Mind Circus

雑記

カテゴリ:TBS、MBS系 > 天までとどけ

 それぞれ、学年が上がり、うるさかった丸山家らしからぬ静かな展開から始まるも、結局はなんやかんやと騒動が起きる。お風呂もみんなで入っていたのに、身体の成長により、一人で入るようになり、もう片方のお風呂を使おうと言ってたのに、結局は物置のまま。
貼り紙は「このドアー」じゃなくて、ドアだろうし、16話では綿引が「的を得てる」と言ったり、30話のラーメン屋のセットが綺麗すぎたり、36話では岡江久美子の米寿の発音がベージュっぽかったり、十次郎役の子が何度も鼻をほじっていたのに、取り直しをしないなど本当におおらか。
後、絹江が妊娠してたのに出産している様子もなく、栗田が子供産んでたりと設定忘れてるのかなw

 他にも長男役の佐藤晃市(高尾)がきょうだいが「13人もいるから、部屋探しが大変だったんだよな」って言ってたけど、その時点で十実子が生まれてないのでは。この辺は今の作品みたいに取り直さないんだね。まだ、バブル弾けてもおおらかな時代ではあったけど。
次男役の河相我聞が自分のだけうどんのかやくを入れ、彼女のには入れないで、「さあ、食おうぜ」なんて描写はまさに昔のドラマだなと。今だと彼女が先、男は後みたいな世の中だし。
横浜マリノス、フリューゲルスのフラッグ、東ハトのキャラメルコーン、Lee、日清のカップヌードルのバッグなど、商品名出ても関係ないのも90年代らしい。

 たが、アンセルモの件はきょうだいみんなであんだけ反対してたのに、最後は家族に向かい入れるなど怪しいラストとなる。

 

《感想枠》

 スケジュールが合わなかったのか、綿引と岡江が旅行や何やらと登場しない話も多くかった。そもそも、この作品は子供たちの夏休みに合わせて撮っていたらしく、売れっ子になった河相は別撮りが多くなり、この後の作品になると手紙だけの出演とか寂しくなる。
五郎が信平の彼女が信平よりも大人っぽいとをからかう場面あったけど、彼女役は河相よりも年上だし、当たり前か。だけど、当時の女の子たちは大人びていたが。

 本来の生年月日だとちょい上の十次郎役が、兄貴役の士郎よりも成長し、どちらが兄貴なのかわからなくなることもしばしば。

 信平の淡い恋、正平の年上との恋、何故か3人の女の子から好かれる公平など上のきょうだいに恋の話があった一方、待子は旦那の正木先生が死亡し、それを認めたくない待子の心境を描くなど見応えがあったものの、都合があったのか30回しかない。
七穂子と八菜子の性の目覚めなど、もう少し掘り下げても面白かったなと感じた。

 正木が死んだ時の描写は綿引勝彦が「4週間後」、若林志穂が「4時間に」って言ったような気がするが、どちらが正しかったのだろうか。まあ、今と違ってネットがないから、情報が錯綜してる中の緊迫した演技だと解釈したが。

 

《感想》

 長男がマジックを披露、三男が料理作りに没頭するなど、後のシリーズへの基盤が出来ているが、長男役はマジシャンだし、はな子の性格など、ある程度は本人のキャラを作品に取り入れているのかなと。三男が長男のことを「殿」って呼び、作品終わってからもみんなとで集まり、その中でも殿って呼んでるのには笑った。
TBSのドラマなのに西武のフラグがあったり、ファンタグレープ、サロンパスなど商品名を隠さないのは昔のドラマだなって気がする。西武のは私も似たようなのを持ってた。

 長女の待子(まちこ。若林志穂)目線で描かれている第1シリーズは、化学の正木先生(まさき。竹内力)をからかっている内に好きになってしまい、後に結婚するとか昼ドラらしい展開も。
他、六都子よりも七緒子の方が発育いいとか、きょうだい多いと学校でからかわれるとか生々しい。


 

《感想枠》

 昼間のドラマ向けだとは思うが、待子の同級生が当時(91年)の高校生の描写としてはキャッキャッしすぎていて、今の感覚で見ると違和感がある。今の子のようだ。
ちょこちょこ似てるなと思えるきょうだいがいるのは、そういう風にキャスティングしてるんだろうし、髪型やメイクもあるのかなと。
後、岡江久美子はちょっとだけ斜視なのかなと感じた。

 また、父親役の雄平(綿引勝彦)の演技がたまにヤクザチックなのは、まだ悪役の感覚が抜けていなかったのかなと。
後、何回も再放送してたので、前に色々と調べてみたら、実年齢だと、長男役の佐藤晃市(高尾)よりも、長女役の若林志穂の方が年上、次男の信平(河合我聞)よりも、三男の公平(金杉太朗)の方が年上だった。

 仕方のないことだが、デスク(江森)の芝居が棒だw
後、何回か風呂のシーンがあったと思ったが、今は男の子の裸であってもカットされてるのかなと。

 あきの妊娠が発覚したが、今の旦那は休職中。「産みたいが、堕ろせと言われたらどうしょう?」、そんな葛藤の中、母・由美子の妊娠が発覚。ダブルベイビーとなる。
一方の善三は昇任試験を受けたが、落ちてしまう。

