10話では、養子縁組が決まったチャンドラーとモニカ夫妻だが、仲間の前では「落選した」と嘘を付き、これまで総集編みたいな回があり、12話ではストリッパーを呼び、はしゃぐ女性陣だったのに、来たのは年取った小さいおっさんでガッカリ。
ラスト手前の16話では、引っ越すために荷物を片付けていたら、手錠が出てきて、モニカが元カレとそんな過激なプレイをしていたんだと嫉妬するチャンドラーだったが、実はこれはモニカのお祖母ちゃんのだったと判明。

 

・ロスとレイチェル

 以前から視聴者をヤキモキさせる付き合い方をして来たロスとレイチェル。レイチェルはジョイと付き合い出すが、友達から恋人になる感覚が分からず、中々、身体の関係に踏み切れない。
そんなレイチェルに転職話があり、パリに行って欲しくないロスはあの手この手で転職を阻止しようとするが、レイチェルはみんなとの決意。自分にだけ挨拶がなかった事に憤慨するロスだが、レイチェルがロスの事を大事でない訳がなく、別れの日に二人は一夜を共にする。

 だが、レイチェルは飛行機に乗ってしまう。諦めないロスはフィービーに運転して貰い、空港へ。空港を間違い、危うくレイチェルに会えなくなるところだったが、間一髪で間に合ったものの、レイチェルは飛行機へ乗り込んだものの、引き返し、ロスとよりを戻す。

 

《簡単な感想》

 前々からロスとレイチェルが恋人同士になって欲しかったので、最終回の終わり方は納得の行く形で終わって良かったなと。正直、途中で飽きていたけど、最後まで見てよかった。
あわよくばギャラが上がりすぎて、打ち切りにならずに、この話の後日談を見たかったなと。

 

《ゲスト》

 12話に「グレイズ・アナトミー」のエレン・ポンピオ、15話にはジェーン・リンチが出てきた。