Mind Circus

雑記

カテゴリ: World Neverland

《146年》

2日、ルイーサが2女を出産
4日、アントニオ・マルチネス(親友アルファの息子)が王女の娘と結婚
15日、知人のクリステルが第1子を出産

酒場の主 ホゼア・テュラム(オルタンシアの兄貴)
シズニ神官 アントニオ → ディエゴ・エーミス → パトリッツィオ・ガイダル(友人ドミニカの兄貴)
アスターの神官 ルシオ・ボート → ホゼア
カルナの乙女 オーガスタ・キング
イスカの乙女 リンダ・カトルーフォ

 

 エリコがじゃんじゃんお金浪費すると あの夢がバレる(岡村靖幸の歌詞より)

 またまた靖幸ちゃんの歌詞はさておき、次女には岡村靖幸のがらみの名前を付けた。次女の性格がワガママだったので、歌詞のイメージでエリコと。男が欲しかったのに残念。これは子作りで3人目狙うしかないな。
そんな妻のルイーサ。出産したので、また市場へ通う生活に戻っちゃった。今回はミルクをアイテム個に入れておいてもそれを使わず、わざわざ朝になる度に買いに行く仕様なんだね。

 今年の私は念願の農場の副代表となり、やれる仕事が増えたため、「牧場物語」みたいに動物の世話をする生活をしてみたが、一気に仕事ポイントが増え、年間1位が楽勝だったので、3,0000ほど仕事した後は身体を鍛えるこもに。
だが直ぐに自分の限界までレベルが上がってしまい、年の後半は悠々自適に過ごした。移民初期の独身前に戻った気持ちで、特に目標を持たず、深い意味もなく、王国内をさ迷う。みんなの生活をウォッチしていた。

 勿論、その間には料理をあげること、男女問わずに話し掛け、誉めることを忘れなかった。

4fcb9939.jpg


 年末、今年はほとんど会話してなかったニコラさんから2回も「ハール食べる?」と言われた。ハールはパサパサしてるし、農場代表かつ負けず嫌いのニコラは、私に仕事ポイントで大差を付けられた嫌がらせだろうか?

 

《知人たち》

f5663675.jpg


 奥義をデイジーから習うも、一度目は失敗し、再度頼んだ。

50cdd7b3.jpg


 その直後、セラフィーナに奥義継承を頼まれ、見事に伝授することができた。

 

ad87d612.jpg


 相性がいいのか、ドミニカとは一気に友人になる。畳み掛けるように、向こうから「良く会いますね」的な台詞が出てきて、逆に驚いた。せっかちすぎて、展開が早すぎるだろうと。
ドミニカには、子供の頃からの挨拶的な会話も数回あったかもしれないが、成人としては、これまでで最短の友人かもしれない。勿論、コツを覚えたのもあるだろうけど。ドミニカは独身なので、親友までは行かず。

2dbb854c.jpg

d3f8012f.jpg


 パオリーナと初の遊びの約束。その直後、アルファからも初の約束が。この後はデイジー、エーヴリル、ステファニーとの約束が続くなど遊んでばかりの年末となる。
その一方、飲みに誘える人と誘えない人がいる。ルエラ、エーヴリルなどは項目すら出ない。ポール、セラフィーナ辺りは夕方になると「飲みに行かない?」って台詞が出るのに。酒が苦手な設定あるのかな?逆にデイジーなんか酒好き過ぎて、良く誘われるのに。

 

82bce01b.jpg

2ae0056a.jpg


 ポール君の妹ケイトが成人。両親に似ず、美少女になっちゃって…。髪の色だけ父親譲りか。一方のエドはポール似ていてややこしい。学校のセリーヌ先生の子供か。エドは先代イスカ乙女だったミラベルと結婚している。
デイジーの次女も成人。会話を楽しめるようになる。

 

《結婚式と出産》

71791a63.jpg

50973a0b.jpg

43fa81f7.jpg


 やけに賑やかな結婚式かと思えば相手は王族。新郎は、親友のアルファの子供だし、アントニオが国王の娘と付き合っていたとはビックリ。去年、アントニオはシズニの神官だったが、早くも俗に還ってるし。下はクリステルの出産。

 

