対ロッテ 1回戦 11-7

勝 工藤 1勝

敗 小川 1敗
本 清原 2号、ディアズ 4号、デストラーデ 1号

 2回にDH安部のタイムリーで先制し、3回には清原のツーランが飛び出し、9回には清原の走者一掃のタイムリー、代打デストラーデの今季初ヒットがホームランとなり、大勝ムードかと思われたが、投手陣が捕まる。
工藤の後、試運転に松沼兄、潮崎と出したまでは良かったが、9回に小田を出しのが誤算となり、6失点。結局は鹿取が締めるハメに。

 両チームとも9回に爆発し、西武は7点、ロッテは6点とビッグイニングとなる。潮崎、鹿取で締めとけば良かったのに、色んな選手を使おうとしたのが失敗だった。

 

対ロッテ 2回戦 3-1

勝 渡辺久 1勝1敗
セ 潮崎 1S
敗 荘 1敗
本 デストラーデ 2号

 本来なら渡辺智の登板予定も、エースナベQを起用。スタメン復帰したデストラーデのホームランで先制したものの、8回ツーアウトからナベQが捕まり、潮崎が火消しした。

 

対近鉄 3回戦 3-1

勝 西本 1勝
セ 鹿取 1S
敗 前田 1敗


 渡辺智と前田幸長の投げ合いはロッテリードのまま、9回へ。田辺の内野ゴロの間に先制したが、渡辺智が踏ん張れず、裏にロッテに追い付かれる。今季の西武、初の延長となった。
延長では今度はチャンスに田辺が2点タイムリーを叩きだし、勝利。西本でも良かったが、鹿取で締めた。