Mind Circus

雑記

カテゴリ: memory

 みんなで集まる理由を作る人がいて、同級生の名簿管理する人がいれば良く行われている学年もあれば、そうでない学年もあるという。そもそも、女の厄年の時に私が幼稚園の時に一緒に遊んでいたNさんがベースとなるデータを打ち込み、そのデータを今は地主の息子(暇人)が引き継ぎ、同族経営の肩書きだけの専務・常務的な奴が会長をやっている我が学年の同窓会。
前にも書いたかもしれないが、私はまだ1学年が400人以上いた頃の子供です。1つの学校が400人じゃないよ。

 お盆の昼間は店番していたので、私は参加してないけど、同窓会の写真見たら小学生の時に好きだった女の子を見つけた。もう40過ぎてるから無理もないことだけど、歳とったなーと。男だとまだ若い人もたくさんいたのは時代かな。一昔まえだと40過ぎればもうじいさんのイメージだったが、今はまだ無邪気な子供に過ぎなかったと。
それでも、1年前に比べて白髪増えた人もちらほら。私も白髪がかなり増えて来たけど、わざと染めてないのだが、同級生達の写真見ていたら、これではいかんと思い、染めてみた。

 今回は名札あったので、誰だか分かった訳だが、顔が分かれば誰が誰だか検討がついたので、過去の写真見直してみたら、「このアラレちゃん眼鏡は野球部だったあいつか」、「この人の父は薬剤師で、母親はハンバーガー屋やってたな」とか、色々と発見し、懐かしくなった。
時代の所為か、おっさん達でも時計つけてる人がいないのは暑いからかな。普段会ってるような人はシワになったシャツ着て、オシャレ気のない人もいれば、この日とばかりに高そうなスーツ着ている者もいて様々。

 

・昔好きだった女の子

 医者の娘だけあって、服選びのセンスはいい。 去年はふっくらしているのに対して、今年の写真見たら、一気に老けててびっくりした。彼女の母親に似てきたなと。今は関東に住んでいるようだ。
昔から身振り手振りで話す人だったが、写真からでも手振りして話すのが見え、懐かしくなった。

 最近は週末ごとに実家に帰り、蔵から出た荷物の整理をしているのだが、父方のひい祖父さんとひい祖母さんの写真に加え、また祖父と祖母の写真が沢山出てきたため、昭和初期から写真の整理が全くされていないことに呆れた。
乗り掛かった船だし、仕方ないので私がやることにした。段ボールの中に放置されていたものなので、臭いがキツいのでもう少し臭いが取れてからやることに。

 

・イケナイコトカイ

 お宝発見ならぬ、見てはいけないものを見てしまった。私のじいさんを医者にするため、じいさんの大伯父(会社を大きくした翁)が金を出すから、実家と親族の豪商からもお金を出すようにとの手紙が見つかった。
だが、学業不振で大学を辞め(大学のゴタゴタ?)、さらに医大に落ちたため、心身衰弱のため、温泉に1ヶ月療養させたと書いてある。

 おまけに出してはいないが、ひい祖父さんとひい祖母さんの協議離婚届けまであったw

捨てろよ(^^;

 そりゃあ、そうだよな。助役時代、商売で稼いだ金を寄付しまくったり、妾を作ったり、仲間と遊びまくってるんだから、ドギツイ性格のお嬢様(次女)であるひい祖母さんが怒らない訳がないもん(^-^;
ひい祖母さんが実家に帰ってたことがあるって話が裏付けられてきた。多分、出さなかったのはまだ子供達(私のじいさんら)が誰も結婚していなかったからかな。

 昔は両親に離婚歴があるとか、戸籍に傷がつくの嫌うだろうし。

第7部 手帳

回想シーン

 福永はこれまでの出来事を思い返してみると、2年前からやけに高祖父の名前が連呼され出したこと、そして今年の夏場に架空箱庭ゲームの家系図を眺めていたこと、同時進行で霊を語るゲームを始めたり、時期は違えど祖父母の死。
さらに部屋の掃除してたら、昔の手帳が出てきて、そこからblogに小説の感想を書きためていたことを考えてみた。

 これは今思えば、名前や家系図の刷り込み、ゲームの幽霊話で頭をならしてから、「我が家の家系図の話はこれよりももっと凄い也」、「過去帳を西暦に直し、○○は△△と夫婦というのを繋ぐべし」、
「仮の家系図が出来たら、順番に遺品の整理をするべし」なんて誘導があった気がしてならない。

 そこから一時期、変な方向に推理が行くもんだから、先祖が夢でメッセージを送ったのではないかと考えた。

第7部 完

 

第8部 お墓の多さ

 前々から墓参りする時、「何で他所の家に比べて、こんなに墓が多いの?」なんて母らに何回も聞いていたが、それは単に昔は土葬で、江戸時代から続く家だと勝手に納得していた。
しかし実際には近親結婚の成れの果て、かつ明治の戸主制度に振り回され、養子貰えばいいのに、利権を守ろうとした結果、親族とくっつき、それもまた短命って、どんな犬神など金田一少年ならぬ本家・金田一耕介シリーズだよと…。
まあ、無理に家業を継がせようとするから、命を縮めたってのもあるかもしれない。