《神官》

66a9625b.jpg

4ccc4bb9.jpg


 アントニオの後任はディエゴだが、早々と還俗しており、4代目のシズニ神官はドミニカの兄貴パトリッツィオ。ディエゴはオーガスタと付き合っており、神官と乙女のカップルだった時期も。
一方、6年もアスター神官だったルシオが俗に還り、いよいよ結婚かな?引き継いだホゼアはイスカの乙女であるリンダと付き合っていたはずなのに、破局した様子。お互いの恋人欄が寂しい。

《145年》

7日、パオリーナが第1子を出産
9日、セラフィーナが結婚
10日、オルタンシア・テュラムの結婚式
11日、クリステル・ボイトラーの結婚式
12日、ルイーサが第2子を妊娠
18日、元神官のベンが死去
23日、テリー・ハリウェルが27歳で死亡
25日、オルタンシア・フォッセーが29歳で死亡

酒場の主 → ティア・カーフェン
シズニ神官 ベン → アントニオ・マルチネス
アスター神官 ルシオ・ボート
カルナの乙女 オーガスタ・キング
イスカの乙女 ミラベル・コルサ → リンダ・カトルーフォ

 

8fe99adc.jpg


ユカは確かに美人だ(岡村靖幸の歌詞より)

 岡村ちゃんの歌詞はさておき、私とルイーサがパターンAの顔なので、子供もAパターンから。この顔だと成長するとオーガスタみたいになるんだろうな。最初は眼鏡っ子だったので、アイテムを使い、お色直しさせた。
第2子の顔がどうなるか次第だが、出来れば男の子が産まれて、その子にキャラチェンジしたいところ。

 さて、今年も農場員になったが、去年の年間1位なのに代表どころか副代表にもなれず頭に来たため、結局、負けず嫌いは直らず、何度も病気になりつつも釣りに明け暮れ、子持ちを釣ってポイント稼ぎ。今年度もダントツの1位を獲得した。
その間、知人らに配るための食べ物、家族に食べさせる料理なども欠かさなかったが、やっていて疲れた日は、たまにルイーサとデートし、夫婦で公衆浴場で汚れを落としたり、エーヴリルとの遊びの約束やデイジーと酒飲んだりしていた。

 後、やっぱ顔が似たようなのばっかな所為もあり、ゲーム時間で5年やってもまだ顔が覚えられない人が沢山いる。台詞少ないけど、顔はみんな違うオルルドの時はちゃんと覚えてたのにな〜。

 

《知人、友人、親友たち》

 良く酒に誘ってくるデイジーと酒場に行くと、必ずいる人が決まってる気がする。まあ、これが現実でいう酒場の常連さんなんだろうね。
親友のセラフィーナには相変わらず奢らされてるけど…。こいつは何人かの男の恋人欄がセラフィーナなのに、彼女自身はしっかり本命と挙式してるしな〜。きっと、そういう女なんだろう(^-^;

 

3dd20664.jpg

5485313c.jpg


 今作は知人から友達になるのが遅い上、人によっては友達から一気に親友になれる人もいれば、親友までの時間がかかる人もちらほら。
親友になってから1年くらい経つが、ルエラと遊びに出掛けたのは初。今年から親友になったポール君と初の酒飲み。ポール君は何回話し掛けても他人行儀だったのに、やっと親友になれて嬉しいね。
 
eff64bfd.jpg


 デイジーの娘ジュニアータは今年で成人し、会話のパターンが増えた。

 

《結婚式と出産》

48f1918c.jpg

b0a47441.jpg


 親友のパオリーナが初の出産なので、勝手に立ち会いしてみた。一方、遊び人のセラフィーナは5年経ってから、ようやく結婚式。

 

64276371.jpg

b40a1879.jpg

5ee82f79.jpg


 ちょっと前まで神官だったベンが亡くなったが、いつも会ってたし、身近すぎてピンと来なかった私はベンのスクリーンショット撮るの忘れてしまった。ベンは移民で未婚なので、配偶者もいないため、画像なし。
テリーはたまに話す相手、老人の方のオルタンシアは私と良く会っていた人で、畑や鍛練所等で見かけたなと。 去年、旦那も亡くなり、子供がいないフォッセー家は断絶。同じく、子がおらずハリウェルも断絶してしまった。

