Mind Circus

雑記

カテゴリ: ファイアーエムブレム

14章外伝 自由を求めて

 比較的簡単なマップと勝手に解釈し、ハルヴァン、マチュア、ヒックス、シヴァ、バーン、トルード、オルエンなどほとんど出番のないキャラで出撃したものの、敵のペガサスやリワープにやられ、意外と苦戦したため、ハルヴァン、マチュア、ヒックスを外し、主力のアスベル、オーシン、フェルグスらを投入。
脱出地点まで来たところで、遠隔攻撃に苦戦し、中々、先に進めず。そこでオーシンを囮にし、その間にアスベルらで倒す方法に切り替えた。その間にヨツガムンドを奪うために、トルードが敵を捕獲する作業は続く。

 武器が少なくなって来たため、こんなことなら序盤から捕獲して敵から奪うを繰り返すべきだったが、ほとんど戦いに余裕がなかったからなと反省。
最後の方は回復だけと考えていたリノアンまでもを戦いに使い、ディーンやオーシンがやられる度に保存したところからやり直しを繰り返し、ようやくクリア。頼みのカリンが疲労で使えなかったのが響いた。その分だけブライトン、リフィス、ナンナ、マリータは休むことが出来たが。

 

 とはいえ、他のシナリオ進めるのに、毎日20〜30分のプレイ時間で、1週間かかっていることを考えれば簡単な方と言えるが。勿論、これはバーチャルコンソールだから出来ることで、アドバンスのだと仲間が死んだら最初からやり直していたため、時間かかるの当たり前だよなと。

・14章 総攻撃

 前の章のデータに戻り、ナンナにSドリンクを飲ませ、ホメロスを仲間にしたものの、狭い防衛マップで、貴重な踊り子であるラーラは疲労で出撃出来ず。敵の進軍に合わせ、フェルグス、フィン、ダグダ、アスベル、オーシンなどを盾役にし、騎馬部隊で攻撃しては退避を繰り返す方法で、敵を迎え撃ったものの、あっさりアスベルが死んでしまうので、やり直したこと数回。
アスベルでは盾役になれないことが分かったので、真ん中の全線はダグダに変更。ロングアーチに気を付けつつ、敵をいなす。その間に敵の合間を縫って、カリンで民家を訪問していたが、余裕が出るとロングアーチの範囲を忘れて、リーフ、オーシン、サフィ、ホメロスなど仲間がやられる始末。

 そこはバーチャルコンソールなので、うまくいったらセーブ、ダメならリロードを繰り返し、ようやくクリアしたかと思いきや、民家を訪問するのを忘れていたため、敵を蹴散らしつつ、騎馬部隊で民家を訪問し、ようやく外伝へ。
うまくいかない時は、動かすキャラを代え、待機する場所を違う場所にしたらうまく切り抜けた。

13章 城塞都市

 グレイドを救出するため、ワープさせようにも頼みのサフィが疲労で出撃出来ず、カリンで無理矢理突破しようものなら、ロングアーチの餌食となる始末。そこでフィンなど騎馬系のユニットで助けに向かう作戦に。
手前のアーチはアスベルに、ラーラの踊るでアスベルを2回動かすことで撃破。アスベルの直ぐ近くにカリンを待機させ、次は崖の上にいるアーチを倒す。その間に騎馬系やアスベルらは先を急ぐのだが、リフィスやラーラがアーチと弓兵や右側からの増援に狙われ、死亡。

 そこでラーラをナンナに護衛させつつ、フィンを外し、フレッドを使うことに。運良くフレッドやターラが2回動けると騎馬系を一気に進めることが出来、途中、グレイドの周りにいる兵士を生贄にしつつ、アスベルとナンナ、フレッドで敵を蹴散らす。カリンはアーチ兵を担当。
しかし、この方法だとリーフ、ラーラ、リフィスらが取り残されるため、ラーラがやられたことも。そういう時はバーチャルコンソールなので、セーブしたところから直ぐにやり直し。

