Mind Circus

雑記

カテゴリ: 無双Series

 vita版のクロニクル3にハマった後は据え置きへ。3DS初代に比べれば敵のワラワラ感があったvitaの3だが、さすがにPS4とは比べ物にならなかった。PS4のは遠くの敵が見える感じで、戦場にいる感じがしていい。
ただし、神速攻撃で雑魚を一掃している内に無双ゲージが溜まり、溜まった無双ゲージで武将を倒せば序盤は楽にクリア出来てしまう。神速が強すぎる気もするけど、一気に1000人斬りする爽快感はあるね。

 シナリオモードではくのいちをメインにし、サブは真田幸村。流浪演舞では、人気投票再開の石川五右衛門を敢えて使う辺りが私流。まだ数時間しかやってないけど、本編よりも流浪演舞の方が楽しめそう。

 目標としていた100時間越え達成。無双武将5人(主人公、石田三成、真田幸村、早川殿、お市)のレベルが50達成。3DSの初代クロニクルの頃に使ってた綾御前と竹中半兵衛はほとんど使うことがなかった。
人気投票における上位キャラを優遇しすぎたのか、今回は空気みたいな武将が多いのが残念だった。オジさんキャラは人気ないんだね。石川五右衛門が人気ないのは無理もないが。

 女受け、男受け狙いすぎてる感じはあれど、買ってから1年もなしにゲームのプレイ時間が100時間越えたのは久々だ。
そして、PS4の戦国無双4に慣れちゃうと、敵の少なさが気になる。携帯機としては良くできてるし、手軽な無双としてはかなり良かったけど、さすがに据え置きとは比べられなかった。

 お手軽に無双するなら、vita版。映像の綺麗さを求めるなら据え置きか。ただ、あまりに綺麗すぎても目が疲れるなとは思った。

総プレイ時間 100時間手前

 最後のシナリオは主人公(私のは女)、真田幸村、ねね、福島正則のシナリオだが、ねねを全く使っていなかったものの、ねねを使わずに勝てるかなと甘い目論見でいたが、味方がやられるとダメなシナリオはキツい。
そもそも、自分たちが弱いから敵を素早く排除出来ない訳であり、結局はねねを鍛えないと戦には勝てないなと思い、城でポイントを稼ぎ、貯めた点数で経験値を買い、ねねをレベル30くらいにした。

 主人公のレベルが90近く、真田幸村が40手前、福島正則が30過ぎでクリア。今回は後藤又兵衛だけ敗走で済んだ。
クロニクルシリーズには士気があるため、士気が低いエリアの敵はねねが担当し、伊達軍など強そうな敵は主人公と真田幸村、福島正則は足止め担当にし、サクサク敵を倒すのが楽しかった。本陣にいた徳川家康と井伊直政はあっさりやっつけた。

 

 まだやり込み要素はあるため、たまにはやるだろうけど、一応、DLC以外のシナリオはクリアしたことに。無課金主義なので、DLCをかうつもりはない。
1280円くらいで買ったソフトが100時間近くも楽しめた。無双はハマりさえすれば、これ1つで相当遊べるのがいいね。その代わりやることが単純だから、1回飽きるとそれ以上は絶対にやりたくなくなる作品だなと思う。

 私の中では何年かおきにブームが来る感じだ。

さて、

実はクリア前にPS4の戦国無双4をポチっていた訳だが、やっぱ画面大きいと迫力が違うし、全く別のゲームのような感じがした。各キャラクターたちもリアルで驚いた。
今後はPS3の真・三国無双5、6と平行し、無双やることに。

総プレイ時間 80時間越え

 2011年に3DSの初代クロニクル買った時は、ソフトの少なさもあり、100時間以上プレイしたけど、任天堂の携帯ハードの限界なのか、500人も敵を斬ればいい方で、まあ、こんなもんかなと思ってた。
そこは、やはりSONYハードかつ、今の技術だと携帯用のゲームでバッサバッサと1000人斬りが楽に出来る爽快感がいい。ただ、このシリーズの場合、お使いゲームなので、ミッションこなさないと戦況が不利になるのは困るけど。

 最初は丁寧にレベル上げて、勝てそうになるまで同じキャラ使ってレベル上げしていたけど、さすがに終盤は主人公使っての力押しになってきた。特にボスキャラ倒せばいいだけのシナリオは助かる。
味方のHP気にしなきゃいけない系のミッションは、お市や綾御前らが使えないと苦しいね。

 男性受けしそうな女キャラ多い気がするが、男のキャラにも人気声優当てたりして抜かりはない。福島正則など、無双特有のふざけたキャラと世界観が好きだ。
今作では回復使える早川殿と石田三成辺りを良く使ってる。松永久秀のモデルは財津一郎かな。「非常にきびしー」とか言ってたような。他にも、何らかの芸能人をモデルにしてるような気がするが。

