Mind Circus

雑記

カテゴリ: ケンドーコバヤシ

《0311》

 ネゴシックスさんが詐欺にあう。知り合いとは呼べない女にポンポン金を貸す方にも問題ありか。RGさんが弁護士役。あるあるネタは健在だった。

 

《0318》

 打ち切りが決まった少年漫画の終盤のような展開。念能力者を集め、エシュロンに立ち向かうと言い出す。最終回をにおわすような回だった。

 

《0325》

 席を移動しただけで腰をやり、歩いてるだけで尿もれするなど身体がヤバいそうだ。疲れが溜まりすぎなのでは…。

 

《0401》

 新番組「オマアク」がスタート。相棒はRGさん。本来は最終回なのだが、それを感じさせない展開だった。

《0211》

 テレ東の番組のロケでSMクラブへ。SM嬢が小林さんの乳首を見て、調教済みであることを暴露。それを知った次長課長の井上さんが小林さんを軽蔑し、口を効かなくなる。

 

《0218》

 麒麟の川島さん、折原みかさんがゲスト。「プロアクティブナイト」と題し、わざと川島さんを呼んだのだろうが、あの番組のMCは小倉優子さんに変わってしまったからな。
折原さんは相変わらずの腹黒さで、ノリツッコミがうまかった。

 

《0225》

 地方都市でラーメンを食べているとき、酔っ払いらに写メをせがまれる。最初はそれに応じていたが、段々、面倒になり、トラブルになりそうになったと語る。
一緒にいた宮川大輔さんがキレそうになるが、何とかその場がおさまった。

 

《0304》

 プロデューサー、ディレクター、作家らと食事会をしたというが、これって番組終了フラグなのでは?他、ワンピースのネタバレをやってのける。

《09/1203》

 ゲストは久々となるレイザーラモンRGさん。今回は替え歌で様々な「あるある」を披露。前に出るより作家向きかな。

 

《09/1210》

 ゲストは野生爆弾。番組内で名字を暴露された職人が「個人情報とは何かを考えろ」と反撃。

 

《09/1217》

 SPWのゲストはまたも野性爆弾だが、どうやら先週はマネージャーがスケジュールを間違えて伝えていたようだ。ありえないミスだ。
一方、折原発言がネットニュースになったことが事務所のマネージャーから喜ばれる。いや、ここの事務所は色んな意味であれだな(以下、自粛)

 

《09/1224》

 チクりが入ったのか、番組を審査する人達が放送を聴きにやって来た。そのためか、似たようなコーナーがいくつか終わる。
また、小林家は父親、兄、姉が美形らしい。

 

《09/1231》

 ゲストは折原みか、ムーディー勝山、ネゴシックス(敬称略)ら。コーナーを閉じたばかりなのに、早くも新コーナーの案を出し合う。

 

《0107》

 ゲストは全く知らない人だったが、同期の間柄ということもあり、かなりトークが盛り上がっていた。

 

《0121》

 ケンコバさんにそっくりな偽者がいるらしい。その偽者は飲み屋で悪さをしているようだ。

 

《0128》

 リスナーから「ケンコバさんの偽者は声優ではないか?」と指摘される。

 

《0204》

 実は前にもエンタの神様が終わる話があり、出演依頼をされたことがあるが、今回、依頼はなかったと。ムーディー勝山、ネゴシックスにも依頼がなく、勝山さんは切れ気味だったと。
また、自宅にPCがないため、ネットで買った方が安くなることに吠える。

《1105》

 下品なラジオネームの職人の名字を暴露したが、代えて来た名前もさらに酷いものだった。いじればいじるほど喜ぶだけ思うが(笑)
また、勝手に常連投稿者の名前を暴露する輩まで現れる。ただし、mixiやblogで繋がってる人が多いから、身内同士のじゃれあいかもしれないが。

 他、6歳くらいの女の子に抱き着かれ、「帰らんとって」とせがまれる人気っぷり。

 

《1112》

 あまりの忙しさに性格が悪くなった?キャバクラでネゴシックスさんのところに可愛い子が来たので、営業用と分かってながらも交換した電話番号を削除してやったと…。
また、若井おさむさんがキャバクラ嬢の態度にキレたが、この人は考えすぎというか、神経が細かいな(苦笑)