 

 ラスト数回は前回同様、長女役の小橋めぐみが引っ掻き回す。この撮影時はスケジュールが合わなかったのだろうか?昔のシリーズでいう、河合我聞のような登場の仕方。
京都に住んでるという設定だが、京都の生活のシーンがないので、最後の数回だけ登場したのは残念だった。

 ひとつ屋根の下2の頃の福山雅治も海外に行ってるという設定だった。福山はあの当時、ラジオの仕事しかしていなかったからね(週刊誌に「鬱病説」を書き立てられていた頃)。

/本家に怪我をした子連れの女性が助けを求めて来た。実は旦那が躁鬱症の疑いがあり、日常的に暴力をふるっていた。
妻を匿ったことに腹を立てた旦那は杉本家に乗り込んで来る。亜紀が突き飛ばされ、由美子も胸倉を掴まれるが、善三が取り押さえる

突然、京都から長女の亜紀が帰って来る。里帰りに来たと思いきや、竜夫と喧嘩をして家出して来たという。夫の竜夫が勝手に仕事を辞めたのが気に食わなかった訳だが、実は料理長と揉め仕事を首になったと判明。
しかし、これはテレビに出て有名になることで料理長が天狗になり、店を開けることが多く、修業にならないからだと竜夫は主張するが、自分に相談なしに仕事を辞めたことに怒った亜紀は離婚すると言い出す。そんな中、妊娠の兆候が・・・

2敍刺瑤僚子部員といい感じになった敏だったが、当の小島まり子は敏の友達にも気があるようなそぶり。二股をかけられていると感じた敏は小島と別れる。
(所謂、保険か?『片方が駄目ならもう片方と』に見えた)

亜紀に言わせると敏の気を引きたかったのだと諭すが、やり方がフェアじゃないと感じた敏は身を引く。結局、小島は敏の友達と付き合うようになる

 
 パート1の再放送が始まってからほとんど録画して見たが、いよいよパート2もラストが近付いて来ました。
前回は亜紀が竜夫との恋愛が原因で家出したりしたが、今度は離婚話。あれだけ恋した相手も結婚すれば旦那。職探しを巡り、夫婦の激しいバトルとなる。

 その他、前回はストーカーを規制する法律がないことから、被害にあった女性が引っ越すという後味の悪いオチだったが、今回は旦那が杉本家に乗り込んだ為に逮捕という脚本。
長女は初恋の相手と結婚したが、敏はそうもいかない。パート1では年上の華道部の部長に好かれている設定だったが、その部長は最終回の方で違う男の子とくっついた。

 が、冷静に見ると小島まり子タイプは私も好きじゃないし、付き合わない脚本で正解だったと思う。が、敏の態度も曖昧だったのも悪いが。とは言え、十代の恋愛には有りがちかも。

,劼腓鵑併から杉本家にベンジャミンが同居するようになる。例の如く、この外国人が様々なトラブルを巻き起こす。日本と異国の文化の違いから生じる考え方の違いなど。
最後は由美子の奨めでカナダの母親に泣きながら電話をする。

⊂ε抗垢諒^きで温泉のペア旅行券が当たる。子供達は両親を二人だけで旅行させようと画策。実は子供達だけの生活を楽しむのが魂胆だったが、みんながみんな友達を呼び、家の中がパニックになる。
気前よくピザを振る舞うが、お金が足りなくなった。お隣りに借りるなどちょっとした騒動になる。

千佳の成績が落ち込み、家の家事を免除して欲しいと言う。千佳だけ家事当番をしない事から兄弟達とぎくしゃくしだす。
家に居づらくなった千佳と文江は竹次郎夫妻の家に住むと言い出すが、今度は下の兄弟達まで竹次郎家に泊まりに行った為、騒ぎに。結局は全員でウチに戻る

 

 このシリーズの頃の安藤聖はちょっと太ったのだろうか。再放送の為、パート1から時間を置かずに見てるから違和感が。
他、子供がいない竹次郎夫妻が養子に欲しがるエピソード、長男・敏に彼女が出来た話など毎日、録画を見ていて飽きない。サイトで確認したら、そろそろ小橋めぐみが出て来るはずだが。

\蕾造携帯と持ちたいと言い出し、善三が大反対をする。千佳いわく、メールは立派なコミュニケーションツールだと主張。親が承諾が必要だった為、一悶着起きる。
その後、由美子が買い物を頼んだ事がきっかけとなり、買い物を頼まれた帰りに千佳が引ったくり犯と出くわす。すかさず携帯を使い、警察に連絡し、無事に逮捕となる。

広が学校で友達をいじめ(仲間外れ)にしているという。担任の先生が家に訪れ、その結果、謝りに行く事に。
実はその友達にもいじめられるだけの原因があり、納得できない状態で謝罪させられた広の心は荒れる。
叔父夫婦がゲームボーイをプレゼントし、機嫌が直るが、今度は広が仲間外れにされてしまう。

