Mind Circus

雑記

カテゴリ: Network

http://www.azaq.net/

 昔、AZAQ-NETでホームページ用のカウンセリングや掲示板、モンキーバナナ(マジカルバナナ)を借りて、設置していた。久しぶりに色々と検索してみたら、2016年3月31日でサービスが終了していた。
ジオシティーズ系のホームページはまだまだ見られるが、旧インフォシーク系のはサービス終了していたり、時の経つのは早いね。

 2000年2月6日に始めたネットの日記は丸17年が経ち、18年目に突入。既にblogでやる時代でもないが、まだ続ける気はあり、わざと炎上させてるような芸能人blogは別としても、一般のblogという媒体が過疎った感じが逆にやりやすくていいのかも。
単純にいろんな人に見てもらいたいだけなら、TwitterにInstagramの方がいいだろうし。

 この数日で約1か月分のblogを更新しました。ガラケーの頃は、ポチポチと地道に文章をを打ち、何でも書きためていたが、さすがに10年以上も続けてると、面倒になり、更新頻度が減った。
そもそも、短文はTwitterがあり、写真ならInstagram、生活伝言ならFacebookと世の中の変化もあるね。

 中年、中年以上の世代はFacebook。我が家の親戚も65と67歳過ぎる歳だが、Facebook使いこなしてる。若者はInstagramに流れたのか、Twitterも一時期の勢いがなくなった気がする。
かつては問題の宝庫だったmixiやモバゲーはもはや勢いないね。私はモバゲーのゲームで未だに続けてるのあるけど、ユーザー離れが激しい。

 差別的な書き込みと言えば、昔から2ちゃんねるだったけど、2ちゃんならセーフで、Twitterだとアウトってのも何だかね。ネチケットも知らないような若者がスマホを買い与えられ、何も考えずに本名で暴言吐いて人生終わるなんて世も末だなと思いつつも、
10年以上前のネットだとそこまで問題にならなかったのは、ネット人口が少なかったのもあるのかな。

※Twitterでのつぶやき+α

 Facebookやネット検索で知り合いの名前をいれてみたところ、小学校の時、6年間同級生だった♂は、
アラフォーにして、ニート生活を経験した後、コンビニフリーターになってた。会社倒産でワーキングプアっての本当に多いからね。
その後、アルバイト店員から、新店の雇われ店長に昇格していたようで良かったけど、あんまり書くのもあれだよね。色々とばれちゃうから。

 こいつ、子供の頃は人気者で明るく、友達も多かったのに、人生分からないもんだな。まあ、彼は4月生まれだから、成長止まるのも早く、中学校で挫折したの大きかったのかね。

 

だから、皆さん

コンビニのレジ打ちでおっさんを見てもバカにしちゃいけないよw

16年前の2月6日は日曜日だった気がする

 

 2月6日は、私がウェブ日記を書き出してから丸16年。16年も経過したことを忘れるところだった。
初代ドリキャスを買ったのは仙台時代。99年秋にサカつくやりたくて買ったのがきっかけで、12月にネットを繋いでみたのが最初だった。良くもまあ、あんなドリキャスのパットで日記作ってたなと。

 最初はレクチャーサイトを見ながら、タグをコピペしてと面倒だったけど、慣れてくれるとフレームを作り、フレーム内に主なタグをコピー出来るように工夫していた。ようは自分用の更新フォームみたいなのがあったと。
今はスマホで更新してるけど、いちいちタグを打つのも面倒なほど。どんなタグでホームページ作るかも忘れてしまった。

 Facebookを見てた。昔の仲間だけど、後味の悪い別れ方した友達のを見つけてしまい、思わず苦笑い。既に20年以上経つため、私が電話すると弟出して、「今、出掛けております」って言わせてたけど、その子ももう30近い歳になったのかと驚く。写真映りにもよるが、アラフォーの兄貴よりも老けてるような。良くある話だけど。
ちなみにこの男の友達に専門学校時代の仲間は一人もいなかったが、さるさる日記時代にも書いた気がするけど、そんなに仲が良かったメンバーでもないからねw

 