 ボスのリストをアスベルで倒すと、退却する部隊がいたため、油断したら、そこから何人かやられ、やり直しを繰り返す。アスベルとナンナで敵の増援に蓋をしつつ、他は順番に退却。ようやく、クリア。途中、試しにリーフだけ退却したら、当たり前だけど他のキャラは次の章にいなかった。
ここは比較的簡単なステージかと思いきや、ナイトプルーフ取るの忘れていたようだ…。仕方ないので、直前のデータでやり直し。何回もやり直した後、マップ左下の敵をようやくカリンで捕獲に成功し、民家訪問したのはいいが、退却の時が大変なんだよな。壁を作りながらも徐々に退却しつつ、最後はラーラとリーフを退却させ、やっと終わり。

12章外伝 ダンディライオン

 パーンをラーラで説得、ティナをサフィで説得、トルードを捕獲するか、トルードをパーンで説得と忙しいシナリオだが、それほど杖振りをしていなかったため、サフィの杖がAになっておらず、ティナにリーフやマリータの武器を盗まれたり、勢い余ってトルードを殺してしまったりと散々。
たまにうまくいったかと思えば、今度は別のシーフに通路にいる仲間の貴重な武器や杖を盗まれ、リフィスの体格では盗めなくなりやり直しの連続。「嫌になっては、次の日」にと気を取り直し、何回もやり直した。

 次なる手はサフィの杖がAになる前に、お気に入りのブライトンをトルードやシーフの足止め役にしたが、武器や傷薬を奪われ、何度もくじけそうになる。そこで、ブライトンやカリオンではなく、ナンナを入れ、杖を振れる人を追加。
シーフに盗まれるアイテムは諦め、杖がAになり次第、まずはワープでマリータを宝箱の近くに行かせ、トルードの退路をふさぎ、ラーラでパーンを説得、パーンでティナの杖を盗み、シーフされるのを阻止。トルードの退路を何人かでふさぎつつ、ようやくパーンでトルードを仲間にし、サフィでティナを説得して終わり。

 あまり攻略を見ずにやっていたが、リフィスの体格をあげろ、杖は壊れてるのを空振りしてAにしとけって意味を実感した。このシリーズは相当意地悪な作品で、かなり難しい。それだけにやりがいはあるけども。

12章 ダキアの盗賊

 リフィスは疲労で出撃出来ず、サフィの杖がAではないため、ワープが使えずに苦戦した。しかも、民家は前のマップで「子供を逃がしていればアイテムを貰える設定」だとは知らず。
ワープ使えるまで、下のルートをナンナで倒し、ラーラは森などに待機させ、敵を蹴散らした後にラーラをカリンでかつぐ計画だったが、セイラムのスリープにやられ、上ルート担当のダグダ、オーシン、中央のサフィを守らせるための前備えにしたブライトンらを眠らされ、マップ上の民家を訪ねることが出来ず、何回もやり直し。

 何回か失敗した時にセイラムをマリータで捕獲に成功したことがあったので、マリータは距離をとりつつ、セイラムと対決。今度は下ルートはアスベルで引き付け、上ルートは仲間を縦にしつつ、カリンを突破させ、民家訪問。
コルホはまずはラーラで盗み、万が一攻撃されないようにラーラをかついで、安全圏へ移動させ、アスベルとリフィスで離れたところから攻撃し、コルホを倒した。

ようやく、クリア!

 

 したのだが、次の外伝はサフィがいないとティナを仲間に出来ないと知り、ガッカリ。杖振りまくって、疲労で出撃不可。仕方ないのでやり直し。リフィスもサフィも使えなかったが、要領を覚えれば意外といけた。下はアスベルとナンナが担当し、民家の訪問役はラーラ。
上ルートはブライトン、ダグダ、オーシンがカリンの進む道を作る縦役。サフィの代わりにはオーシンとの支援関係を使うため、弓使いのタニアを入れた。何回か失敗した後にようやくクリア。

 ワープやレスキューを使わなくてもクリア出来たのは大きいものの、このシリーズは丸腰が出来ないため、武器ないと捕獲されてしまうので、経験値が少ない仲間にトドメをささせるのは難しい。ましてや、この章は20ターン以内でないと、次の外伝に進めないと攻略サイトで学んでいたから。

