夏は地方大会3回戦で散る。総合評価はCで、メンバー的にもこの数年よりもさらに落ちる感じであり、2番手、3番手投手出しても初戦、2戦目で既に負けそうな感じだった。
そこで、さすがに3回戦にはエースを出したが、5点取られ、打線も沈黙。最終回に、1年生の時からちょこちょこ出ていた大河内がソロホームラン打って、1-5で終わり。

 今年度は占いを何回もやったが、内気にならず、こんなもんだろう。基本的にリセットしない派なので、このまま終わり。一方、秋の大会は初戦を何とか勝ったあと、2回戦では9回表ツーアウトランナー1塁3塁で、何でもセカンドゴロで終わり!

かと思ったら、相手が悪送球し、まさかの同点に。しかし、その裏、エースが打ち込まれ、控えを出したものの、打ち取った打球はショートのエラーでサヨナラ負け。相手のエラーに助けられたあとは、味方のエラーに泣く。

 春の甲子園制覇して、地域変えたかったのに、またまた無理であった。総合評価はDで、打撃だけ良くても守備がE〜Fじゃ勝てない。