これは、私の記憶だけに頼って書きました。よって、多少の間違いや、文章の構成上、移籍の順番や監督交代の時期の順番が異なります。


 名門三菱コト『浦和レッズ』のJ1復帰を祝い、私なりにこの2年を振り返ってみたいと思います。
去年は最終戦、試合には勝ったのにも関わらず最終的な得失差1に泣いた屈辱のシーズンに終わりました。思い出したくはないですが、永遠にこの出来事は忘れてはいけません。

 99年の浦和は開幕前に優勝候補に上げられながらも、勝ちに恵まれず順位を下げるばかり。大学ナンバー1ルーキーと言われた盛田を軸とする4-3-3のシステムが不発だったのが第一の原因でした。
そして呪われているかのごとく、次々に出る怪我人。それにも関わらず、補強すらしないフロント。スタメンには、聞き慣れない名前が並ぶ。メンバーを落としても、負けはしないが勝てない。引き分けばかり。

 シーズン後半、やっとことの重大さに気付いたフロント。他チームで出番を失っているが、即戦力として申し申し分のないV川崎(東京V)の中村(忠)、横浜FMの路木、名古屋の中谷を獲得して来ました。
さらには、オランダ(アヤックス)から岡野、そしてドイツにレンタルされていた永井を呼び戻しました。

 そして、最後の切り札としてウルグアイ代表のピクンを獲得します。しかし、一度狂った歯車は中々、直らず、ついには原監督に責任を押し付け解任。
後任にはア・デモス氏を就任させます。しかし、この彼は原監督ほどの指導力はなく疑問の残る、采配を繰り返す。
追い打ちを掛けるように、ピクン、中谷が怪我までがリタイアしてしまいます。

 それでも、市原、平塚と降格争いのライバルを破り残留が見えて来たはず...でした。ラスト前の対戦相手はヴェルディ。88分すぎまでリードし、このまま勝てばJ1残留濃厚でした。
しかし、北沢に同点弾をたたき込まれてしまいました。99シーズンに何度もやられていた勝利目前でのゴール。詰めの甘さをここまで来ても露呈。

 結局、試合は同点のまま引き分け。そして、運命は広島戦へと待ち越されます。