8章外伝 ダグダの館

 久々のダグダとタニアだが、助けに行く前に何度もタニアがやられ、嫌になった章だが、何故かオーシンを使うとタニアが不思議と死なないなと思っていたら、この2人には支援関係があると知る。そこでオーシンを壁に待機させ、他のメンバーは右側から移動。戦力を分散して戦う計画だったが、勝てないので止めた。
リーフとナンナ、アスベルで敵を蹴散らし、ダグダとタニアが耐えている間にリフィスで盗みをしていたが、扉の奥からの敵に苦戦。何度もやり直し。アスベルを盾にし、オーシンが追い付くのを待ってから、ゴメスをあっさりとアスベルが仕留めた。

 これでもう少しでクリアかと思いきや、宝箱を回収してからと頑張っていたが、毒の攻撃に苦しめられたものの、王座に座らせ、リフィスが戻るのを待ってから制圧。ここは苦戦したなと。

 

9章 ノヴァの紋章

 エリートの剣をもらうため、弱いカリオンはメンバーいりが決まっている上、セラフィナ達の強さだと守りきれそうもないので、まずはカリンでアスベルを山荘の近くに運び、リーフやサフィらは右側に退避させていた。しかしこの方法だと、ドラゴンライダーに狙われることになるので、壁役にはオーシン、リーフを囮にし、敵の範囲外にサフィ、ナンナら弱いユニットが進軍するようにした。
アスベルが耐えてる間にリフィスが民家を訪問、カリンは運搬役。ボスは何とかオーシンのプージで撃破。敵を倒してアイテム集める余裕がないため、下にいる敵との無理な戦いはせずにクリア。

 

10章 ノエル渓谷

 下の民家はアイテムを使って移動力をあげたカリンで訪問し、上の民家は苦戦。早く行かないとシーフに取られてしまうため、ラーラを向かわせ、護衛にナンナをつけた。ラーラがロングアーチの餌食になり、戦死した時はやり直し。何回かやっている内にラーラが訪問し、アーチの範囲内から逃げ切る。
その後、中央の敵に気を取られてるとオーシンがロングアーチと敵の攻撃にあい戦死した。ドボルザークが近づいて来て、何人か即死し、やり直し。ドボルザークをオーシンで倒し、ロングアーチはリーフを囮にして進軍。ようやく左側まで来る。

 ボスのラルゴはまずはリフィスでナイトプルーフを盗み、アスベルで1マス離れたところから倒した。その間に左側のロングアーチ倒すの担当はリーフとフェルグス。ここも苦労した章となる。

5章 母と子

 最初はエーヴェルとナンナを救わないといけないかと勘違いしていたが、エーヴェルは石化される運命と知り、エーヴェルを囮にしてナンナを扉の近くへ退避させ、リーフ達の到着を待ったものの、敵のジェネラルに追い付かれ、ナンナが戦死し、何回かやり直した。調べてみたら、敵のジェネラルの行動力が7あるとダメなようだ。
何回目かでようやくナンナと合流したものの、右側の敵に大苦戦。そもそも、サンダーなどをリフィスとラーラで盗みまくる作戦がいけなかったので、盗めなさそうな時はもさっさとアスベルで撃破。武器を盗んだ場合はカリンなどに攻撃させ、経験値稼ぎに使った。

 やっと左側まで来たのはいいが、アスベルがヨツガムンド使う敵にやられ、やり直し。何回目かで一撃で倒し、先へ進む。宝箱は敵が強すぎて諦めた。ボスのバンドルは誰が倒してか忘れたが、アスベル辺りか。
ライブを盗んだ後に囲んで経験値稼ぎに使った後、脱出。クリア。

 

6章 脱出

 最初はボスを倒すつもりでいたが、勝てそうもないので、ここは素直に右側から逃げることに。しんがりをアスベルとダルシンにし、扉のある辺りで待機させ、その後ろからリーフや弓使える仲間を配置。ナンナとブライトン、フェルグスなど馬に乗れるカリンは民家を訪問する役割。意外と楽勝かと思っていたら、右側からの敵の増援が多すぎて、アスベルがピンチに。
敵の騎馬の攻撃しては退避、退避すると次の騎馬が攻撃してくるの繰り返しにやられ、アスベルが戦死。そこでしんがりはダルシンにし、盾役の後ろからアスベルが攻撃するに変更。

