Mind Circus

雑記

カテゴリ: リバーヒルソフト

http://www.fonfun.co.jp/ds/kohaku/

影谷芳朗  :幸之助の三男・正三郎の息子。龍之介の協力者
早乙女智恵子:影谷家の子供たちの家庭教師。東京の女子大を出た才女

影谷幸之助 :先代の当主
影谷サダ  :恍太郎の母だが、血の繋がりはない
影谷千代  :恍太郎の妻。三男・敦男を産んだ後に亡くなる

影谷恍太郎 :影谷家の当主で事件の被害者。実は養子
影谷ルイ  :恍太郎の後妻。実は恍太郎を殺害した犯人

影谷綾   :千代の連れ子。恍太郎の実の子ではないことを気に病んでいた
九条英子  :恍太郎の次女。事件を目撃したため、辰野に殺された
影谷敦男  :恍太郎の三男。ハワイで仕事をしていたが、金を工面しにきた
松方倫   :恍太郎のお気に入りの三女で後妻ルイの子。みんなから性格が良いと言われている人物

影谷利彦  :恍太郎の長男だが、実は幸之助と千代の息子
影谷美津  :利彦の妻。書生の廣高と不倫をしていた

辰野銀蔵  :影谷家の執事で龍之介に捜査を依頼した人物。実はルイの協力者で犯罪を隠すため、自らも英子を殺してしまう
結城一馬  :利彦の後妻ルイの兄。家族の秘密を握り、複数の人間をゆすっていた

熊田喜助  :影谷家の庭師。一馬に娘を弄ばれたことを怨んでいた
平野うめ  :影谷家の女中だが、利彦と関係を持っていた
倉橋竹夫  :影谷家の運転手。綾の心を弄び、財産を狙っていた

 

 アプリのタダゲー版に比べると、さすがにプレイしやすくなっており、難易度設定と文字表示の速さが選択でき、容疑者リストなどが表示されるからやりやすい。数時間でクリアした。
アプリのときはかなり時間がかかったが、今回は手順が分かるために苦労しなかった。1500円で買ったからまだ許せるが、ボリューム不足だった。

 殺された館の主人は養子で、血の繋がらない長女は運転手に騙され、若旦那は女中を弄び、その妻は書生との不倫に走るなど、昭和のドラマに有りがちな爛れた人間関係。その兄弟らが次々に殺される展開。
依頼者の執事が真犯人である後妻の協力者で、最初の犯罪を隠すために次々に手を汚してしまう。事件の証言者にするために呼んだ探偵が真相にたどり着くというミステリーの王道パターン。

 大正時代の名家の話なので、先妻の子と後妻の子、女中、使用人、運転手、庭師など登場人物が多いため、一度やった作品とはいえ混乱した。
ハロルドシリーズ同様、わざと登場人物を増やし、余計なコマンドを増やすのは昔のゲームらしいなと。

 

後日談:「虚妄の報い」

 実は、先代の幸之助と千代の子供が利彦。そのため、恍太郎は千代を愛すことが出来ず、愛のない冷え切った結婚生活を送る。
そんな中、千代は幸之助の息子・正三郎に幸之助の面影を求める。

 つまり、利彦は正三郎の弟なのか。ややこしい人間関係を理解するのに時間がかかった。父の手がついた女と結婚したなんて…。考えただけでもゾッとする。
何だか、大昔の皇族の近親配合(ダビスタ風に逃げとく)が頭に浮かんだ。意味は違うけど。

1b92309d.JPG

0542e8ad.JPG


 ヤマダ電機の投げ売りで1500円でゲット。前にタダゲー版のをやったことがあったが、アドベンチャー好きとしてはDS版のもやってみたかった。
前々から値崩れするのを待っていたが、1500円ならいいかなと。

 

・感想

 犯人は知ってるし、オールコマンドだから詰まる要素はないが、移動が怠いわ。これは失敗だよ、明らかに。


 

・タダゲー版(2007年の感想)

 1話丸ごと配信されていたのでやってみた。
犯人を見つけるまでしつこく聞き込みをし、時間もかけてようやくクリアした。
昔ながらのオールコマンド方式のためにかなり苦戦。次々に関係者が殺されて行く中、嫌になりながらも影谷家の関係者にひたすら同じコマンドを押しまくった。
物語そのものは大正時代の社会をうまく描いており、雰囲気を楽しむゲームだなと思った。

