・大爆笑!人生劇場

 やたらと長い1作目だが、コンピューターのターンをレトロフリークで早送りしまくるとあっさりと終わった。やはり、長いゲームながらも友達とペチャクチャ喋りながら遊んでいたのが楽しいのであって、飛ばしまくると何も面白くないなw
私のキャラは序盤はサイコロの出目が悪く、ずっと4位で、体力もなかったが、老後のマスで油田やら事業拡大に成功したとかで、最後は資産額1位となった。子供の頃はダメでも大人になってから、いくらでも逆転出来るのはいいね。

 エンディングみたのはいつ以来なのか。ほとんど記憶にない。1作目はシュールな展開と、「あなたのおさきはまっくらよ」などブラックなテキストが好きだ。

 

・おばけのQ太郎 ワンワンパニック

 ファミコンのだと途中でセーブ出来ないため、3面までしか行ったことないが、「うまく進めたらセーブ」を繰り返し、今は5面まで進んだ。基本的に昔のファミコンソフトは、裏技なしには進めないわなと。