 その間にガルザスが進軍して来たことにより、ヒックス、フェルグス、ブライトンなどがやられ、方針変更。ヒックスを仲間にしたら、さっさと退避。真ん中の鍵は開けずにカリンで運ぶ、運べないダルシンなどは仕方ないから真ん中の鍵を開けて何とか逃げる作戦。
ガルザスは2回動けることがあり、ダルシンがやられた時はやり直し。距離が開いたらさっさと逃げる。カリンは民家を訪問し、4章の外伝で子供を逃がしていた時のお礼を回収。頑張った甲斐があったが、カリンが囲まれた時はやり直ししたり、これまたクリアするまで手間がかかった。
つくづく、バーチャルコンソールで良かったなと。

 

7章 トラキアの盾

 この辺りからいつも見ていたとある攻略サイトのやり方を参考にするようになる。思えば最初からこの初心者向けのサイトを使うべきだったのに、何故か忘れていた。
まずはアイゼナウが出てくる場所をカリンでふさぎ、増援が来ないようにする。これでシヴァを仲間にするための準備がしやすくなった。フィンとサフィを下山させ、その間に武器を持たないダルシンを盾にして、シヴァの攻撃を防ぐ。サフィでシヴァを仲間に。

 余裕が出てきたところで、後からのことを考え、経験値稼ぎに山賊達を倒す作戦に。弓をリフィスやラーラで盗み、カリンなどが攻撃するパターン。この章は比較的簡単で良かった。勝てる見込みのない闘技場はやらず。

 

8章 紫竜山

 この章から疲労の概念が加わり、リフィスやラーラは出撃出来ず。代わりに入ったカリオンは使えそうにもなかった。そこでロナンに経験値稼ぎさせつつ、マーフィーを再度仲間にするため、オーシンを向かわせたが、何故か倒してしまい、やり直し。
ボスのルーメイ捕獲には苦戦。増援相手にはハルヴァンやマーフィーにさせつつ、ルーメイはフィンで捕獲に成功。最初はオーシンにやらせたかったが、うまくいかず。増援が面倒ではあったが、ここは簡単な章で良かった。

 5000円チャージすれば、後からの500円分もらえるキャンペーン中にカードを買って登録。やったことのないスーファミのゲーム中心にダウンロードした。

 

1章 フィアナの戦士

 初心者向けとされる聖魔の光石の時もそんなにうまく攻略出来た方ではなかったが、この作品は難易度が高く、最初の章から苦戦。フィンでボスのワイズマンを倒して、何とか制圧。先が思いやられるスタートに。
後から考えると、「捕獲」して地道に敵の武器を奪っておくべきだったなと。それから、後から攻略を見て知ったのだが、ハルヴァンで民家を訪れていなかったため、「勇者の斧」を逃していた。

 

2章 イスの海岸

 早くも苦戦。下の方のパイレーツはダグダを盾にしつつ、タニアで後ろから攻略し、右上はエーヴェル。ボスはフィンで何とか倒した。外伝にいかないと、後の主力となるリフィスやサフィが仲間にならないので、他のキャラを育ててる暇がなかったのが悔やまれる。

 

2章外伝 海賊島

 探索マップだが、そんなに広くないので楽勝かと思いきや、暗闇からの敵の増援が多く前に出すとリーフが狙われ、ゲームオーバーに。そこでここはフィンを先頭にエーヴェルはしんがり、ダグダとオーシンらは別ルート担当とし、何回かのやり直しの後、リフィスを捕獲して終了。

 

3章 ケルベスの門

 砦はリフィスで「ぬすみ」つつ、フィンなどで子供らを民家へ運ぶ。余裕がないので、メティオは諦め、ボスはエーヴェルで倒し、後は子供を運ぶターンが長かった。

 