 結婚しても子供がいない家多いな。

《144年》

1日、ルイーサ共々農場員に選ばれる
3日、友人のルエラ・キングが次女♀を出産
5日、ルイーサが第1子♀を出産
8日、ヴィクトリア・バブーリンが29歳で亡くなる
9日、ジェレニー・セレが23歳で亡くなる
10日、クラリーチェ・ガードナーが29歳で亡くなる
11日、パオリーナが結婚。エヴラール・ガードナーが30歳で亡くなる
14日、ローランド・ビビアーニが27歳で亡くなる
27日、トーマス・フォッセーが29歳で亡くなる

酒場の主 サイラス・アブリコリフ
シズニ神官 ベン
アスター神官 ルシオ・ボートン
カルナの乙女 パオリーナ・ヴォークス → クリステル・ボイトラー
イスカの乙女 セラフィーナ・シャリフ → ミラベル・コルサ

 

a5cbd82e.jpg

77c222d8.jpg


 5日、待望の第1子が産まれたが、残念ながら女の子。男なら成人後にキャラチェンジしたかったけど…。名前はユカ(岡村靖幸の歌詞に出てくる名前より)と名付ける。
出産後に妻のルイーサの動きが出産してからおかしくなったが、これは子供にミルク上げるためのバグという仕様のようだ。なので、早めに食事置かないと一緒に朝食が食べられず。
置くタイミングによっては、「食べなくていいか」って吹き出しが出てしまい、一人で食べるハメに。

 そんなこともあり、ルイーサはミルク買うのが日課になったようで、夫婦で農業員に選びれたのに働く時間はほとんどなかった。

81016874.jpg


 農業員に選ばれると仕事イベントで行動制限されるから、この年は抑え気味だったのに、仕事ポイントの順位を見てたら急に負けず嫌いが発動し、年の後半は釣りに明け暮れ、結局は年間1位を取ってしまった…。

 

《知人、友人たち》

d20abbeb.jpg

a2914932.jpg


 友人ルエラが16歳で第2子を産んだが、実際の年齢だと約50歳。今回は超高齢出産もありなのか。一方、セラフィーノと何回か飲みに行ったが、2回ほど奢らされた。最初から金払う気ではいたが、意外にあつかましいキャラだったとは…。
他の友達、親友の場合、デイジーにはたまに飲みに誘われる。エーヴリルおばちゃんは何回か遊びの誘い断ったら、あんまり話し掛けて来なくなったかと思いきや、何回か夜に家に訪ねてきた。

e38ecfb9.jpg


 パオリーナの結婚式。そしてついにセラフィーナが婚約決まり、イスカの乙女から還俗し、恋人と結婚予定。ちょこちょこ恋人欄が変わっていた気がするが、本命は似た名前のセラフィーノだったか。イスカはカルナに比べて、結婚までの条件厳しいようなので、これでひと安心。
ふと気がつくと神官のベンも、俗に還っていた。こっちの方は条件はテキトーらしい。

 

《カルナとイスカの乙女》

aa49bbf8.jpg

aa4e90d4.jpg


 結婚したパオリーナがカルナの乙女にスカウトしたのはクリステル。これでルイーサから数えて3代目。彼女はAパターンの顔で、しかもルイーサと似たような顔に成長していた。だから子供時代に可愛いなと思った訳だ。
クリステルが結婚のために還俗してた後、見知らぬ人に話しかけられたなと思っていたが、良く家系図を見たら親友のルエラの第1子だった。

 

《子供だと思っていたら》

b7ff54fb.jpg


 恋人時代のルイーサに会うついでに良く話し掛けてたオルタンシア。可愛く成長しちゃって。大人になると会話のパターンが増えるのがいいね。

 

《葬式》

75713659.jpg

29f64440.jpg

998221bf.jpg

70121370.jpg


86fbf31f.jpg

51b85a0e.jpg


 似たような顔ばかりなのもあり、名前だけだとピンと来ないが、良く見るとたまに会話していた高齢者達が次々に天国へ。中でもローランドは歳の差夫婦なので、残されたニコラが可哀想。
ガードナー夫妻は妻の後を追うようにして、旦那も天国へ。子供がいないため、ガードナー家はこれで断絶してしまった。