 

《他の探偵物》

 クロス探偵のように最低限のコマンドで解けるゲームの方がやりやすい。
神宮寺もこのタイプだが、あれはテキストに味があるから好きだった。デコ倒産後の神宮寺は・・・だが。

 同じくEVEシリーズにもハマったが、結局、1作目だけがいい。バーストエラー以降の作品はつまらないから、もはや買わなくなった。

 

※2007年のログと統一しました

 これまた、サラの死から始まるパラレルワールドの上、『Manhattan Requiem』と同じ顔を使うから頭が混乱した。
サラの姉の旦那が元刑事に金を握らせ、捜査を混乱させようとしたため、最初はサラのアパートにすら入れず。
捜査が進むと姉の過去が暴かれたり、ビル・ロビンズと組んだ詐欺事件のことが明らかに。

 サラを殺したのは元カレ。地位を手に入れるため、他の女性と愛のない結婚をしたが、心の中ではサラを忘れていない身勝手さ。
いつの時代も「またやり直そう」と言うのは男、それを許さないのが女か。身勝手な愛を拒否されたことで逆上。サラを鈍器で殺した。

 『Manhattan Requiem』でチョイ役だったキャラが、こちらでは重要な役になっていた。逆にどちらの作品でも怪しい役のキャラもいた。
これはドラマなどでいうお約束のキャスティングみたいなものか。

 

《感想》

 ビル・ロビンズの名前が出たからか、何だか、また「殺人倶楽部」をやりたくなってしまった。他、携帯アプリでしかやれない作品をまとめ、PSP辺りで出してくれると嬉しいが。
または、神宮寺みたいにDSiウェアでバラ売りしてくれないかな。小さな携帯画面ではやる気がしないので…。

 まずは「マンハッタン・レクイエム」をクリア。良くある自分の親友が犯罪に加担しているパターンだったが、3人のサラが殺された話が同時に進行するので頭が混乱した。
1人はライバルに酷いことを言われ自殺、1人は自殺に見せ掛けられて殺され、ピアノ弾きのサラはバーのママに突き落とされたという悲しい物語。

 「殺人倶楽部」、別シリーズの「琥珀色の遺言」もそうだったが、ひたすらコマンドを繰り返す作業に疲れた。
だが、何回も同じことを聞くと、相手がやっと重要なことを思い出す辺りはリアルでいいと思った。まさに聞き込み感じがするし。

 顔見知りのピアノ弾きのために、わざわざマンハッタンまで足を運ぶ人情刑事。雰囲気は良く出ている。

fd77475e.JPG

3ba24880.JPG


 本当は神宮寺とハロルドを買う予定だったが、神宮寺はいつの間にか売り切れていた。

 

 ハロルドは章仕立てになっており、前作より優しくなっている。「話しを全て聞いたようだ」なんて表示されるし。ただし、オールコマンドっぷりは健在。
○○のアリバイを崩すためには、色んな人に話を聞いて裏付けを取る必要があるし。

 年の離れた相棒、煙草、ジャズ…、ハロルドの方が先なんだろうけど、神宮寺の雰囲気とかぶるな。

1e3b2961.JPG


 ボリュームがないので、もうハロルドをクリアしてしまった。タダゲー(アプリ)版は操作性が良くないので、かなり時間がかったが、今回は2回目でやり方も分かってるからか、約4〜5時間ほどでクリア。途中、詰まってイライラする場面もあったが、そんな時はまた聞き込み。
DSの神宮寺みたいにアプリの詰め合わせにしてくれた方が良かった。藤堂シリーズ、ハロルドシリーズの詰め合わせをやってみたい。

 

・釈放しないのがコツ?

 売る前にやり直してみたら、容疑者を釈放すると100%にならなかった。情報や証拠を100%にして、後日談を見るには釈放しないことが鍵なのかなと。
しかし、この後日談。100%にしてまで見るようなエピソードではない。あくまで「おまけ&続編の予告」と考えた方が良さそう。だが、売り上げを見る限り、次回作は厳しそうだが。
結局、アプリを買うのがベターなのかな…。オールコマンド方式とはいえ、家宅捜索、逮捕状の請求など他の刑事物にはない要素を楽しめた。探偵物だとこうはいかないし、他の作品だといきなり「取調室」に場面が変わったりするから。昔の名作と名高いハロルドの世界を楽しめた。

このページのトップヘ