 これが終わったら、戦国無双4買おうかなと。最近はたまに古い無双もやって、進化を楽しんでるけど、神速ないと敵を倒すの面倒だわ。これは、やっぱ新しいシリーズの方がいいなと。

2977d6a9.jpg


 今月の中頃、GEOで中古が2,000円以下であり、3DS版は何か知らないけど値上がりしているため、買いそうになったものの、値段調べてから買おうと思い、その日は帰宅(私は遊びに行く時はスマホ持たない派)。
Amazonで新品が1,300円以下だったので、ポチったのはいいが、良く見たらAmazonのではなく、他社の出品をAmazonが発送する物と知り、変なの来たら困るなと勝手な被害妄想入ったが、何ともなかった。

 年末でストレス溜まっていたのもあり、単純な動作でバサバサと敵を切るゲームがほしかったものの、ただボタンを押していればいいだけでもないようで、結局はあらかじめ武将を鍛え、ミッションの発生場所覚えて、即座に倒さなければダメだったが、まあ、やりがいがあっていいかなと。
2画面かつ、タッチパネルの便利さを考えると3DS版が良かったなとは思うけど、ここは綺麗な画質をとった。操作性も悪くないし。

image

image


 前々から大画面で無双シリーズがやりたいと書いていたが、ようやく夢が実現。去年の12月辺りにAmazonで買った。本当は中古でも良かったが、ウイイレの時みたいに説明書が臭いのは嫌だからやめた。
その5だが、まだ洗練されていない感じがした。敵がやたらと群がるために1000人切り所か、シナリオによっては2000人以上もぶった切れる物があり、孫尚香で夢中で倒していたら、総大将の孫権がやられてしまい、ゲームオーバーになる辺りは無双らしいな…。今回は味方が活躍するとはいえ、本陣を守らないと駄目だね( ´△`)

 逆に今までの感覚で1人でやろうとすると、味方がどんどん進軍し、自分で倒したかった武将を次々に倒されてしまい、困ることがあるから油断してたよ。
取り敢えず、孫尚香のみクリア。趙雲では虎狼関で呂布を倒そうとして、死ぬ度にやり直したり、レベルを上げてたのでまだ序盤。

総プレイ時間 101時間

 お市、今川義元、加藤清正、稲姫(小松姫)を使い、山崎の戦いをプレイするが、久しぶりすぎて操作を忘れていた上に、途中でフリーズした。
数日後、気を取り直して同じメンバーでリスタート。レベル「普通」でやったために、苦労せずにクリア。

 お次はほとんど使わない本多忠勝、細川ガラシャ(明智たま)、毛利元就、竹中半兵衛を使用。
本多忠勝を軸にするはずが、毛利元就と竹中半兵衛を中心に鍛えるのに変更。

総プレイ時間 100時間

 3DSの件もあり、今年は任天堂陣営のゲームを買う気はないので、手持ちのソフトをローテーションでコツコツと続けてる。blogのネタにしなくなったソフトも売らずに、たまに起動させてる。
マリオシリーズ、ゼルダなどは値崩れした時に買う予定。さすがに来年以降も不買運動をする気力はないしさ(苦笑)

 デフォルトの4人を使い、大坂冬の陣を2回プレイ。さすがに難易度が普通では物足りなく、簡単に徳川家康を倒した。
しかし、数ヶ月ぶりにやった所為か、主人公で雑賀孫一、直江兼続を倒してしまい、好感度を下げてしまった。
これがあるから、いつもは主人公を外してたのに(´Д`)

総プレイ時間 約99時間

 出雲のお国、前田慶次、徳川家康、甲斐姫らを使い、「関東三英傑」のシナリオの難しいにチャレンジ。
慶次とお国が強いから、北条氏康、武田信玄、上杉謙信を使った時みたいに苦戦せず。

 甲斐姫と慶次の特技を使い、あっさりクリア。やはり、使い慣れてるとこんなもんか。

 

さて、

 ヤマダ電機でPS2のソフトの処分値下げがあったらしいが、行けずじまい。安いなら買えば良かった。
まあ、携帯ゲームには携帯ゲームならではの良さがあるから、まあいいけど…。

総プレイ時間 約98時間

 長谷堂城の戦いでは、ねね、前田慶次、豊臣秀吉らを使ったが、ねねで敵の撃破に夢中になってしまい、
前田慶次にキャラチェンジしなかったため、ターゲットの敵将に敵中を突破されてしまった。

 それ以外は順調。いつもは取り逃がす、上杉景勝を撃破し、直江兼続も簡単に倒した。

 

 花火大会があったので、ちょっとだけすれ違いをやってみたら、初めて3人とすれ違えた。
やはり、前向きに考えれば3DSが普及するのは嬉しいね。

 さて、ドラクエのすれ違いをやっていた頃は本当に楽しかったし、
秋以降はアウトレットモールですれ違い活動でも再開しようかな。
散歩にもなるし、最近は手抜き運動ばっかだっし。

このページのトップヘ