岩瀬健
1975年7月8日生まれ 蟹座のB型 千葉県出身

 96年、負傷のバインに代わって10番を付け21試合に出場。しかし、原体制ではベンチ入りが一試合のみと寂しい内容。
99年からは同じ埼玉県内のJ2大宮(NTT関東)に移籍。ボールコントロールや、ゲームメークが得意なMFとして活躍したが、02年に大宮退団後の所属チームは不明。コーチ転身か?

 

大柴健二
73年11月19日 蠍座のO型 山梨県出身

 野人・岡野と似ている事から野人2号と呼ばれた。98年、怪我がちだった福田に変わり14得点をあげたが、ゴール前まで持ち込むのはうまくとも、シュートが雑な為、ファンのブーイングの的となる。但し、能力的には優れた選手。
01年には、C大阪に移籍。対浦和戦でゴールを決めたが、それまではチャンスにシュートを外しまくっていた選手が、古巣相手にゴールを決めた事からひんしゅくを買った。

 ネット上では「飼い犬に噛まれた」などと軽い騒動に。その後、C大阪→柏→横浜FCと渡り歩いたが、現在は所属なし。妻の実家が大工なので、稼業を継いだという噂。

 

桜井直人
1975年9月2日生まれ 乙女座のA型 埼玉県出身

 99年の原構想から漏れ、シーズン途中で移籍した選手だが、それまで出番がなかったのが嘘のようにV川崎で大ブレイク。主力が続々と怪我で離脱し、まさに呪われた年となった浦和にとって、他チームで活躍する桜井、堀、杉山等の放出を悔やんだ。
現在はリハビリ中だか東京Vにとってかかせない選手に成長。

 

土田尚史
1967年2月1日生まれ 水瓶座のA型 岡山県出身

 Jリーグ創設時は怪我人が続出し、DFが崩壊した浦和。そんな状況の中、気迫溢れるセービングでチームを何度も救った。土田の好セーブで何度チームが救われたか分からない。
日本代表入りも視野にあった95年、怪我をしてしまい、以後は怪我から復帰して来た田北にゴールマウスを譲った。

 ようやく怪我が癒えた97年は1学年下の田北と凌ぎを削り、原監督は調子の良い方を起用し17試合づつ出場した。その後、徐々に出番は減り、00年限りで引退。以後はチームのコーチとして活躍。

 

本間幸司
1977年4月27日生まれ 牡牛座のA型 長野県出身

 99年に出番を求め、当時、JFLの水戸ホーリーホックに移籍。彼もまた新天地でレギュラーポジションつかんだ一人。今では、水戸の背番号1と言えばこの人。