《143年》

1日、去年の働きから、農場員に選出され、新たな称号を得る
2日、グラエム・バブリーンが亡くなる
9日、ルイーサ・ボリャンと結婚。新居はそのまんまルイーサの家になる
10日、エーヴリルの旦那ヨーズア・プライズが20歳で亡くなる
12日、ポールとイゾッタの結婚式
13日、ポールの母親アイネアス・ビシオゾが20歳で亡くなる
15日、ルイーサが妊娠
29日、ジョセフ・カーノが28歳で亡くなる

酒場の主 ?
シズニ神官 ベン
アスター神官 ルシオ・ボートン
カルナの乙女 パオリーナ・ヴォークス
イスカの乙女 セラフィーナ・シャリフ

 

 大体、6分ほどでゲームでの1日が終わるため、約60分で10日が過ぎるので、熱中してると3日もあればあっという間に1年が経つ。
1日が6分だとちと短い気もするが、ナルル王国だともっと長いようだし、まあこのくらいがちょうどいいのかな。

afb769e8.jpg

db9bf440.jpg


 待ちに待ったルイーサとの結婚式。下の画像は結婚してから初の朝御飯。今回のはちゃんとテーブルで家族と一緒に食事出来るのがいいね。
早速、奥さんの髪型を変えてみるなど、もう少し、2人だけの新婚生活を楽しみたかったのに、15日には妻の妊娠が発覚。

902ac050.jpg

c7abbaa6.jpg


 これは結婚前の8日と、結婚後の10日のデート。何が変わるわけではないかと思いきや、デート中の台詞に変化が。

 

《奥さん》

 カルナの乙女でなくなり、婚約が決まってからはデートするペースも落ちたのもあるのか、釣りやら鍛練に余念がないようで、かなり仕事ポイントを稼いでる。レベルもかなり上がった。
酒場が好きらしく、家から近いってこともあるのか良く酒場にいる。

 

《知人たち》

 独身なのと既婚者では意味が違うのか、今までは知人や友達止まりだった異性の友達と仲良くなる。それぞれ、友達と親友に昇格。相性もあるのか、何回話しかけても好感度が上がらない人もいる。これは性格の違いだね。
ぶっきらぼうな性格のルイーサなんかも、機嫌悪い時は素っ気ない答えが返ってくるし。

 仲良くなると、わざわざ探しに来て、話し掛けてくれるのが嬉しい。

 

《ポールとイゾッタの結婚式》

6cde5109.jpg

cebdddc3.jpg


 息子ポールとイゾッタの結婚式を見届けた直後にポールの母アイネアスが亡くなる。
そんなイゾッタの家系図見てたら、イゾッタはポールの母親にそっくりで笑った。逆にポールはイゾッタの父にそっくり。お互いに親に似た人を探してたのかなと。
(何てね、単に顔のパターンが少ないだけだろうけど…。妄想を楽しむゲームなので許してね)

 

《親友の旦那の葬式》

7b70abc7.jpg

da7b8f25.jpg


 20歳以上(人間の年齢に直すと還暦越え)になってから結婚した熟年カップルだった親友エーヴリルの旦那が早くも天国へ。短い結婚生活となってしまった。
その後、寂しいのか度々遊びに誘われるため、断る訳にも行かず、出来る限り付き合ってあげてる。

 

6d2f55f8.jpg


 27日に誕生日を迎えたばかりの老人ジョセフが天国へ。去年、奥さんがなくなり、後を追うようにジョセフまで。働き者であり、夫婦で農場員だった時期も。

・437年

《2日》

 モトコ、モネ、ジョアナ、オガミが成人する。

《6〜7日》

 嫁の試合日を忘れていた。7日は試合開始時間を間違える。

《8〜9日》

 ちゃんと嫁の試合を応援に行った。

《16日》

 チホの祖母で親衛隊のカツミが32歳で死亡。カツミの友達リストに私がいた。

《17日》

 18歳なのに、ランク外のリックが死亡。葬式には人がほとんどおらず。

《20日》

 ウミカイの卵集め。今回はほとんど卵を欲しがる住人もおらず、楽に何個もゲット。

《27〜29日》

 Aリーグの1位だったため、第2試合からで助かったものの、自分よりも遥かにレベルが低い相手にボコられたのに腹が立ち、ついリセットを繰り返す。何回もやってようやく3連勝。
剣術、拳、魔法とはじゃんけんと一緒だから仕方ないけどさ。

