Mind Circus

雑記

カテゴリ: NHKとテレ東

 結構なキャストに結構なゲスト。だけども、内容は古臭いってのはこの枠のドラマのテーマなんだろうか?
続編作れそうな終わり方(ループエンド)だったけど、続編ないのかな?

 

『キャスト』

 緒川たまきは、かなり歳とっていてビックリ。仕方のないことだが、出産後と育児の後のドラマなので、アラフォーの麻生久美子もかなりフケたね。この辺は、やはり男のアラフォーとは比べ物にならないなと。
仲村トオルの髪型は髪の毛の質なんだろうけど、不自然に見えなくもない。後、アメドラと日本のドラマを交互に見てると、歯並びの悪い人は気になる。大倉孝二のはガチャガチャすぎだ。

2014年7月〜9月

 81年にその漫画は連載してないとか、81年にそんなもん流行ってねーよとか、80年代の若者設定なのに、長髪の学生が少ないとか、もみ上げはテクノじゃないの?など突っ込みどころの多い作品だが、
柳楽優弥の危ない目付きが主人公のイメージに良くあっていて楽しめた。

 

 何人か歯並びの悪い人がいたのが気になる。インプラントや矯正前のおぎやはぎ矢作、バナナマン日村、エレキコミックのやついさんのようだ。

2014年4月〜7月

 深夜ならではのくだらない依頼満載のドラマ。ナンセンスな依頼内容は、関東版の探偵ナイトスクープって気もするが。お色気の回あり、意味不明な依頼あり。
小泉麻耶の露出の多い迫力ボディに加え、小悪魔的なキャラを演じさせていたが、この人、何かと悪い噂の多い人だった。

 峰なゆか作品で、壇蜜主演。コメディ調で男女のエロを面白おかしく話題にするのはいいが、ドラマパート終わった後にたまにある原作者の峰なゆかと壇蜜のエロネタはエグいね。女の下ネタはどぎついからね〜。
アラサーちゃん、文系君、オラオラ君、ゆるふわちゃん、ヤリリンちゃん、サバサバちゃん、大衆君とそれぞれのキャラが立ってて良かったと思う。

 最後、「月が綺麗ですね」とはっきりと決着つけない辺りが今の作品って感じではあれど。

 ヤンキー物だが、コミカルな回があったかと思えば、終盤はゴルフリンチ、ナイフで刺す、ビルから突き落とすなど、隼人がやり返せば仲間たちや同じ学校の生徒がリンチされるなど、今の作品にしてはエグかったな。
この枠は全体的に80年代のノリの作品が多いような気がする。

 メガネ猿(有村架純)が普段のメガネだと敵で、カツラ被って変装すると恋愛対象ってネタは定番だけど、普通は見た目で分かると思うがw

 

・検索
 
 賀来賢人は、賀来千香子の親族なのか。この作品以外でも私が見ていた作品に沢山出ているようだが、覚えてないや。

 客からサングラスをかけさせられた五郎さん。まるで、ヤクザだった。野球場の回は無理にお腹をへこませ過ぎて、女の子のようだった。
韓国の家庭料理みたいな奴は、劇中だと「お客さんの要望でインスタントラーメンをいれた」ような話していたが、実際の値段は1,000円ってボッタリだろうと。インド風のカレーやカツサンドは食べてみたかったけど、韓国家庭料理は食べたいとは思わなかった。

 

 まさか、五郎さん食いを真似する人はいないだろうけど、前にも書いたが、今のご時世に一人であんなに食べる奴はいないって。まず、メニュー選びで迷いすぎだし、1回の食事でいくら使うんだって感じ。
でも、作品としては、食べ方が汚ならしくても豪快に食べることで、深夜のつまみ食いを誘発するってのがいいんだろうけど。

 TBSのドラマはケーブルテレビ入らないと見られないし、無理に見る気もないが、その一方でテレ東のドラマだとちょい遅れてネットしている物もあるため、最近はテレ東系のドラマ見ることもちらほら。

 

保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜

 保育園の園長がヤクザに脅されて、稼ぐために探偵になるとか訳の分からん展開にひかれ、見るつもりで録画していたが、
いざ見てみると、ぐっさんが探偵ってイメージでもないし、マルホの女ほどはまれなかったので、容量もないし、消してしまった。機会があればレンタルとかで見てみたい。