 

《1119》

 コーナーは似たようなのばかりなので聞き流し。他はリスナー同士のやり合いなど。

 

《1126》

 37歳でもまだまだお盛ん。30分以上もエロDVD屋で吟味していた。また、新コーナーは早くも手詰まり状態。

《1001》

 1周年記念のゲストは折原みかさん。口調は天然を装っているが、内容はかなりブラック。
ほしのあきさん、熊田曜子さんらはグラビアを引退しろ、昔の女優さん達は枕営業していたと(苦笑)
(勿論、ケンコバさんの誘導はあったとはいえ)

 

《1008》

 「松たか子、目撃情報」のコーナーがレコード会社にバレてしまった。
だが、抗議することなく、新しい曲を使ってくれと言われたらしい。宣伝になるから?音楽業界は厳しいみたいだし…。

 

《1015》

 漫画の知識がすごい。細かい場所まで良く覚えてるのに驚いた。

 

《1022》

 ゲストの有吉さんがケンコバさん、吉本、芸人の先輩、前田忠明さんらをぶった切る。毒舌だが、的を外さないところがさすがだなと。
某女優さんが泣いたときは加藤浩次さんが謝ってくれたのに、本人はニヤけてしまったことを反省する。

 

《1029》

 折原みかさんの発言が波紋を呼び、ネットニュースで取り上げられたことに触れる。まあ、折原発言というよりは、ケンコバさんの誘導に近いけど(笑)

 飲み屋でケンコバさんのことをちらちら見ていた女性がいたが、声をかけられず。後日、見兼ねたカラテカの入江さんが女性の番号をゲットしてくれたそう。さすがは合コンキングだ(苦笑)
しかし、まだ電話はしてないと語る。

《0827》

 ケンコバランドスペシャル。たが、いつも似たようなテイストなので、SPWという感じではなかった。

 

《0903》

 家にネット環境がないため、マックに通う日々。しかし、その日に限って閉店していた。諦めずに窓に張り付いて通信を試したと語る。
36の中年が窓に張り付いてまで、通信しようとする姿を想像したら笑った。

 

《0910》

 ただでさえ、やってないコーナーが多い中、新たに「メール出来ないの?つまんない、つまんない」の前田忠明さんのコーナーが出来る。
 

《0917》

 RGさんがゲスト。イベントに参加するはずが、外されそうになった経緯などを語った。

 

《0924》

 右肩下がり軍団に加え、天津の向井さんらとガールズバーに行ったら、勝山さんが店の女の子を口説いていたが、あえなく撃沈した。

《0723》

 ケンコバさんの部屋の引っ越しの時は野性爆弾のロッシーさんが大活躍。テキパキと命令をし、夕方までには終わった。
その後、右肩下がり軍団とドラクエのすれ違い通信をしに街へ繰り出す。やはり、今の30代はドラクエ世代。本体がないが、私もやりたくなった。

 

《0730》

 ロケで沖縄に行った時、ノリが良い女の子をナンパしたら見事に断られたと語るが、ラジオで言って良かったのだろうか。

 

《0806》

 ドラクエのすれ違い通信をしながら東京駅付近を歩いていたら、AV女優のヒトミさんとばったり会う。お互いの発言を謝罪しあったと。

 

《0813》

 麒麟の二人、ムーディー勝山さんとドラクエ9のマルチプレイに夢中。お笑い芸人は健全な遊びをしてるとアピール。
また、熊田曜子さんに例の「くまぇり」の話をしたら、怒られたことがあるらしい。あれはかなり騒動になったからな(苦笑)

 

《0820》

 相変わらず、DQ9に夢中。ネット環境がないので、TSUTAYAなどで接続する熱中ぶり。

 今回はサバンナの八木さん、野生爆弾のロッシさん、レイザーラモンRGさんがゲスト。
八木さんの兄(殺されそうになった)、ロッシさんの姉(二股で一悶着)のエピソードが面白かった。

《0611》

 刺客は右肩下がり軍団の3人。仕事がない後輩に仕事をあげるのは優しくていいと思うが、スペシャルウイーク期間なのに大丈夫だったのかな。
それとも、数字は度外視したのだろうか?