《30日》

 今年も親衛隊にはなれず、オルグ長の選挙に強制参加させられる。他のキャラには1票づつしか入らず、私は20票と人気を誇り、2年連続のオルグ長に決まる。

 

 ククリア王国と比較するために久しぶりにUMDを起動してみた。実に4年振りのプレイ日記となるが、オルルドは1日がかなり短いし、結婚し、レベルもカンストしちゃうとやることが少ないし、金が沢山あっても使うような場所がないのが弱点。
まあ、妄想で補うゲームだしな。そして、そもそも初代PSPのマシーンの限界もあっただろうし、当時としては良く出来ていたとは思うのだが、ククリアの後にやると、こんなにつまらんゲームだったのかと驚いてしまった。

 それを考えるとククリアは良く作られてるんだなと。さすがはリバーヒルソフトの残党がいる会社の作品だけのことはあるなと。ククリアの良さを再確認出来て良かった。

《142年》

10日、ウェズ・ハリウェルの葬儀。享年24歳
21日、ルイーサ・ボリャンと婚約。挙式は来年の9日となる
26日、農場員のエヴァドニ・カーノの葬儀

酒場の主 ?
シズニ神官 ベン
アスター神官 ルシオ・ボートン
カルナの乙女 ルイーサ・ボリャン → パオリーナ・ヴォークス
イスカの乙女 セラフィーナ・シャリフ

 

 ゲーム内の1年が30日しかないため、気がつけば成人して間もない5〜7歳のキャラが続々と既婚者になっている。そんな中、ようやくルイーサちゃんを恋人にすることが出来たのが去年。
今回のは台詞が良くて、ルイーサの言うことにドキドキしてしまった。オルルド、プルトだとまだゲーム的って感じだったが、昔の月9みたいな恥ずかしくなるような台詞が展開されることにより、ルイーサに愛着がわいた。これは良く出来てる。

496333be.jpg


 しかしそこからプロポーズまでの道のりが長く、何でこんなに好感度上げるのに時間がかかるかと不思議に思い、攻略を確認。それによると恋愛が2段階まで進んだ場合、結婚に向けて、カルナの乙女には引き継ぎがあるため、他のキャラの恋愛とはちと違うようだ。
だから他のカップルみたいに、デート後に相手または自分の家まで送るっていうのがなかった訳だ。他の奴等がやけに長くデートしてるから変に思ってた。

18738e2f.jpg


 ルイーサ宅に行こうと思ってたら、たまたま引き継ぎの現場に遭遇。見逃すところだった。これで彼女が一般人に戻ったのはいいが、引っ越してしまい、家までの距離は変わらないものの、道順が面倒に…。今ではほぼまっすぐだったのに。
早く挙式したかったものの、来年の予定が埋まっており、来年となる。みんな結婚するの早すぎ(^^;

 

《友達や親友》

 親友のエーヴリルおばちゃんは20代過ぎてもまだ未婚だったのに驚く(このゲームだと既に老人の年齢に入る)。お互いに恋人いるのに親友になったけど、「こういう関係を○○は気にしないのかな?」なんて台詞が出て笑った。
その後、日付は忘れたけどエーヴリルの挙式があったので参加。友達になれば異性でも遊びに行けるため、結婚後もエーブリルとは時々遊んでいた。

770bd94e.jpg


 ルイーサに会うついでに話し掛けまくった魔導師のデイジーと、ようやく飲みに行くコマンドが出たため、酒場へ行った。

 

《知人たち》

 1年目に誰彼構わずに話し掛けた結果、移動する度に誰かしら声かけて来るのがウザいもの、オルルドやプルトだと結婚しちゃうと誰も話しかけて来なくなるため、嬉しい反面、邪魔な時も(^^;
そこで、気に入ったキャラには料理を作って、食べさせている。

33a53c41.jpg


 先にルイーサと付き合っていたポール。ルイーサ取っちゃったし、今でもたまに料理をあげてる。

 

