Mind Circus

雑記

カテゴリ:Adventure Game > 探偵神宮寺三郎

39dc5a7a.jpg

d8db716f.jpg


 

 洋子君の年齢を越え、いつの間にか神宮寺の設定年齢までも越えていたが、神宮寺の渋さは今の30代では出せないだろ。同様に今の20代半ばには洋子君の落ち着き加減はない。
いい加減にキャラクターの年齢を見直すべきだろうが、それをやっちゃうと熊さんが退職しちゃうから困り所か(苦笑)
久しぶりに三好が登場したが、小林警部は忘れられているのかな。

 謎の事件簿はまだ残っているが、13時間くらいで本編とアプリ作品をクリア。中古で1480円で買ったからいいが、ボリューム不足は相変わらず。

 

・伏せられた真実

総プレイ時間 約5時間30分

 新宿の小さなケーブルテレビの社長が誘拐された。何故か、犯人は身代金の受け渡し人に神宮寺を指名して来た上に、集まった金額を決められた時間に放送で発表しろという。
終盤まで犯人の目星がつかなかったが、実行犯と黒幕は別であると推理し、余命いくばくも無く犯人と対決する。

 話をきっちりと追っている人ならいいが、読み飛ばしたりしている人は詰まりやすい作品。ファミコン時代みたいにボリュームのなさを引き延ばしで誤魔化しているかのようであり、神宮寺の推理力があれば、直ぐに共犯者が誰なのかがわからないのはおかしいと思った。
この辺が外注の限界なのかな。データイーストが倒産しワークジャムもアレだし、色んな意味で残念な作品。話自体は悪くないんだけどな〜。

 

・イヌと呼ばれた男 《約1時間30分》

 小説家を名乗る怪しげな男性から依頼が。態度の悪さにいらつきながらも、依頼を引き受ける神宮寺。しかし実はこの男は違法捜査も平気でするようなあくどい警察官。神宮寺は大規模な犯罪に巻き込まれる。
これまた神宮寺がボコられる展開。80年代の作品では、熊さんや豪造親分を脅していたキャラ設定を忘れてるな。

 

・ふた色の少女 《約1時間20分》

 またも依頼者が怪しいシリーズ。スリを追う内に、擦れた女子高生が容疑者に浮かぶ。しかしその子は学校では超がつくほど真面目な眼鏡っ子の優等生だった。神宮寺はそんな2面性があることを不審に思う。
二重人格っぽくなかったのは親と姉妹の自殺が原因。実は美優が誰なのかを突き止める。

 オチは好きだが、聞き込みをした女子高生が「先生にカミナリ落とされる」と言ったり、理由はあれど女子高生の2面性を不思議がったりと話が古い。
「ウチの娘に限って」の時代の頭まんまの人が作ってるのだろうか(苦笑)

 基本的には神宮寺が尾行に失敗したり、財布をすられたりとイマイチな内容だった。

 

・命断つ刻限 《約1時間30分》

 おでん屋の屋台で老人と意気投合し、飲みつぶれた老人を面倒見よく事務所に運ぶ神宮寺。今回はその老人からの依頼。自殺した息子がどんな生活をしていたかを知りたいという。
30半ばになっても職が続かず、フラフラしている息子。そんな息子は子供のために変わろうとしていた。その矢先に代議士の秘書のひき逃げを目撃し、秘書から脅されて首を釣ってしまった。

 これから変わろうとしていた中年男性の悲哀をうまく描いていた。

 

・託された指輪 《約1時間30分》

 容疑者は逃亡中にも関わらず、父親を殺した犯人を探して欲しいという気弱だが、訳あり風の女子大生の依頼。
明らかに怪しい人が犯人の一味ではなく、逆に怪しくない方が犯人の小間使いだったってストーリーだが、アプリ作品の中ではこれがお気に入り。

 

・真偽の狭間 《約1時間20分》

 偽名を使い、次々に男性らを手玉に取る女にやられ、拉致されてしまう神宮寺。作品によってライターが違うから仕方ないのだろうが、こんなちゃちいハニートラップにひっかかるなんて三郎ちゃんじゃないだろとツッコミたくなった(苦笑)
実は依頼者が犯人で、偽名を使っていたっていうオチが良かっただけに中盤の展開が残念。

《09年11月11日》

5b455d12.JPG


 PSP版の神宮寺だが、開発からリリースされるまでが長すぎた。最近の出来を見る限り、発売日に買うのは危険なので値崩れを待っていた。
10月のある日、Amazonのカートを見ていたら、半額になっていた。テンションが上がり、直ぐに注文。特典つきで半額とは良い買い物だった。