・幼馴染み

 幼馴染みで、私の一学年下の子らしき人見つけた。奴の子供は目元が面影あるな。長崎から嫁に来たお母さん(子供らから見るとお祖母ちゃん)に似てるw
でも、職場がそうか、そうかの・・・。ダークサイドに落ちたか。私の世代はそうか、そうかに勧誘されて、次々に入信され、クラス丸ごとそうか、そうかなんて話も聞いたことある。
私は口の悪さと、必殺の屁理屈でねじ伏せ、敵の支部長クラスをこてんぱんやつけたことある。過去の武勇伝。

 

・男子と女子

 今の子達と違って、男子は男子、女子は女子と遊ぶのがふつうだったのもあるし、結婚して姓が代わってるので、女性陣はほぼ誰だか分からないや。残念なことに初恋の子は見つからんね。

 

・大人の玩具

 昔の万引き常習者が怪しげな大人の玩具の会社の代表になっていた。やっぱり、チンピラはチンピラにしかならないのかw
世の中、つらいねー。人の物を奪って生活しているような人間は、結局はろくな人間に育たないと。世の中甘くないねー。

 こいつ、90年代にさっさと東京で就職したはずだったけど、私らの世代は不況もあって、会社潰れて、派遣にアルバイトなんて普通の世界だったしな。

 保存してある自分のサイトの過去ログを読んでいたら、ページを閉鎖し、blog形式に移動したのが、2006年の初夏だった。つまり、さるさる日記やめてから9年も経つのか。時の流れは早い。
日記の歴代タイトルにしても、アーティストの曲のタイトルをもらい、最初はつんく♂の「touch me」から始まり、山根康広の「side by me」、吉田拓郎の「今日までそして明日から」、中谷美紀の「mind circus」、岡村靖幸の「check out love」、他には「redia's lab」、後はドラマの台詞から取ったのと沢山あったな。
その他は気まぐれで何日間かだけとかあった気がする。

 今思えば、その時期、時期の日記のタイトルコレクションとして、サイトの記録つけておけば良かったなと。過激な文章のはとても今の時代には公開できないけど、公開に耐えられる範囲のは追加しといた。
自分のことながら、基本的に書いてることに何の変化もないのが笑える。ただ、昔の無駄が多く、簡潔にまとめるのならば今の文章の方が格段に上。その辺は成長してるw
過激路線だった頃に比べると、むしろあっさり風と言うか、いちいちあれもこれもと書かなくなったので、今では手抜き日記になったなと。

 

・ホームページの企画として

 色んなページを借りては、借りてみた感想を書いていた頃あるが、自分でも完全に忘れていたような日記まで借りていた。ライコスの日記何て、覚えてねーや。
後、さるさる日記を何個も借りてたけど、本当は規約違反だね。ごめんなさい。ドリキャスネッターだったのもあるけど、いちいちHTMLを打つのが面倒だったってのもある。
それでも項目ごとに分けて日記やるなんて、今じゃ考えられない。その辺はカテゴリー分けってのがない時代の不便さだった。

 さるさる日記は本当にただ貸すだけの運営だけに、非常にもったいなかった。うまく、blogに展開できる運営者なら、今でもあっただろうけど。それがないのがさるさる。

 日記時代から数えて、この日で丸15年が過ぎ、16年目のシーズンに突入。さすがに長年やってると更新する気が満々な日とそうでない日のギャップが激しくなり、前みたいに濃い文章を作るわけではなくなったものの、blogはまだ続く…はず。
Twitterに流れてしまったblog書きも多くなったが、ここはまだまだblogで頑張る…つもり。

 ジオ系のサイトはまだ残ってるところあるけど、同時期にやっていたサイトなどはほぼ消えてしまったのが残念。昔、交流していた人たちは元気かな?

 自己満足が14年以上も続いたからこそ、今のblogへと続いてる訳だが、最近はさすがに更新するの面倒になりつつある。それでも、たまに更新する情熱が復活するときがあるので、辞めるに辞められないまま14年以上が経ってしまった。
もはや、毎年のように書いてるけど、直ぐに辞めちゃう人も多い中、これだけ続いたのはいいことなのかな。ある日、更新が途絶えた時は辞めたくなった時だと思ってください。

 最近、嬉しいのは昔作った記事へのアクセスが増えていること。年々、文章が変化しているので、昔の見られると恥ずかしくもあるが。

このページのトップヘ