《恋人候補だった人達》

3852cea8.jpg


 独身を探してた時に見つけたイスカの乙女のセラフィーナ。この人、気が多いのか、単にモテるのか、次々に恋人が変わってるの笑った。神に使えてる人がエロいって何かリアルだな。
そういや、ルイーサにもポール以外にデートする相手が他にもいた気がする。まあ、異性でも遊びに行けるからどういう関係だったかまでは忘れた。

f116f4e1.jpg

c996beab.jpg


 子供時代に目を付けてたが、イゾッタは顔が伸びて、おばちゃんっぽくなったのが残念だな。そんな、イゾッタはポールと付き合ってる。
一方、ルイーサから仕事を引き継いだパオリーナは可愛くなったけど、彼女らにもたまに料理をあげてる。

《141年》

 本当はUMD版を買う気満々でいたのだが、PSNでは夏のキャンペーンで色んなソフトが安かった。ワーネバのククリアもダウンロード版を買った方が安いのと、調べてみたら、このDL版はPS-Vitaに移行できると知り、それならとストアで買った。
前に流出騒ぎあったSONYは信用出来ないので、クレカではなく、わざわざサンクスでガード買ってきたほど(^-^;

 実はククリアの前にナルルから始める予定だったが、まあ仕方ない。後、PSのオルルドにはハマったけど、それ以降が続かなかった記憶があり、買っても放置になるかなと思ったものの、そんな心配は無用だった。
名前はいつものパターンでレディア・ウラワ(レディアは浦和レッズのマスコットの名前から)で、今回は似たような顔ばっかなので、眼鏡をかけさせてみた。

 今回のはリーグ戦がないらしく、移住1年目前半はノンビリと王国内を散歩していた。その合間に、すれ違う人の顔をチェックし、友達になりたい人や結婚したい相手を探していた。
しかし後から教会で台帳見られることに気づいた。でも、まあ自動移動に頼らずに、街のマップを把握する意味では良かった。
それから、色んな行事が増えて楽しくなった変わりに、今回は成人の儀式がないんだなと。オルルドの時は、この時にお嫁さん候補探してたんだけどな。

 

・カルナの乙女

56f60c18.jpg


 好みの顔が見つからず、司書に会おうにも場所が分からずにさ迷ってたら、司書の近くに住んでいた私よりも1つ年上のルイーサ・ボリャンというカルナの乙女を見つけた。ぶっきらぼうな受け答えが逆に良かった(^^;
でもルイーサには恋人がおり、無理かと思いつつも、挨拶攻撃を仕掛けてみた。その間もライバルの邪魔も忘れない。足止めをしつつ、ライバルであるポールと仲良くもしてみた。

 ようやく、恋人になったものの、移住1年目で結婚するのは無理そうなので、年の後半は仕事をしつつ、ボリャンとのデートを重ねた。

 

・初の友達

fac77a94.jpg


 こちらは友達第1号のおばちゃんエーヴリル。向こうから良く話しかけて来たのもあり、とりあえずと言っては失礼だが、友達を作るというクエストのために仲良くなってみた。

 

・クエスト発生

849ffc11.jpg


 ユアンさんはこの街に移住してから初のクエストを与えたくれた人だった。

 
酒場の主 ?
シズニの神官 ベン
アスターの神官 ルシオ・ボートン
カルナの乙女 ルイーサ・ボリャン
イスカの乙女 セラフィーナ・シャリフ

 DD杯を制覇し、バグウェルもやっつけてしまった。PS版以来、10数何年ぶりにバグウェルの声を聞いた。

 

・436年

《2日》

 マイ、フランシス、カチュア、ソウバイ、バンボ、フックが成人する。

《4日》

 DD杯の開会式。

《5日》

 下の子供の入学式。チホ、バトンの子も同学年になる。

《6日》

 義母の甥であるシュンに子供が生まれる。

《7日》

 ピートBランクのパフェが31歳で亡くなる。

《11日》

 親衛隊員のカクテルの葬式。享年29歳。一方、嫁の従兄弟ゲランに子供が生まれる。

《12日》

 DD杯で辛勝。

《15日》

 子供たちのチアイレース。ウチの子はビリと下位グループと奮わず。

《16日》

 DD杯準決勝はミリィ相手に楽に勝つ。

《17日》

 ピートオルグのオルグ長であるドッコイが23歳で死去。葬式には数多くの人が参加。
もう一つの準決勝は義母ルミがパークに敗れる。

《19日》

 パークに打ち勝つ。DD杯を制覇。しかし、子供達はパークを応援していた…。

《23日》

 楽勝でパグウェルに勝つ。しかし、家族全員でバグウェル側にいた…。

《24日》

 謁見の間でバグウェルに勝った褒美をもらう。

《28日》

 ユリウスオルグのオルグ長であるフィルダーが30歳で死去。友人の多い人で、様々なキャラが喪中になっており、葬式会場は満員状態。

《30日》

 1年振りにオルグ長に返り咲く。

 