I劼新聞配達を楽にする為にバイクの免許が欲しいという。新聞配達の時だけ使うという約束だったが、その約束を破り、同級生の女の子のマンションに行った帰り、事故に遭う

 

 小橋めぐみが写真だけしか登場しなくなるなど淋しい内容。小橋めぐみと安藤聖の喧嘩シーンが好きだった私はがっかり。

…甲法ι劼録景糠枌C罎法怪しい男を見付けるが、まだストーカーを取り締まる法律がなかった為、逮捕出来ない事を聞くと善三に食ってかかる
後日、善三がパトロール中にストーカーを逮捕するが、付き纏われていた女の子が引っ越すと言う後味の悪い結末に。

⊆験ノイローゼ気味の千佳だったが、無事に国立の附属に合格。逆に推薦で確実に合格と思われていた亜希が不合格になってしまう。

3惺擦凌篩Δ發Δ泙行かず、恋人の竜夫までもが京都に行き、日本料理の修業をする事になったと聞いた亜希はパニックになる

せ廚さ佑瓩唇ヾは竜夫と暮らすと京都に家出し、杉本家は大騒動に。が、竜夫はこんな形で一緒になっても意味がないと亜希を追い返す

ズ能回は、両親が結婚式を挙げていなかった事を知り、子供達が手作りの結婚式をプロデュースする

 初めての彼氏が出来て、代わって行く様子をうまく描いていたと思う。彼氏中心の生活になり、家の事を疎かにしだしたのもリアリティがあった。
京都に行く、大学には行かず浪人する、竜夫と結婚すると騒いでおきながら、最終回では何事もなかったかのように終わるのはドラマならではだろうか。

 下手すると【駆け落ちしたまま行方知らず、帰って来たと思ったら妊娠。出産したら、子供をおいて男の元に走る】と言うケースが実際にあった。
いずれにせよ、「お姉ちゃんは男が出来て家の事をしなくなった。男に狂ってるお姉ちゃんなんか見たくなかった」と言う安藤聖の演技が見事。

 第一子である長女を心配する宮川大助、松田美由紀の演技も良かった。下の子供達からは「1番上だからお姉ちゃんには甘い」と言われていた。

天までとどけのwiki

父・善三 :宮川大助
母・由美子:松田美由紀
長女・亜紀:小橋めぐみ
次女・千佳:安藤聖

河合竜夫 :並川倖大
竹田伸江 :大島蓉子
竹田竹次郎:大高洋夫

…耕遒らお祖母ちゃんが杉本家に遊びに来る。
最初はお祖母ちゃんをスポンサーにし、買い物などをしていたが、
何日もいるようになるとお祖母ちゃんの気遣いが仇となり、
子供達の世話を焼くのをうざがり、不満が爆発する。

⊃得未亮司屋でバイトする亜紀は、弟子の竜夫を好きになり、
二人は竜夫の空き時間に喫茶店でデートを重ねるようになる

N吃廚ら貰ったカセットテープを妹に上書きされ、亜紀と千佳が喧嘩

の吃廚醗ゝの仲の良さに気付いた叔母夫妻は、交際を止めさせようするが、
竜夫といる時は、大家族の長女である事から開放されるからと亜紀が押し切る

ニ困譴榛△房魏阿ら現金を盗んだ子持ち女性から金と謝罪の手紙が届く。
これにより、被害届けは取下げ。酒屋への弁償金が返って来る。
これにより、一応は酒屋の主人と善三との和解は済んだ。

高校受験を控えた千佳は、ストレスから家族に当たり散らすようになる
何か言われると直ぐにヒストリーを起こし、喧嘩腰に…
おまけに私立一本しか受けないと言い、親を困らせる

 撮影当時は、長女役の小橋めぐみが忙しかったのか、
いつも同じような登場の仕方をするなと思った。
家族の問題のシーンには出て来ないような印象。

喫茶店のシーン(デート)
寿司屋のシーン(バイト)
家に帰るシーン(玄関)

 衣装を変え、一気に数本撮りしていたんだろうか?
これが作品の中で結婚するようになると全く出番なし。

 やはり、この手の昼ドラマにはそれなりに売れてる人の起用は難しいか?
折角、キャラに愛着が湧いたのに出番なしってのは良くある話だな。

|羈慇犬亮―

友達だと思ってた子にモデルになるだけで一万円入ると騙され、
カメラマンの元に行ったが、実はエロいカメラマンで、ハレンチな写真を撮られそうになり、逃げ出す。

父親

子持ちの若い主婦に仕事を紹介したら、金を持ち逃げされ、被害者の酒屋の主人と揉めて、金を立て替えるハメになる。

7残錙∋佶

叔母夫婦とおばあちゃんに会いに長野に行くと張り切っていたら、そのおばあちゃんが東京に来てしまい、ふて腐れる子が出る。

せ佶

姉妹でアイドルのオーディションを受けたら、妹だけが受かる

 

 元は主婦向けの昼間の連続ドラマだけに脚本がえぐい。良く言えば、また見たくなる展開が用意されている。

が、しかし

「必ずしも物事がうまく行くわけではない」

と、言う脚本は嘘臭さがなくていいと思う。

このページのトップヘ