的の人が友人に昇格したところで冷静に過去を振り返ってみると、お気に入りは何回も話し掛けるのに対して、それ以外は1日に1回か2回で会話終わってたし、良く考えたらそんなんで仲良いと思われる訳ないなと。
去年、ドミニカがあんまり展開早いのが参考になった。勿論、相性もあるんだろうけど。その一方でルエラらとは疎遠に。

3f9aac4f.jpg

0179e7dc.jpg


 今年はイグナシオ、デイジーの次女ベリルと親友になってみたが、ベリルとは彼女がまだ結婚してないのに親友になれた。ラーゴ一家とはルイーサに会うついでに良く会話してたし、子供の頃からの会話の蓄積があるのかも?
ラーゴ一家は旦那以外はみんな飲み屋が大好きで、日替わりで誰かしらに飲みに誘われるが、彼女らは魔術師の家なので、恐らく朝までには自分んチに着かないはず(^^;

 

《結婚式》

5f2a9599.jpg

33d0c35f.jpg

ca9b8ea5.jpg


 ケイトはポールの妹で、イゾッタやポール一家に会いに行くときについでに話し掛けてた子供だけに感慨深いね。去年、成人したばかりなのに、もう結婚式か。はやっ!
私と仲良くなるの早かったドミニカも嫁入り。

8b2bb12e.jpg

a2e27f55.jpg


 一方、ディエゴはオーガスタとジュニアータと二股していたが、そのジュニアータはルシオと結婚。さては、結婚前に他の人とアバンチュールかな?
ククリアはみんな顔が同じため、最初は誰かと混同したかと思い、確認してみたが間違ってなくて安心した。

 ルシオとディエゴはふっくら系の顔なので、ジュニアータの好みはぽっちゃり系なのかなと。美女とポチャか。現実でもあるね。

 

・出産

c1ea09cf.jpg


 イグナシオは妻のメリンダが子供を産み、自身は酒場の主といいことづくし。

  

《神官と乙女の職業》

 好感度が上がらない設定なのか、1日に数回の会話だけでは中々、友達になれないため、結婚までが遅い印象。初代アスターのルシオはようやく結婚か。私もルイーサとは時間がかかったし、直ぐに知人に戻るため、セラフィーナとも仲良くなるのが大変だった記憶が。
だからこそ、マメな相手が恋人じゃないと還俗出来ないまま、何年も神官や乙女やってるんだなと。カルナは早いが、イスカは結婚出来ないね。

 ルイーサとセラフィーナは移民で、パオリーナとミラベルは最初は子供だったから、幼なじみの場合は子供の頃からの好感度が蓄積されていたため、それぞれの相手と早く結婚出来たのかなと。

 

《葬式》

a2dae9f9.jpg

7ea839a5.jpg


 社交的な親友のエーヴリルの見舞い客は物凄い数だった。旦那が先に死に、子供がいないため、何故か喪主はケイト。ゲームだけど、いつも会話していた相手が居なくなるのは寂しいね。
一方のセリーヌ先生は孫の顔を見ることなく死んでしまった。お見舞いには沢山の人が足を運び、出入りが激しかった。

dd73f07a-s.jpg

8beb6390.jpg


 サイラス、ディエゴらの父ガブリエルらも天国へ。