 

IS〜男でも女でもない性〜

 2011年に見る気でいたが、震災の年は元宮城人っていうのもあり、夏頃から心が壊れてしまい、ドラマどころでなかったため、何年か前の再放送でようやく見終えた。
春(ハル)は男として育ったが、戸籍上は女。性器は男とも女とも言えなかったが、高校生になってから急激に女性化が始まり、おまけに学校からも「男子」としては認められず、仕方なく女性として入学するも、生理が始まり戸惑う。
などなど、重苦しい展開の割には福田の演技力だし、逆に剛力は悪くなかったけど、春と先輩の恋愛とか、もっと掘り下げたら面白くなりそうだったのに残念。オチも軽すぎて拍子抜けした。

 元祖ごり押し、福田沙紀。近年のごり押しで嫌われる剛力彩芽が出てる。福田は基本的に棒だけど、ヤンキー的な演技になるとやけにうまいのは巣だからだろうか。男子に絡まれて、喧嘩するシーンは本物っぽかった。男っぽいゴツい顔だから、男装が似合っている。
後、武田梨奈はテレ東系ドラマにちょこちょこ出てるね。

マルホの女〜保険犯罪調査員〜 1〜9話

 海外ドラマの名探偵モンクや相棒の右京さん型の机の埃を払ったり、イチイチうるさい変人と元ヤンキーでがさつなチンピラキャラで、やたらとお菓子や食べ物をパクつく中年女性二人がコンビを組み、保険絡みの事件を解決していく。
おばちゃん物と思わせといて、意外にも端末やデジタルフォトフレーム使いこなすなど、今風のドラマで、いつの間にか巨大な事件に巻き込まれていたってのは定番だな。石黒英雄が犯人の回は何となくキャストでピンと来た。

 麻生祐未はさすがに老けたが、老けたからこその三枚目元ヤンキーキャラが似合うようになってきたなと。
私は魚肉ソーセージが好きなので、LiLiCoと近藤芳正の出てくるシーンでは食べたくてしょうがなかった。
 


謎の転校生

 主人公とヒロインの恋愛模様がみられる学園物と思っていたら、宇宙人である転校生がいきなりホームラン打ったり、屋上から落ちても全く何もないなど、SFな展開になっていった。角川映画のような意味不明な展開もあり、
最後の方は学生や近所の人をスマホのような機械で洗脳したり、王女様登場とか古臭いが、この枠はわざと古臭いドラマを作っているんだろうなと。

ワカコ酒

 孤独のグルメなどに続く、お店紹介をドラマにしたような作品。東日本、特に秋田県では粉ものを食べる習慣がないため、ワカコが家飲みした時のたこ焼きや広島に里帰りしたときのお好み焼きなどは食べてみたかったけど、
他の回では、普段、ただのOLが1回の注文に何千円もかけるか?って思った。ゴローさんじゃあるまいし。

 

孤独のグルメ3

 テレ東からちょい遅れて放送してる地域もあるが、最近はBSに回してくれなくなった、もしくは回ってきても何年も前のシリーズなのが困るな。
簡単に真似できそうなわさびたっぷり入れて、醤油で解く食べ方はやってみた。わさび入れすぎるとツーンと来るけど、ご飯が進むなと。

 色んなサンドイッチのメニューがある店は興味深かった。一個90円の居酒屋の唐揚げは何個か食ってみたいなと。

 2007年のテレ東作品。私は2013年秋頃のBSジャパンのを録画し、最近やっと見た。

 上戸彩目当てで見てたけど、彼女の演技力だと悲壮感が伝わって来なかったのが残念。まあ、歌ってるシーンは可愛いからまだ許せるけど。
どの道、この内容だとキツいな。前編は何とか耐えたけど、後編は見るの止めたくなったよ。そもそも、これは昔フジでやってた李香蘭のパクりだと思うが、その割りには肝心な部分が描かれていないのが残念。

 後少しだったのに、野際陽子演じる晩年の淑子に変わった辺りで録画が終わってしまった。容量チェックするの忘れていた(-_-;)

 

《キャスト》

 西田健はこのドラマだとカツラ外してるが、作品によってはお帽子を被る変わったカツラ愛好者だ。ある意味では潔いけどw

このページのトップヘ