Mind Circus

雑記

カテゴリ: Diary

 某老舗の3代目が家を潰した。親は県内のトップの学校で、90くらいの年齢にして、慶應義塾出ているが、3代目はただのタバコ臭いただの人。商売やっているクセに、愛想もない。60過ぎているとは思えない。
この人間だと店を潰すのは当たり前のように思えるが、社会の変化もあり、昔は良く売れたものも、今では売れなくなるのは仕方のないことである。

 60過ぎのこのバカ息子は今はコンビニでアルバイトしているらしい。そういや、前から配達の仕事をしていたし、本業ではやっていけなかったのだろう。一方、同業者である某嫌みな近所の夫妻は今も連綿と続いている。
だから、皆さん!前にも似たようなことを書いたけど、中年のコンビニアルバイトを見てもバカにしてはいけないよ。明日は我が身なのだから。

 近所のGEOやTSUTAYAだと置いてない作品があったり、レンタル安い日は争奪戦になるので、面倒になり、始めたポストレンタルだが、技を発見した。日曜日の昼までに郵便局のポストに入れれば、僻地からでも次の日の朝には埼玉県のセンターに届く。多分、日曜の郵便局や市役所のポストの分は列車に乗せて運ぶのだろうね。
他の日だと基本的には早くて2日。届いてるはずなのに、1ヶ月の分のが終わり、借り放題になると3日かかることとあった。

 先月はサイクルかなり早くて、1ヶ月に16枚目いけるか?と思っていた矢先、豪雪となり、何日経っても届かずにあきらめた。まあ、こういう時はレコーダーの録画消化と割りきった。
最初は店頭だとないようなDVD借りてたけど、夏から秋にかけて欲張り過ぎて、見きれなくなり、目が痛くなったので、CDに切り替えた。これにより、CD買う金が浮いたため、SONYのa30シリーズ買ったり、オンキヨーの値崩れを買う余裕が出来たと。

 その代わり、インドアおじさんになり、太ってしまった訳だが、コツコツ動くことと、豪雪により、また痩せて来た。

 ウェブの日記を書くのはさるさる日記から数えて、丸18年。今年から19年目に突入していた訳だが、更新するの忘れていた。今はTwitterすらほとんど使っておらず、昔ほどblog更新しなくなって早数年。一応、まだblogは止めない・・・はず。
今でもInstagram、顔本などアカウントだけは持ってるが、ほとんど見るだけとか、同窓会用のでしかないからねー。つくづく思うが、今の若者がやっているようなことは既に18年前にやっていた訳で。

 もう少し若ければYouTubeやってただろうなーw

7b1e1ee3.jpg


 職場には去年と同様に和紙のカレンダー。

cc567911.jpg


 年明けにDAISOへ行ったら、浮世絵のカレンダーがあったのでゲット。

93cdc421.jpg
 ケーキはセブンイレブンのを予約したもの、チキンは近所のスーパーの1,080円の。親しい連中、何人かでのミニイブであった。

Twitterのつぶやきのまとめ。

 ヤフオクを見ていて思い出した。その昔、従兄弟が自慢気に見せてくれた「始祖ジュラ」。裏を見たら、ロッテならぬ、ロッチのパチもんシールだよってバカにした出来事が頭に浮かんだ。私の回りにはロッチで交換する不届きな奴はいなかったはず。
この辺は小学校の同級生が10人もいないような小さな集落と、一応は田舎でも町に生れた私との差がはっきりでた感じだった。後、私と従兄弟では2学年違うため、2つ違う差もあったのかなとは思う。今では彼の頭の良さには勝てないけどw

 そんな私と言えば、駄菓子屋には「おどろきまん」なんてシールがあり、知らずに買って何枚か持っていたな。ビックリマン、今でもファミコンのソフトやるけど、シールは今思えばなんであんなに集めていたかわからん。
駄菓子屋のパチもんだろうが、奇面組のシールみたいなのも持ってた記憶が。パチもん商品って、今だと即告訴されそうだけど、昔はおおらかな時代であった。


