夏の大会前のチーム総合力はC評価だが、2年連続で甲子園出場が決まる。内気はいても、「魔物」が出ず、それでも地区大会ではそんなに苦戦することもなく、あっさりと優勝した。
終盤になると、クローザー方式を採用し、2番手、3番手投手を抑えにしつつ、万が一、打たれてもいいようにエースは外野に回した。ショートが弱点なので、最終回は守備力ある方と代えつつ。

 2年生の内野は、新入生のときに4人ともメインポジションがショートだらけのためか、数年後のために、コンバートしまくったが、それでもショート出来る選手が育たなかったのは残念。
今は外野手の控えをショートにコンバートするか、弱い相手の場合は3年生でショート出来る奴をそこに回してる。

 

 危なげなく、甲子園優勝。メンバー的には、江夏、平野、佐藤、梶原がいた頃の方が数値は上だったが、初戦、2回戦はこのためにショートにコンバートしておいた蓮見が打ち、快勝。以後、特に苦戦もなく、ベスト8と準決勝では、控え投手全員を投げさせる余裕もあった。決勝もエースを先発にし、抑えは2番手投手であっさり勝つ。
2大会振りの夏の甲子園制覇の後は、春の優勝を狙い、秋の大会へ。これまでたまにレギュラーで出ていたモデルありの井上がキャプテンで4番となる。

 地方大会だと相手にならず、終盤に控えを出す予定が、コールドゲームで終了。東北大会は初戦で敗退。またもチャンスに打てない。春夏の甲子園制覇ならず。そろそろ、他の地域でプレイしたいところだったが、残念。
1〜2年生なので、「魔物」が発動せず。ただ、いつもながら、魔物ないとこんなもんだろう。今回は簡単なので、楽に強い選手作れていいけどね。

 

《コンバート》

 入学した年の5月に、まずは1年生の全体のポジションを見て、3年生がいなくなったときに、足りなくなるポジションへと、全体の数値が低い選手をコンバートする。
ただ、あとから対戦などで使うことを考えると、複数のポジションが出来ると助かる。調子悪いと他を回せるので。