 

《0618》

 ゲストは南海キャンディーズの山里亮太さん。歯切れのよいトークを展開。今のケンコバさんは優しすぎる、右肩下がり軍団を切れ、ドラマには出るなと的確に提案する。
つまらないバナナマンを打ち切りにし、Junkに来てくれないかなと。オリラジでもいいが。

 

《0625》

 週刊誌のAV女優の座談会で好評だったケンコバさんだが、デビュー作をけなした女優さんからは不評だった。

 

《0702》

 「BOSS」が好評のまま終了したが、ヤフーニュースの記事にはケンコバさんの名前がなかった。また、週刊誌の陣内智則さんネタにうんざりしていると。

 

《0709》

 ドラゴンクエスト9発売ポエムから始まる。ケンコバさんは、時間があるときに徹夜でやりたいらしい。

 

《0716》

 オープニングでは、磯山さやかさんに苦言を。彼女は、ぽっちゃりだからカワイイというのには同意。また、メダパニくらったような奴ばかりだと思っていたら、普通のリスナーから感想が届いたことに感心する。
ゲストは若井おさむさん。妻に厳しく、細かいことにケチをつけることを暴露される。そんな生活に疲れたのか、はたまたダイエットのしすぎか、奥さんはすっかりやせ細ったと。

《0514》

 お笑い芸人のDVDがバカ売れしている時代に、自分のDVDだけが3割引きになっていることにショックを受けた勝山さんだが、彼女が優しくフォローしてくれたと。

 

《0521》

 スペシャルウイーク1週目は男性リスナーのみ、2週目は女性リスナーだけが聴いている結果に。やはり、女性はゴシップが好きな様子。
また、疲れもあるのだろうが、同じ話を2回しているときがある。

 

《0528》

 後輩らとレゲエバーに行ったが、ノリについていけず。揚げ句、変な女に絡まれた。他、小倉さんネタに笑ってしまった。

 

《0604》

 番組で話したムーディー勝山の3割引きのDVDを本当に買ったリスナーがいた。他、予想通り松たか子目撃情報がコーナーになる。

《0326》

 仕事はフジ系列ばかり。ドラマ出演もきまったが、それはホモの役だった。
M1の時に千鳥に上着をあげたが、そこにはケンコバさんが貰ったファンレターが入っており、詳細な殺害予告だった…。

 

《0402》

 やはり、オリラジ中田さんは番組が終わるから、TBSラジオに出して欲しかったらしい。
他、右肩下がり軍団の話は打ち止め。ムーディーさんの財布がなくなったが、5千円しか入ってなかったなど物悲しい。

 

《0409》

 スペシャルウイークでは、10代女子リスナーを諦め、50代女性リスナー層を意識した芸能ネタを。
「離婚したあの人を呼ぶ」と言ってたが、またバッファロー吾郎がゲストか?

 

《0416》

 ケンコバランドスペシャルのはずが、聴く方と読む方のダメージを考え、少なめに。
そんな中、読み終えたばかりなのでDEATH NOTEネタには笑ってしまった。

 スペシャルウイークだが、通常放送と変わらなかった。ガールズエディションの失敗があるからか?

 

《0423》

 あまりのハードスケジュールに体が疲れたのか、思春期ですら出来なかったニキビが出来てしまった。それも、有り得ない場所に…。
今回のゲストは、バッファロー吾郎の木村さん。やはり、陣内さんを連想させるようなボケメールが沢山とどく。

 

《0430》

 「ベビーブーム世代で12クラスあった」という話に反応。私の世代は11クラスでした。
私の地元でケンコバさんと同世代の場合、1314クラスあったらしい。まさにマンモス校だった。

 

《0507》

 世間ではあまりの不景気に、10何連休にする会社があるというが、仕事が忙しいケンコバさんにとって、逆に休みがあることが羨ましい様子。
しかし、それを言ったら、場の雰囲気が悪くなったらしい。

 また、出演しているドラマの撮影すらロクに参加できないほど忙しい様子。

このページのトップヘ