80ee0f52.jpg


 早すぎる気もしたが、いつの間にか買わないでいると売り切れることもあるので、早くも来年のカレンダーを買ってきた。面倒なので、今回は3年間使える卓上タイプにした。

 東北地方のGEOはレンタル安い代わり、誰かに借りられていたり、見ようと思っていDVDが見当たらず、探したけど見つけられないことが何回かあり、若い頃だとパッと見つけたものもやっぱ老化もあるのかなw
後、GEOの棚もレンタル回転率悪い奴はいつのまにかなかったりで、前々から多少高くてもネットで借りて、ポストに返そうかなと何度か模索していた。

 そこで無料期間を使い、借りてみることにした。夜に予約したものは、次の日の昼頃にはポストに入っていた。ディスクの傷が気になったけど、普通に見れたし、今後は店頭にないようなのを中心に借りてみようかなと。

43164ee0.jpg

cf05355e.jpg


 和紙で作ったDAISOのカレンダー。いつも世界の風景とか、犬、猫の奴が多かったので、たまには和のものにしてみた。

 

62a16184.jpg


 こちらは定番。世界の名所。

※Twitterでの呟き+α

 幼稚園の頃の文集を開いてみた。昔は一家に車1台って感じの時代で、まだ車の免許ないお母さん達も多く、さらには商店主としてご飯を食べていた家庭も多くて、家の中で育つ所為か、各家庭のエピソードに、
「玄関前で泣かれ、行きたくない」、「何で、園に行かなきゃいけないの?」となっていたのに笑った。私もそんな1人に過ぎなかった。

 それがだんだん、園に馴染み、友達が出来ていった。今とは違って、子供が多い時代だけに色んな子と遊んだ記憶がある。今度は園に慣れて来た年長組の年、
今は亡き私のお祖母ちゃんが、「母親(育ての親。祖母は姉と年子のため、親戚に預けられていた)に孫を見せる」と言い出し、東北自動車道もまだない中、叔父の運転で親戚の家に連れて行かれたことがある。
当時の私はすっかり休まなくなっていた頃で、その2日の休みを気にしていた。

 

・誕生日

 年少の頃、みんなが5歳になっていく時、私はまだ3月で4歳だったため、悔しさがあった。誰かとそんな話をした気がしたけど、それは同じく、3月生まれの子とであった。やはり記憶はあっていた。
その子は中学生になると、1歳のハンデをもろともせず、成績は学年1、2を争う才女になっていた。最終的に県内のトップクラスの学校には入れなかったものの、頭の良い子であった。そんな秀才だが、今は主婦となっているらしい。

 一方、伸び伸びと育てられた幼稚園も終わり、小学校にあがると、急に厳しい決まりが増えてやりにくさがあった。さらに中学生になるも、軍隊みたいな扱いにとまどう。
今みたいに保育園(保育所)よりも幼稚園通いが多かった頃のお話し。

 

『超人』

 小学生の頃、発育が良くて、運動会の徒競走で1位になった子がいて、彼は「超人」とあだ名がついた。中学生になると、体力で追い付かれ、部活ではただのマネージャーに成り下がった。同様に4月生まれの奴等が体育の時間で目立たなくなって来た。
逆にそれまで目立たなかった子が背が追い付くことで、急に体育の時間に活躍するようになった。

 

 そういや、
すっかり忘れていたのだが、二十歳くらいまで良くつるんでた私の最大の友達だった奴は、今で言う発育障害みたいな子であった。
それを忘れており、高校出たあとにこてんぱんに説教してやったことを今では後悔してる。怒るのもやり過ぎるとただのクレーマーだからね。
子供が多かった頃の3月生まれをこじらせた人を怒らせちゃダメだよ!

と、最後は他人事風に逃げてみる。

このページのトップヘ