浦和の話しは浦和用の日記に書いたのでおいといて、実は他にはベガルタ仙台のサポーターでもある私は、「仙台、降格」の情報を聞いて泣きそうでした…。
今年の仙台は浦和の呪われた99年に似ていた。主力クラスが次々に解雇され、揚句の果てに監督解任。清水さんが続けていればこんな事態は免れたのでは?99年の浦和も若手を熱心に育てていた原氏を解任しなければ…。

 勝ち切れないチームにベルデニックが就任した時点で、既に降格への道が見えてしまったような気がしてならない。それよか、フィジコよ怪我人続出した責任を取りなさい!
中々、動かなかった(補強など)フロントも辞任だ!しかし、来期はレンタル選手や主力が退団するとして、どうやってJ2を勝ち抜いて行く気なんだろうか?このままJ2の仙台になってしまうのはごめんだ。