昨年度、江夏、平野、佐藤が抜け、戦力的に厳しい夏の甲子園県予選は3回戦敗退。初戦、B評価のチームとあたり、終盤まで負けていたが、スリーランでまずは1点差。あとは地方球場の魔物を使い、なんとか勝利。2回戦は楽勝。5回、コールドゲーム。
3回戦は、7-6で最終回まで行ったが、ワンナウト1、3塁と打ち込まれ、同点に。以下は、満塁策で切り抜ける。10回裏、嫌な予感がし、1球外そうか迷ったが、初球でサヨナラホームランを浴びて、敗退。

 今年度のチームの総合評価はBだし、こんなもんかなと。このまま行くと、来年度も厳しそう。

 

 秋の大会は、総合評価Eのチームに対して、初戦敗退。こっちもD程度だから、こんなもんか。いい選手いれば簡単だが、まあこの辺は良くできてるね。終盤に2番手投手がパカパカ打たれてガッカリ。今回の数値以上に投手弱すぎて、びっくりするなー。
最終回に魔物を使って追い上げたが、最後は相手のサードがエラーせずに終わってしまった。セオリー通りに転がしたのに。