1試合が15分から20分で終わるため、手軽でいいなと思いきや、でもやっぱり負けると悔しくて、ついつい何試合もやりたくなる辺りは良く出来てる。
この記事を書くにあたり、過去のスタメンなどを研究し直した。

 

対ダイエー 1回戦 4-5

勝 西川 1勝
セ ゴセージ
敗 小田 1敗
本 清原 3号、伊東 1号

 1回と5回に小田が捕まり、高山にスイッチ。高山、西本と安定していたが、対する西武は5回と6回のチャンスを物に出来ず。清原のソロ、伊東の2ランホームランなどで1点差に追い付くも、ダイエーの守護神ゴセージを崩せず。
9回にはセカンドに入った苫篠兄がエラーしたが、このゲームは守備力Cでエラー多すぎだろ。本当に薗部はアホなんだから。

 

対ダイエー 2回戦 






 5回に郭が捕まり、松沼兄へスイッチ。試合は同点だったが、田辺のエラーで逆転され、ついリセットに手が伸びてしまう。

 

対ダイエー 2回戦 5-7

勝 山内 1勝

敗 高山 1敗
本 清原 4号、羽生田 1号、広永 1号

 石井丈裕の先発で仕切り直し。5回に石井、7回に潮崎が捕まるが、その裏に相手のエラーで1点差とし、9回へ。
9回には伊東がヒットで出塁し、代打デストラーデがかっ飛ばし、1塁3塁のチャンスとし、2アウトのフルカウントから平野が同点タイムリーを放ったものの、10回の表に高山が広永にツーランホーマーを浴び、敗れる。

 

対ダイエー 3回戦 7-1

勝 工藤 2勝勝

敗 藤本 1勝1敗
本 清原 5号

 5回に伊東のタイムリーで2-1とし、ラッキーセブンには伊東、平野、秋山にタイムリーが飛び出し、最後は清原のホームランでとどめをさした。
楽勝ムードとなり、工藤を7回で下げ、残りの2回は西本を登板させた。