4章 地下牢獄

 ここは使えるユニットが弱く、かなり苦戦。ラーラとマチュアが敵の増援に狙われ、何回とやられた。そこで、ブライトンとフェルグスを主力にし、他のメンバーは敵を避けつつ、リフィスとラーラで宝箱を回収。増援を経験値稼ぎにしようとしたが、うまくいかず、何度もやり直した後、ようやく、中央への扉を開けることに成功したのはいいが、ダルシンを仲間にした後が大変。敵を蹴散らすので精一杯。
ここは主力がいなくなり、早くも嫌になった章でもある。その分だけやりがいはあったが。後からのことを考えればカリンを育てておきたかった。

 

4章外伝 風の勇者

 ダルシン、ブライトンを前に出し、囮にしつつ、右側の牢屋をリフィスとラーラで開け、子供たちを逃がながら戦うという面倒なマップ。ダルシンとブライトンを狙ってくれればいいが、リーフを狙われ、ゲームオーバーが何度かあった後、やっとアスベルを仲間に。アスベルの魔法で少しは楽になる。
それもつかの間、油断していたら、後ろに控えていたブライトンとカリンが増援に囲まれ、カリンがやられる始末。しんがりは強くないと耐えられない法則。途中保存からやり直し、全員脱出したのはいいが、このシリーズはリーフを1番後に離脱させないといけないのが面倒だ。まあ、リアルではあれど。

 相変わらず、遺跡で戦う日々。同じことの繰り返して飽きてきたので、今はウイニングイレブン2014の蒼き侍の挑戦やってる。

 

 遺跡の2階でガルシアとアスレイが敵に狙われ、危うく死ぬところだった。さらに3階では頼りにしていたルーテがゴーゴンに石化され、救出に行ったアメリアも石にされ、宝箱取るのにかなり手間取った。
右ルートはアスレイとアメリアにやらせるはずが、アスレイとコーマだけになり、苦戦。アスレイも戦死寸前。間一髪のところで左ルートから駆けつけたエフラム、ターナが敵を殲滅。

 アメリアとルーテが石にされたパターンは前にもあったな。魔力伸びなくなるなら勿体ないけど、ルーテは賢者じゃない方がいいかもね。体格小さくて、救出出来ないし。次やるときは色々と後の事を考えないと…。

 セライナ、グレン、ヘイデンらを使い、ヴェルニの搭でレベル上げ。ついでにレナック、コーマで宝を回収。残りのキャラは支援付けるためにくっ付けておく。
その後、メンバーを代えてラグドゥ遺跡に挑む。3階まではルーテ、ナターシャで順調。4階も簡単かに見えたが、楽勝過ぎてすき間を作ってしまい、盾役がいないところからレナックがゴーゴンに攻撃され、戦死してしまう。これで1時間ちょいが無駄に…。

 そこでパスがあれば最も安く買える斧を沢山買い込み、斧が使えるカイル、ロス、ギリアムらを使い、遺跡に挑む。この時のアイテムを売り、レナックのステータスを上げた。
気を良くして、次は何処まで進めるかに挑戦。1、2階は斧使い、3、4階は魔法使いを出陣させ、楽勝。以前、ロスが死んだ5階の大広間では魔法防御弱いのは出さず、エフラムとエイリーク、ジスト、アメリア、ターナら主力を使い、危なげなくクリア。

 初の6階はゴーゴンに加え、敵の増援が大量に出て来た上、ラーチェルが死にそうになったため、ジスト、ターナを盾にして、コーマ、レナックで主な宝を盗んで退散。
その宝を売った金が合計で2万くらいになったので、HPが少ないキャラのために天使の衣を買い込んだ。

 そろそろ、フランツのステータス上げて、アメリアと夫婦で出撃させたいところ。遺跡で使うことを考えれば、アメリアはジェネラルにすべきだった。力が23では敵を一撃で倒せないのがネック。壁役にはちょうどいいけど。

 

「時間のロス」

 ドラクエなどとは違い、戦死すると生き返らせないため、やり直さないと行けないのはネックであり、こないだ無駄にした2時間と今回の1時間があればドラマが3本見られたのにとも思ったが、ゲームの楽しさはドラマ消化とは別だからね。
むしろ戦死を繰り返したことでコツを覚えたのは良かった。いつかは遺跡をクリアしたいけど…。

このページのトップヘ