 簡単にバグウェルに勝ったはいいが、家族全員が敵の応援はないだろうと(苦笑)

 「人生頑張ってんだよ」ってことで、実に1年8ヶ月振りのプレイ日記。やらなくなったソフトを順番に起動してたら、久しぶりにハマった。

 

・435年

《2日》

 成人式に参加し、新成人をチェック。

《7〜8日》

 親衛隊のマリア、フトシが亡くなる。時間を間違え、親友だったフトシの葬式には参加出来ず。

《12〜14日》

 12日はチャンプ、14日は親衛隊のテイラーの葬式。

《15日》

 息子が1歳になり、外に出るようになる。この日は長女のチアイレースだが、学校の場所をど忘れする始末。何とか間に合ったが。

《16日》

 ナミのお見舞いに行く。その後、よそ見していたため、イムに逃げられてしまう。

《17日》

 親衛隊のナミが33歳で死亡。たまに練習に付き合ってもらったキャラだったような。

《19日》

 義理の祖母であるフルーティが女王杯で優勝。

《20日》

 海亀の卵を集めに行く。いつの間にか、スピリットのレベルが255になる。

《22日》

 顔見知りのボーイが21歳で亡くなる。レベルは高いのにランク外だった。

《25日》

 義弟・オスカーの結婚式だが、特に仲良くないから忘れていた。家系図をチェックした時、後から気付いた。

《26日》

 フルーティが危篤に。試合後にお見舞いに行く。

《27日》

 フルーティが33歳で亡くなるが、第1試合のために葬儀には参加できず。

《30日》

 親衛隊入りならず。2年連続でオルグ長を目指したが、大差で落選。

 

 親衛隊になれず、オルグ長も逃し、ガッカリした年末。しかし、良く考えたら436年はDD杯があるから親衛隊入りしなくて良かったなと。

 

《思い出す》

 これを書いた後に思い出したが、そもそもオルルドに移民したばかり住人では親衛隊入りの条件が厳しいか…。
子供または孫の代で親衛隊の最年少入りを狙うかな。

・434年

 予想は付いたが、奥さんは人望がなかった。試合の応援に行ったら、父親など数名しか応援に来ていない。
レベル上げに余念がなかっただけあって、試合には大勝したものの人間関係が心配。
鍛えるのが好きならと、金を稼ぎ、強化アイテムを買い与え続けている。

 

マチルダ    フルーティ⊥カツミ
  |        |   |
シノ⊥ゼラズニィ = ルミ  |
|        |     |
バトン     マリア   チホ

 そして、子供時代に目を付けていたマリアとバトンは従姉妹同士だったことが判明。
マリアの父・ゼラズニィ(弟)とバトンの母・シノ(姉)が兄弟だった。さらにフルーティの妹・カツミの孫がチホ。これまた嫁の親族だったのは偶然。

 

《お葬式》

18日 親衛隊のアサ
22日 ガリ
27日 オルグ長のハーデス
28日 親衛隊のパフェ

 

 全くゲームをしていなかったため、08年の8月30日以来のプレイ。久々なので、ボタン操作を忘れていた。
やるとハマるが、しばらくすると飽きる。でも、またやりたくなる。そんなゲームだ。

 15日には第2子誕生。今度は男の子でウラワ(浦和レッズから)と名付ける。
他、良く練習に付き合ってもらったアサ(最初の恋人とは別人)、ハーデスが亡くなる。友人が亡くなるのは寂しい。
話し掛けても、不愉快な対応しかしなかったパフェも天国へ。

 

《リーグ戦》

 Bリーグは、初戦こそ大勝したものの、2〜3戦目は何とか逆転勝ちした。
バンオルグから、2人が親衛隊に繰り上がり、Aランク入り。さらに年末の選挙でオルグ長になった。

このページのトップヘ