 何時間かやってみたが、新宿の街中をうろついたり、バーかすみがあるし、「依頼を受ける、受けない」の分岐がある。
フローチャートからやり直すことも出来るし、今回のは良く出来ている。

 

《12月15日》

 放置していたが、ようやくクリアする気になった。前は攻略サイト開きながらでも解いたもんだが、近年はドラマ見たり、ラジオ、ポッドキャスト中心の生活していた所為か、アドベンチャーゲームをやるのが面倒になっていた。

 今回は、双子の岩本兄弟の遺産相続の品を探すという何気ない依頼から、立体駐車場の土地の権利を巡り、コンサルタントの与那国の陰謀を阻止する話にまで発展。頑なだった後妻・絹江の心を溶かすなど見応えのあるシナリオに感動。
説得に失敗するとゲームオーバーになるシビアさもあり。DS版とは違い、実にやり甲斐のあるストーリー展開だった。それでも、昔に比べると「寄り道しながらテキストを楽しむ」という要素は減ったが。

 面白いのに売り上げがいまいちだったのが悔やまれる。与那国との対決が尻すぼみだったのに、次回作は無理だろうな…。

 夏にDSiを買った時、DSiウェアのポイントが1000付いて来たため、神宮寺をダウンロードしてみた。

 

「明けない夜に」

 途中、ロックの番号が分からずにネット検索してしまったが、落ち着いてやれば簡単だったなと後悔した。
失踪した兄を捜す話と外国人による不正送金を絡めた良い話だった。終盤、依頼者がコントロールを失い、暴走する様をうまく描いたのは女性脚本ならではか。

 

「椿のゆくえ」

 不登校の高校生が依頼者。「ネットの友人を捜して欲しい」という無茶な依頼だった。日記に書かれていた趣味、猫の画像などから本人にたどり着くが、ツバキこと三ツ谷は死んでいた。
三ツ谷を殺したのは娘のストーカーで、背後には政治家の父親がいたというストーリー。

 ネット上の友人が、実は引きこもりの高校生と無職でネカフェ難民だったなんて話だが、洋子が尾行していた人物の浮気相手が事件のキーパーソンなど良くできた話だった。
ただ、気になったのは洋子君に尾行のやり方を教える展開はないだろうと。作った人は神宮寺ワールドを良く理解してないな…(苦笑)

e5509e8f.JPG


 まず最初はアプリの移植作品からプレイ。各1時間ちょいくらいでクリア。
前作「いにしえの記憶」の話はつまらなすぎて、一つも印象に残ってないが、
今回はマシな話になってる。ただし、元がアプリだけに詰まるような要素なし。

 さて、いよいよ本編開始。これまたそんなに詰まるような場所もなく、5時間ほどでクリアしてしまった。
今回のストーリーはかなり気に入った。PS時代の雰囲気に戻りつつある。

 人によっては学校で詰まるかもしれない。その場合も落ち着いてやればクリア可能。
後は、テキストを読む早さに個人差があるので、クリアまで6時間くらいか目安か?

 バーかすみは出て来なかったが、最後の方で寄り道出来るのが○。
子供の頃以来、東京には行っていないが、このゲームや龍が如くなどで覚えた新宿付近を探索し、何だか懐かしい気持ちになる。

 他、久々に洋子視点、熊野視点があったのが良かった。本編には三好も出て来たし。

 

 一方、謎の事件簿はすごく簡単な物もあれば、いちいちメモを取らないと分からない物もあり、
全てクリアするにはまだ時間がかかりそうです。最近は頭が固いので問題を解けないんだよね(苦笑)

 今回のはボリュームと値段を考えれば「買い」だと思う。前作がつまらなかった人でも満足出来る作品に仕上がってる。

 

・いにしえの記憶

32c940ab.JPG


 ニートの若者が主人公で、これまでの事件を振り替えるような展開なのだが、過去の事件を現代風に直してるのはいいとしても、1作目のトリックを変えたらいかんだろう!確かに、あれは酷いとは言えだ(^-^;
DSブームによって、こういう酷い作品が売れてしまったのは何とも不幸なこと。逆転裁判4もそうだけど、つまんない作品が一番売れたなんて結果だからね。

 

※2014年8月17日。カテゴリーの見直しにより、「いにしえの記憶」の簡単な感想を追加

このページのトップヘ