 中には取って付けたような戒名があると書いたが、寺の坊さんに意味を確かめたところ、「早く、安らかになって下さい」って意味らしい。
そういや、結婚直後に早くもくたばった人いるけど、その人の戒名だろうか…。

 福永は悪い意味で謎がほぼ解けてしまったため、家系図の謎を解いたことに後悔し、気味が悪くなった。ドラマにおける後味の悪い脚本なんてまだ甘いなと。

 

・過去帳の筆跡

 最後にてっきりひい祖父さんの過去帳だと思われていたものは、良く見ると字が複数混在してることに気づいた。恐らく、江戸時代の物で、歴代の福永家の字なのだろう。
この内の誰かが店の屋号ではなく、俗名を書いてくれさえいればもっと簡単に話は終わったのになと。

 

福永探偵の事件簿 終わり

第5章 写真

 次々に発見される手がかり。福永はさすがに頭が疲れてしまい、今度は写真の整理を再開した。その中から儚くも若死にした高祖父と似たような人を発見し、それが義理の高祖父(実の兄弟)だと突き止めた。
片方は勝ち気な面構え、片方は儚げな顔した今でも通用するイケメン兄弟であった。不謹慎ながら、この2人に抱かれた高祖母はどんな気持ちだったのかと切なくなった。
他の写真は文字にするとややこしくなるので簡単に書くと、誰かしら似てる人がいる一方、全く似てない人もチラホラ。たまに可愛い、格好いい人がいる。

第5部 完

 

第6部 完成した家系図

 推理のために妄想を張り巡らした所為か、福永は頭が明治に行ってしまい、逆にお祖母ちゃんと言われても、「誰の?」と聞き返す始末であった。
そんな中、ようやく完成した本当の家系図を家族らに披露する時が来た。

コマンド 見せる 家系図

「へぇ〜」との声が上がる中、「これは誰?」と逆に聞かれる始末。上の世代が知らないのに、福永探偵にはサッパリである。つまりは何処かで伝言ゲームが止まっていたか、
もしくは大叔母らもここまで同族結婚だったとは知らなかったのかもしれない。または気づいていても言いたくなかったのだろうか?

 こんな話は平成になってから初めて聞いたと誰もが思った。見事、福永探偵は父らも知らなかった明治の話を紐解いた訳だが、今の理屈から見ると何とも奇妙な血筋だなと感じたものの、当時の人から見れば普通のことなのだと自分を納得させた。
それでもまだ家系図が繋がらない人が何人かいたものの、これ以上はどうやっても無理ってことはお婿さんかもしれないなと。この辺は今後の課題だろう。

第6部 完

 今回の一連の我が家の歴史を調べるのにあたり、図書館やネットをフル活用したのだが、明治初期の商店街にちゃんとウチの店の名前があったのは嬉しかったけど、ひい祖父さんの名前が違うのは笑った。一文字抜けてるぞとw
しかも明治の商店街じゃなくて、これは昭和の奴じゃん!いい加減だな。

 って、最初はそれに気づかず、「へぇー」って感心していた私がアホでした。でも、まあわからないことが分かったのは成果也。

 

・某図書館

 ウチの地元じゃない方の某図書館に先祖が出した店の許可書みたいな目録がちゃんと残ってたし、短命だった高祖父も何かしらの記録に残ってるのは嬉しい限りである。

 ウチの父方のじいさんが我が家の歴史を研究していたようなフシがあるのに、研究結果を残してくれれば良かったのに、それがないことによって、息子たち(私から見ると父や叔父)まで話が行ってないことがねじれた疑惑を生んだ結果となる。

と思ったが、

何と家系図の重要なピースを持っていたのはじいさんだった。

 妻である婆さん経由で、伝聞がちゃんと私まで伝わっていたのが大きかった。

 

・幽霊劇場

 さてさて
話は変わり、私のところへ訪ねてきた幽霊が誰だか気になっていたけど、夢の中でヒントをくれたひい祖父さんは確定してもいいだろう。
そして、某関東近郊に住んでる高齢の親族の元へ現れたのは高祖父だったのではないかと。恐らく、今回のきっかけを作った幽霊。

 最初は○○、○○って言われても誰もピンと来なくて、後から聞くと、実は分かっていたのはウチの父くらいのもんだった。だけど、家系図がないから良く分からなかったみたいだ。
結婚生活が短いし、マスオさん2号は実の兄弟だし、父親違いの兄弟にお互いの連れ子はいるわで、話したくないのは無理もない。

 そんな中での○○、○○という名前の刷り込み。そこから一連の墓参りラッシュや我が家の歴史研究部が自分の知識を統合した結果、長年の謎が解けることになったのかもしれない。

このページのトップヘ